6 posts categorized "めぐり合った心に残る言葉"

September 13, 2017

【「学校行きたくない」と言われたら】という記事をみて、私がそれを乗り越えられた言葉を思い出しました。

今日(9月13日)の日経新聞夕刊7面の大きな記事、
【「学校行きたくない」と言われたら】のリードを見て、
私は「ああ・・・今でもそういう事象が起きているのだ・・・」と思いました。

記事の詳細はまだ読んでいないのですが、
【「学校行きたくない」と言われたら】という文字列だけで、
当事者の親御様の心境が手に取るようにわかりました。

もう、20年以上前の出来事になりますが、
私の二人の子供のうち、一人が中学及び高校で不登校でした。
しかしその子は、今は社会人として、
そして自分がやりたい仕事にめぐり合ってしっかり生きています。

この経緯に至っては、簡単にお話できることではありません。
しかし、経緯をお話する前に、
もしその親御様たちに伝えられるならば・・・ということで
書かせて頂きます。


「学校行きたくない」と言われたら、
それはそれは親にとって何事にも仕事のことよりも優先順位一番のことです。

そのことで私は体を壊した位です。
それまで経験したことない、
心配と苦悩で私が悩んでしまった結果だと思います。


しかし、そういう場合、
なすべき一番の優先順位は、
「子供の立場に立って考える」ことです。

しかししかし、それすらも実行に移すことは難しい状況もあります。

しかし、しかし、しかし、私はそこで出会ったある言葉があります。
それは、「学校なんか行かなくていいのですよ」という言葉です。

当時勤めていた会社の社長からもらった言葉です。
てっきり、「事情を話したら、
・・・仕事よりも仕事を休んでお子さんを大切にしてください。・・・
という言葉が返ってくる」と思っていたら、
「まるっきり思いもつかない言葉」でした。


どんなにその言葉で私は勇気づけられたでしょう。

それにより、私は改心できました。
そして子供に状況を聴きだせ、そしてその状況も理解できました。

なお、社長の言葉だけでなく、私は次の二つの事象を乗り越えるバネとしました。
・学校に行く、義務教育、ということは明治時代からのこと、
 その前は学校の制度さえなかった。たった100年の歴史。
・詩人リルケ(たしかリルケだったと思います)は学校に行かなかった。


子供が学校に行かなかった日々は、
毎日毎日、夜中寝床で泣いていました。
「私の育て方が悪かったのだ・・・」と。

しかし一方で、子供から聴きだした主張(学校に行かない理由)も、
もっともだと思っていました。


「学校行きたくない」と言われたら、
どうぞ、お子様から状況を聴きだしてください。
その状況を聴きだすには親御様のお考えが、最大のポイントです。

★日経新聞
「学校行きたくない」言われたら
子どもの「ノー」愛で受け止めて/まず事情聞く。休む権利も認めて
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21062590T10C17A9NZBP00/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2017

「左遷は終わりではなく、起点」朝日新聞夕刊「左遷をたどって」より

昨日より朝日新聞夕刊2面の特集記事は、
「左遷をたどって」という連載が始まりました。

誰にでも、「逆境」は訪れます。
それをどう乗り越えるかが、その人のその後を左右します。

そういう意味で、今回の連載の主題「左遷」は、
「逆境のなかでどう生き抜くか、生き抜いてきたか」の実録です。

きっと私にもプラスとなる生き方が読めることを期待しています。

そういう中で今日の記事は、
吉野家ホールディングス会長の安部修仁氏。

安部氏はたしか、ここ数年の1か月間、
日経新聞の「私の履歴書」でご自分の出来事を書かれていたと思います。、

そこで読んでいたので、今日の、
安部氏の「左遷」の経緯の記事はすんなり飲み込めました。

今日の記事の中で、心に残った言葉は、
「いま頑張るときだと思えるかどうか。
 左遷は終わりではなく、起点になります」
というところです。

まさにその通りだと思います。
左遷だけでなく降格のときも、あらたな出発点です。


この左遷をはじめとする「逆境」のとき。

昔読んだ「逆境に打ち克つ人間学」(童門冬二著)だったと思いますが、
江戸時代のある武士の姿を思い浮かべました。

私も何度か逆境のときがありましたが、そのたびに、
いつも先人の教えを思い出すように心がけています。

下記は今日の安部氏の記事のURLです。

★朝日新聞(左遷をたどって:2)周囲は本人ほど気にしない
http://www.asahi.com/articles/DA3S13059105.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2017

