6 posts categorized "ファッショlン"

September 23, 2017

私の「Ferragamo」と千葉尊親方、昨日の「ドキュメント72時間」を見ながら思い出しました。

昨日9月22日のNHK「ドキュメント72時間」は、
「男が靴を磨くとき」でした。

JR有楽町駅すぐ横の東京交通会館の1階で営む
靴磨き職人さんに集まる男性たちが主人公でした。
番組のフォーカスはどちらかというと、
磨いてもらう男性たちが主人公でした。


ここで私は数年前、赤い革靴を磨いてもらったことがあります。

この職人さんたち、実は有名で、
昔はJR有楽町駅のガード下に店を構えていたらしいのですが、
今は、東京交通会館の1階(といってもビルの室外)で営まれています。

私は靴にはこだわるほうですが、
その中でもお気に入りの一足に、
フェラガモの赤いベタ靴があります。
表だけでなく裏も、そして靴底も全部皮製です。

オードリー・ヘプバーンが「ローマの休日」の
映画ではいていた靴が連想できる形でした。

この靴は銀座通りのSalvatore Ferragamoのお店で買いました。

どちらかというと朱色に近い赤ですが、
赤い靴クリームを使って、自分で磨いてはいましたが、
長年履いているためか、パッとしません。

そういうとき、もう5~6年以上前になりますでしょうか?
もっと前かも知れません。
当時、新聞等でこの靴磨きの職人さんが、
かなり話題になっていました。

私のこの靴もこの職人さんにピッカッピカにしてほしく。。。。
でも、女性が靴を磨いてもらうのは…とか、
赤い靴はいいのかな・・・とか、
少し躊躇していたのですが、ある土曜日、勇気を出していきました。

そうしたら、バッチリ、この職人さんグループの親方の席になったのです。
新聞等でみていたお顔なのですぐわかりました。

私は、
「いいですかぁ?お願いします。。。。お気に入りの靴なんです。。」
と言いながら座りました。

そして、磨き始められたのですが、
その親方、数分後に「この靴、フェラガモだね!!と言いました。

どうしてそれがわかるのだろっとビックリして
「どうしてわかったのですかっ?」と尋ねると、
「ほらここにっ」と指さされたのが、この場所。

★私の赤い「Ferragamo」の靴(小指付近)
Ferragamo


この靴、最近は履いてなくて、お手入れもしていないので、
傷んだ様子がバレバレですが、たしかに
「Ferragamo」という文字が見えます。

私、その職人さんが言われるまで、
「ただの縫い目」だと思っていました。

さすが、有楽町で沢山の人の靴を磨いてこられただけあります。


10数分後、ピッカピカに生き返った靴。
お礼を言って歩き出しましたが立ち止まっては眺め眺め、、、、。

その方は、千葉さんとおっしゃる方です。
そのときお名刺もいただきました。

★千葉スペシャル
http://www.kotsukaikan.co.jp/clinic_service/service/307/


今日土曜日、自宅でネットサーフィンしていたら、
たまたま下記の特集にめぐり合いました。
たしかAllAboutから、たどり着いたページです。

★千葉尊親方が率いる「千葉スペシャル」
https://form.allabout.co.jp/special/119/12/

昨日のテレビでは、
コードバンの靴を磨いているときに、
「粘りがある」とお話されていたのが千葉さんです。

昨日の番組、再放送が来週土曜日の朝あるようです。
★ドキュメント72時間「男が靴を磨くとき」
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-09-30/21/4858/1199189/
このNHKのページの写真が千葉さんです。

