5 posts categorized "お勧めの逸品"

March 18, 2017

たまごの黄身と白身が簡単に混ぜられる「たまごのなめらかスティック」


卵焼き、オムレツ、茶碗蒸しなどなどの卵料理、
いかに黄身と白身をきれいに混ぜ合わせるかがポイント。

最近見つけたのは、サンクラフト社の「たまごのなめらかスティック」
黄身と白身を簡単に混ぜ合わせてくれます。

横浜のLOFTで見つけました。

★パッケージ
Photo

★本体
Honntai


★「たまごのなめらかスティック」を使って混ぜた卵
Tamago


★ポイントは、先のエッジ?
Ejjinitokutyou


Saki


卵料理だけでなくほかにも使えそうです。
Youto

★使い方
Tukaikata


感覚としては、菜箸で混ぜるときの10分の1位の力で、
黄身と白身が混ざっている感覚です。

LOFTでは、388円(税込み)でしたが、
Yahoo!や楽天市場では200円台で購入できそうです。


★製造元 サンクラフト社のページ
たまごのなめらかスティック
http://www.suncraft.co.jp/eggsmoother.php

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2017

ウィリアム・モリスのクッションが届きました。グッドです!!!

今日、生協で注文していた
ウィリアム・モリスのクッションが届きました。

★くらしと生協 ウィリアム・モリス背当てクッション
Photo


ブルーのクッションは、写真通りの製品でした。

今、座っている椅子で使っていますが、
クッション度合いもなかなかです。

まず、背筋がまっすぐになります。
なかなか心地よいです。


ウィリアム・モリスという人は、
生協のパンフによると、
「ヴィクトリア朝時代の英国工芸美術家であり思想家」とのこと。

このクッション3,500円はリーズナブルな価格で、
ちょっとリッチな気分になれるし、
いろいろ揃えたいなと思うデザインです。

★ウィリアム・モリス ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

★ウィリアム・モリス 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&biw=1318&bih=818&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjSy9OU4JnSAhXFEbwKHWMOCjUQ_AUIBigB&dpr=1
どの画像も、全部好き!!!です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2017

「東京のお土産」はTORAYA TOKYOの羊羹!!がよい。東京駅限定の商品です。

昨年12月のある土曜日、
TBS「王様のブランチ」をたまたま見ていると、
東京のお土産特集をやってました。
その第一位がTORAYA TOKYOの「ギフトボックス」とのこと。

なんでも、東京駅にあるお店でしか手に入らない限定商品らしい!!。

一体、TORAYA TOKYOってどこにあるのだ!!から始まって、
私は、暮れも押し迫った12月30日、早速東京駅まででかけ、
テレビで紹介されたものと同じ「ギフトボックス」をゲットしてきました。


★TORAYA TOKYO
http://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/toraya

★TORAYA TOKYO「ギフトボックス」
Sotobako

Hako

Set


上のギフトボックスは税込み3,120円です。

特に、右上の小形羊羹は、東京駅を描いたパッケージになっています。
下記のようにこれだけの商品もあります。

★小形羊羹(丸の内駅舎をモチーフにしたTORAYA TOKYO限定パッケージ)。
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/yokan/petite/yorunoume_tt/


「ギフトボックス」に入っているほかのお菓子は次のようになります。
★御代の春 紅
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/monaka/miyonoharu_beni/

★あずきとカカオのフォンダン スモール
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/products/yakigashi/azuki-cacao-fondant_small/

★あんペースト[こしあん]レギュラー
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/products/anpaste/koshian_regular


あんペーストは、あんの瓶詰めです
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/small_stories/detail/?id=24&category=5%2C6

このあんペーストはヨーグルトと一緒に食べてみたいと思います。


虎屋は、私の勤める会社が赤坂見附にあったころ、
よく赤坂御所前の本店で買い物していました。

いまでは、全国に虎屋のお店がありますが、
このTORAYA TOKYOの小形羊羹は、
ここしかないものなので、これからは
東京のお土産として大いに利用したいと思っています。

★お店の様子
Photo

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2016

筆ペン、トンボ鉛筆「筆之助」 の「お助けプレート」は役に立つ

祝儀袋などに名前を書く際、
サインペンより「筆書き」にしたいとき、
私は、手軽という意味で、ほとんど「筆ペン」を使います。

しかし、これがクセモノ。
どうしても毛筆のタッチと同じ、ではないのです。
特にハライの部分でしょうか?

なので、筆ペンで文字を書くのは、
あまり得意ではありません。

数か月前、仕事関係で筆書きにする必要があったので、
毛筆タッチに近い筆ペンはないものかと、
いろいろ買って試しました。

ぺんてる、三菱、あかしや、呉竹、ゼブラ、とんぼ鉛筆・・・
残念ながら、どれも、やっぱり「筆ペン」でした。

しかし、その中で、ひとつ、スグレモノを見つけました。

それは、トンボ鉛筆「筆之助」 です。
付属品として
字をまっすぐかける「お助けプレート」というのが入っているのでした。

ついつい、名前がナナメになったりしたことも過去にありました。

これを使うと、バランスよく字の大きさもそろいました。

★トンボ鉛筆「筆之助」
Photo_2

★「お助けプレート」
2

★包み紙の説明
Photo


★トンボ鉛筆「筆之助」 慶弔ツインS
http://www.tombow.com/products/fudenosuke_twin_s/
定価 250円(税別)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2016

妹の還暦祝いに前原光栄商店の傘を手配しました。


来月、上の妹は還暦を迎えます。
お祝いとして、前原光栄商店の傘を名入りで送ることにしました。

★手配した傘
ラルフレッド(16本骨傘)
Photo_2


http://www.maehara-e-shop.jp/shop/item_detail?category_id=480207&item_id=2089327


私は、前原光栄商店の傘は2本持っていて、
10年以上愛用しています。

神奈川生協の通信販売カタログが最初の出会いです。

カタログの写真と説明しか見ていないのですが、
色・形がとても気に入って注文しました。
その後、時をおいて色違いを注文し、
それ以来ずっと愛用しています。

なにしろ、お気に入りです。

数か月前、このブログで紹介した
「横須賀線で傘を忘れ、千葉駅まで取りに行きました」と
書きましたが、その赤い傘が購入した1本目の傘です。

妹にプレゼントするために、私は、
新御徒町にある前原光栄商店のショールームに初めて出向きました。

プレゼントするからには、
色合い・素材だけでなく、傘の開き具合なども
実際確かめて、選びたかったのです。

横浜高島屋や横浜そごうにも、
前原光栄商店の傘は売っているのですが、
やはり「本店」から妹に送りたい!!!

ショールームは、ホームページにあるように、
傘のイメージ通りで、ホームページの写真通りのお店でした。
★ショールーム
Photo

http://maehara.co.jp/showroom01.html


手元(持つところ)も料金内で選択できるのですが、
実物をみながら選べたのも、本店?ならでは!!
でないでしょうか?

手元は、掴むところが女性用に少し細くなっていると
いうのを選びました。


名入れ後、ギフトパッケージに入れて、
福岡の妹のところまで宅配便で直送してもらうのですが、
きっと喜んでくれると思います。

★前原光栄商店のホームページ
http://maehara.co.jp/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)