魚谷雅彦氏の記事で見つけた「救われた言葉」もしっかり私の指標としたいと思います。

今日4/5の日本経済新聞夕刊9面の記事
シリーズ「人間発見」の魚谷雅彦氏(資生堂社長)でも
私は心に残る言葉を見つけました。

それは、昨日このブログで書いた村木厚子氏の
「今やるべきことに集中する」という言葉に似通っていると思います。

魚谷氏が「救われた」と思っている、その言葉とは
「志を高く持ちながら、日々のことをしっかりやり遂げることが、
その志に到達する近道である」

この言葉は、
阪急電鉄の創業者小林一三氏の「若い人に贈る言葉」だったらしいのですが、
魚谷氏が若いころライオンで働いていたときに出会ったとのこと。


「日々のことをしっかりやり遂げること」は、
昨日私が書いた記事の村木厚子氏の
「今やるべきことに集中する」と主旨が概ね一致します。


そして、小林一三氏の言葉は、
「志を高く持つこと」の重要性も述べています。

言い換えれば、それは、
「目先のことに捉われず、長期的な視野にたって行動する」
ということだと思います。

長期的な視野とは、
「将来、自分はどういう風に生きたい」だと思います。


若いころの私の志は、父の教えもあって、
「いいお嫁さんになりたい」だったと思います。
その志は、私の能力不足で完全に破たんしてしまいましたが。。。。。


さらに考えてみれば、
私は若いころ、長期的視野、中期的視野、短期的視野という
視点は全く持ち合わせていませんでした。

やっと、この歳(64歳)になって、
その視点を意識して持つようになりました。


この記事を書きながら、
「中長期的視野を常に意識しながら、毎日をしっかり生きていく」
というのを、私の生き方としたいと改めて認識しました。

★日経新聞「人間発見」資生堂社長 魚谷雅彦さん 誰かが見ていてくれる(3)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14892640U7A400C1NZBP00/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2017

村木厚子氏のポリシー「今やるべきことに集中する」、「今」を乗り越えるポイントだと思います。

少し前になりますが、3/27の日本経済新聞朝刊37面の記事
シリーズ「折れないキャリア」の
「今に集中、ポストはついてくる‐前厚生労働事務次官村木厚子さん」
で、私は心に残る言葉を見つけました。

それは、「今やるべきことに集中する」
という言葉です。

村木氏は、2009年の郵便不正事件で、
身に覚えのない容疑で逮捕・起訴されました。

2010年9月に無罪が確定していますが、
拘置所での孤独な堂々巡りから脱出できたのは
「今やるべきは体調を崩さない、
 気持ちが折れないようにする、
 裁判の準備をしっかりする、
 の3つだけだ」
に気づき、気持ちを切り替えたとのこと。

なんと強靭な精神でしょう。


時として、長期的な見通しを必要とするときもありますが、
本当につらい時やメチャクチャなときは、
「今やるべきことに集中する」がその時を乗り越えるポイントだと思います。

なお、「今やるべきこと」を的確に判断できる素質も重要なポイントです。

村木氏の記事は、ネットでも下記のサイトから読めます。

★「今に集中、ポストはついてくる」村木厚子さん
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO14352480S7A320C1TY5000?channel=DF130120166018

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2017

「自分の言葉で表現できる人」を確保する。・・・青山学院大学陸上競技部原晋監督の言葉、骨身にしみります。

今日の日経新聞夕刊の2面
連載「読み解き現代消費」は、
「青学式ゆとり世代育成法」ということで、
青山学院大学陸上部原晋監督の記事でした。

箱根駅伝3連覇達成の青山学院大学陸上競技部の原晋監督が、
「最も重視しているのは、
自分の言葉で表現できる人を確保する、あるいは、
そうした人に育てることだと強調した」、という一節、