★Salvatore Ferragamo
https://www.ferragamo.com/shop/ja/jpn


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2017

JALの機内で買った5,000円のレインコート、この季節にピッタリです。

2016.9.11にこのブログ
「JALの機内販売は、文字通り「機内販売」、買っておいてよかった!!!!」
で紹介した、5.000円のコート。

★5,000円のコート
Photo

この写真では、膝上の丈ですが、
私が着ると膝丈のようです。

今日のような、朝は霧雨が降って、
夜は少し肌寒い季節には、バッチシです。

朝は、フードをかぶり、
夜は、ボタンかけずに、今風の、
「中のワンピース(ホワイトでネイビーの横縞)を見せる形で
 ベルトだけを締める」で装いました。

この薄手のコート、今の季節に重宝しています。

ホントに、買っててよかったぁ・・・です。

★2016.9.11のこのブログの記事
http://noriko.way-nifty.com/noriki_bar/2016/09/jal-8cdd.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2017

「okadaya 新宿本店」で最初の買い物は「ショルダースナップ」でした。

昨日のブログで、昨日日曜日、
「okadaya 新宿本店」に行ってきたことを書きました。

初めてのところは、
全フロアまずは探検、が私の鉄則なのですが、
唯一、買ってきたものがあります。

それは、「ショルダースナップ」です。
「テーピースナッパー」ともいうようです。

★ずり落ち防止部品
Photo

★ソノ裏
Ura

私はなで肩なので、よく、下着のひもが、
肩からずり落ちます。

あらかじめ服に「留め具」
 (名前がわからなかったので、自分でそう称してました)
がある場合は、それに紐をくくっているのでいいのですが、
全ての服にその「留め具」があるわけでもなし・・・。

それで、その留め具さえあれば、自分で服に縫い付けるのに・・・と、
ここ十数年、ずっと思い続けてました・・・。
大げさだけどホントです。

近くのユザワヤ(横浜ベイクォーター)や東急ハンズなどに
出向くたびに探していたのですが、見つかりませんでした。

 ちなみに、ユザワヤは、スタッフ全員が忙しくしていて、
 それを尋ねられそうな雰囲気ではありません。


ところが、昨日の「okadaya 新宿本店」。
不思議とニオッテきたのです。
つまり自力で探し出しました。

服飾館の肩バッドが多種類並んでいるコーナーに、
見つけました見つけました!!!。

手にしたときは「やっと探し出した・・・」と感激ものでした。


部品の名前がわかったので、
ネットで検索すると、出てきました。


★TAPEY SNAPPER<テーピースナッパー>
http://www.excy.co.jp/okura/ladiesdept_product_TAPEY%20SNAPPER.html
★テイピーショルダーL 肩パット着脱/ストラップ結束
http://item.rakuten.co.jp/itotsuhan/10002610/


長年の探し物を、勘で見つけられた「okadaya 新宿本店」。
「okadaya 新宿本店」って、私にとって、
きっといろんな可能性を秘めているところでは?と思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2017

通勤で歩く「本郷通り」は、歩道の表面がガタガタ!!ハイヒールのかかとが1日で取れてしまいました。

東京都文京区の本郷通り、私は毎日通勤で、
本郷3丁目と東大正門前の間を歩いて往復します。


この歩道がクセモノです。
小さな小石を埋めてあるのですが、
殆どのところで、それが小石単位で凸凹。

砂利道の石ほど、その小石は大きくありません。
しかし、いちおう固めてはあるのですが、
デコボコもいいところ。

4センチくらいの高さで、かかとが広いサンダルでさえ、
足をくじくことがたびたびあります。

今のところ「くじいて、足首を捻挫」してはいませんが、
いつかそうなってもおかしくはない「歩道」です。


部分部分、そうですね建物単位で、
歩道の上をコーティング?しているのか、表面が滑らかな場所もあります。

ここ最近のある日、家で靴をメンテしていると、
6センチくらいの高さの、かかとの広さは1センチ四方位の
パンプスに異変あり。

片方は全く新品のままあるのに、片方のかかとの先が綺麗にとれてました。
きっと本郷通りの「でこぼこ歩道」で「ヤラレタ」と思われます。


昨日、それを修理してもらおうと思って、
かかとが取れている片方だけの靴をもっていったら、
左右両方でないと修理できないといわれてしまいました。

本郷はいくら学生街とは言え、ビジネスマンも多い街です。
がしかし、ハイヒールが似合わわない街とも言えます。


しかししかし、都心の客先を訪問するときは、
ベタ靴ではなくヒールが高い靴で
ピシッとファッションを決めたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2017

やはり品質を誇れる日本の洋服・・ほとんど通信販売・ネット販売で服を買う私が最近節に感じること

私が着る服は、ほとんどメーカーが決まっています。

第1はDoCLASSE(ドゥクラッセ)
第2はスクロール
第3はユニクロ
第4はLand'End(ランズエンド)

この第3のユニクロ以外は、全部、通信販売またはネット販売です。
いずれもこの10数年以上ずっと、
買い続けているのでサイズに問題はありません。

このユニクロ以外の3社は、カタログ販売です。
新着で気に入ったデザインがあると、買います。

いつも節約節約と思っているのに、やっぱり買ってしまいます。

どれも値段は私にとって手ごろです。


私が一番好きな洋服のブランドは「FOXEY」です。
http://www.foxey.co.jp/collection/

本日届いたメールマガジンのSUMMER CHIC COLLECTIONの服は、
どれも「ステキ!!!」でした。

しかし、このFOXEYにしても
銀座和光のカタログに載っている商品にしても、
私にとって、とても手が届かない桁一つ違う高級品。

なので、FOXEYと銀座和光の服は、
良い服を見極める勉強として眺めています。

そこで培った「服を見る目」で私は服を買っているわけです。


第3のユニクロ、これは、実際、店舗に行って買っています。
GGも含めて、ここも安価で良質な服を入手できます。

第1~第4までで、私はコーディネートを楽しみながら、
毎日の服を選んでいます。


ここまで書いて私が言いたいこと、
それはやっと、思い知った
「日本製はコストパフォーマンスな良質な製品」である!!
ということです。

もっとそれについて言いたいことは、
「T***Store」や
同じ商品を扱っていて楽天などに出店している別名のお店、
日本語のお店なのですが、実態は中国にある会社。

実名は公表できませんが、ここで販売している服がヒドイ。


まず、ネットで紹介されている写真の服は、
「私好みのデザインで、しかもとても安い」
で魅き寄せられます。


しかし、実際注文して、中国から届いた商品は、
その写真とは似ても似つかぬ服。

まず、素材と縫製がまったくダメ。
「よくこんな商品であんな写真が撮れること!!」
に驚かされます。とにかく「ネットの写真はステキ!!」なのです。
つまり私は騙されているのです。


あるときは、かび臭い商品や
シミがついた商品も届いたことがあります。

海外なので、返品もままならず。。。。


たまたまそのときはPayPalを使って決済していたので、
PayPalの仲介により交渉し、
中国に海外便で返品後、代金を返金してもらえました。


それ以外の商品も、デザインはとってもよいのですが、
素材が悪く、着ているうちに毛玉バリバリになってしまったものもあります。


とにかくネットの写真に騙された私が悪いのですが、
しみじみ思うことは、やっぱり日本の服は品質が良い!!ということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2017

今日の日経新聞12面のテリーザ・メイ英首相の写真、私の理想のファッションです。

今日4月16日の日経新聞朝刊の12面は、
「自由・パワー・威厳・・・
 そしてスーツは個性をまとう」
という見出しで、
社会で働く女性のためのスーツについての
全面カラーの記事でした。

メイ英首相、メルケル独首相、ラガルドIMF専務理事をメインに、
サッチャー元英首相などの写真も掲載されていました。

特に私は、メイ英首相の赤いスーツの写真に
惹かれました。

理由は、とっても姿勢がいいこと、
そして服の好みが私と一緒ということ、
特に赤いハイヒールを履き、姿勢よく歩く姿には
とってもスタイリッシュな印象をもちました。

一言でいえば「カッコイイ!!!」

それで同じ写真が日経新聞サイト以外で入手できないかと、
「Getty Images」で検索したのですが、ノーヒット。


それに近い写真は下記でご覧いただけますでしょうか。。。、


★下の写真は、今日の日経新聞で見た、かっこいい足のハコビ
 のイメージが連想できます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)