ここに私は最近、常々思っていることと符合しました。

それは「自分の言葉で表現できる」こと、そのものを、
日々の仕事の中で、とても重要なことと再認識しているからです。

私は、どちらかというと、
自分の思っていることを、適切なタイミングで、
言葉で説明することを苦手としています。

それができないために、絶句して、涙ポロポロ・・・が
数年前までの私でした。

しかし、さすがに60過ぎて、涙ポロポロ・・・は
耐えられるように成長しました。(やっと、ですが。。。)

でも相変わらず、自分の思っていることを適切な論理構成、
適切な言葉、適切なタイミングで話せているとは言えません。


これができない原因は、わたしの幼児体験というか、
育ちが原因の一つだと思っています。

5人兄弟の長女として育った私、
親から叱られたとき、言い訳は言語同断。
「なぜそうしたのか、そして、それはなぜそうしたか・・・」を
説明する術を知りませんでした。
ただひたすら泣くばかり。

その影響でしょうか、小学校、中学校、高校において、
自分の意見を(「論理的に」…今思えばデスガ)表現できず、
「討論」はとても苦手でした。


ただし、尊敬する両親から叱られたこと、
そのものはありがたかったと心底思います。
それに私の今があるのは、それで育ってきたからだと思っています。


しかし、この歳になって、ビジネスにおいて、
自分の意見を適切なタイミングで
「自分の言葉で表現できる」要素が足りないことは、
私の今の欠点の一つです。
ただただ状況に流され、
「それを考える」ことすらできてない状況に陥っている、、、、。

少しずつ、それを改善・克服することを毎日の課題としています。

今日の日経新聞のその記事では
「考える力が組織を活性化できる」ことを、
私も納得できる形で青学3連覇の実例で示しています。

最近の新聞で、
「周りに振り回される人のナントカカントカ」という本の宣伝を
みたことがあります。

わたしなりの解釈は、そういう人は、
「自分の言葉で適切なタイミングで自分の意見を言えない
から、そうなっている・・・」
です。

私は、これから死ぬまで、
ある程度の生活をしながら生きるために、
仕事をし続けたいと思っています。

それにはほんとに、適切なタイミングで、自分の意見を
「自分の言葉で表現できる」ことが重要だと思っています。


★日経新聞
読み解き現代消費青学式ゆとり世代育成法 考える力、組織活性化
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12929550V10C17A2EAC000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2016

「ポジティブに考えていればいいことが転がり込む」ーNHK・FMミュージックライン

今日、新たに「めぐり合った心に残る言葉」というカテゴリーを
このブログに設けました。

というのは、今日も、私を励ましてくれる言葉に出会ったからです。

私は時々、ラジオやテレビ、本などで
「いい言葉だなぁ・・・」と思う言葉に出くわします。

「言葉」は=(イコール)「言霊(ことだま)」です。

それは、良い場合もあり、最悪の場合もあります。
人の生き方に大いに影響してくるものです。


このブログで、私自身のためにも、
良い言葉に出会ったたびにそれらを書き留めておきたいと思います。


今日出会ったのは、NHK・FMラジオでした。
「ミュージックライン」という番組の、
今日のゲストの「NICO Touches the Walls」のメンバーが話していた言葉です。

それは・・・

---ポジティブに考えれば、いいことが転がり込んでくる---


物事には全て、ウラ・オモテの2面があります。
さらに人々の考えは、それ以上に幾重もあります。
いろいろリサーチすると「そういう考え方もあるのか!!!」と
驚かされることばかりです。

私は、物事に対しては、直感的に分析しているのか、
「これはこういう面で私にメリットがある」という考えで行動しています。

つまり、私は、2面性あるすべての現象において、
ポジティブに行動することを心がけています。

今日の言葉は、それプラス、そうしていると、
「きっと良いことが転がり込む」ことの可能性に気づかせてくれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)