9 posts categorized "お勧めの逸品"

September 23, 2017

私の「Ferragamo」と千葉尊親方、昨日の「ドキュメント72時間」を見ながら思い出しました。

昨日9月22日のNHK「ドキュメント72時間」は、
「男が靴を磨くとき」でした。

JR有楽町駅すぐ横の東京交通会館の1階で営む
靴磨き職人さんに集まる男性たちが主人公でした。
番組のフォーカスはどちらかというと、
磨いてもらう男性たちが主人公でした。


ここで私は数年前、赤い革靴を磨いてもらったことがあります。

この職人さんたち、実は有名で、
昔はJR有楽町駅のガード下に店を構えていたらしいのですが、
今は、東京交通会館の1階(といってもビルの室外)で営まれています。

私は靴にはこだわるほうですが、
その中でもお気に入りの一足に、
フェラガモの赤いベタ靴があります。
表だけでなく裏も、そして靴底も全部皮製です。

オードリー・ヘプバーンが「ローマの休日」の
映画ではいていた靴が連想できる形でした。

この靴は銀座通りのSalvatore Ferragamoのお店で買いました。

どちらかというと朱色に近い赤ですが、
赤い靴クリームを使って、自分で磨いてはいましたが、
長年履いているためか、パッとしません。

そういうとき、もう5~6年以上前になりますでしょうか?
もっと前かも知れません。
当時、新聞等でこの靴磨きの職人さんが、
かなり話題になっていました。

私のこの靴もこの職人さんにピッカッピカにしてほしく。。。。
でも、女性が靴を磨いてもらうのは…とか、
赤い靴はいいのかな・・・とか、
少し躊躇していたのですが、ある土曜日、勇気を出していきました。

そうしたら、バッチリ、この職人さんグループの親方の席になったのです。
新聞等でみていたお顔なのですぐわかりました。

私は、
「いいですかぁ?お願いします。。。。お気に入りの靴なんです。。」
と言いながら座りました。

そして、磨き始められたのですが、
その親方、数分後に「この靴、フェラガモだね!!と言いました。

どうしてそれがわかるのだろっとビックリして
「どうしてわかったのですかっ?」と尋ねると、
「ほらここにっ」と指さされたのが、この場所。

★私の赤い「Ferragamo」の靴(小指付近)
Ferragamo


この靴、最近は履いてなくて、お手入れもしていないので、
傷んだ様子がバレバレですが、たしかに
「Ferragamo」という文字が見えます。

私、その職人さんが言われるまで、
「ただの縫い目」だと思っていました。

さすが、有楽町で沢山の人の靴を磨いてこられただけあります。


10数分後、ピッカピカに生き返った靴。
お礼を言って歩き出しましたが立ち止まっては眺め眺め、、、、。

その方は、千葉さんとおっしゃる方です。
そのときお名刺もいただきました。

★千葉スペシャル
http://www.kotsukaikan.co.jp/clinic_service/service/307/


今日土曜日、自宅でネットサーフィンしていたら、
たまたま下記の特集にめぐり合いました。
たしかAllAboutから、たどり着いたページです。

★千葉尊親方が率いる「千葉スペシャル」
https://form.allabout.co.jp/special/119/12/

昨日のテレビでは、
コードバンの靴を磨いているときに、
「粘りがある」とお話されていたのが千葉さんです。

昨日の番組、再放送が来週土曜日の朝あるようです。
★ドキュメント72時間「男が靴を磨くとき」
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-09-30/21/4858/1199189/
このNHKのページの写真が千葉さんです。

★Salvatore Ferragamo
https://www.ferragamo.com/shop/ja/jpn


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2017

東京駅地下グランスタの「ナポリタン」600円弱(税込)でとっても美味しかったです。

昨日日曜日は久しぶりの休日出勤でした。
ランチは通勤途中の東京駅グランスタ「和saiの国」で買った「ナポリタン」でした。

★昨日食べたナポリタン「和sai風ナポリタン」
Naporitan

見た目もオシャレですが、お味も申し分なくとっても美味しかったです。
これで、税込み597円です。

お店では少し小ぶりな感じもしましたが、
食べてみるとおなか一杯になりました。

具材は、ソーセージ(上質)、白ネギ、小葱、トマト、玉ねぎ、
小口切りの人参などなど。
ユニークだったのは、これも小口切りのレンコンでした。
さらに深緑の食材はピーマンではなく、ラタトゥイユでした。

というわけで、このナポリタンは野菜もたっぷり採れます。


改めて、今日の通勤の帰り、お店に立ち寄ると、
ナポリタンの商品カードにはカロリーは551カロリーとありました。
塩分も表示してありましたが、忘れました・・・。

なお、このナポリタンを買った「和saiの国」は、
紀ノ国屋の店内と思えるような位置にあります。

てっきり私は「ナポリタンは紀ノ国屋が提供している食材」と
思っていました。

そう思っていた理由は下記です。
 前にもこのブログで書いたように、
 東京メトロ赤坂見附駅上に紀ノ国屋「OMO」があったころ、
 よくそこでお弁当を買っていました。

 そのお弁当やテイクアウトの食材は、
 数週間前の8月30日に東京駅グランスタにオープンしたお店の
 お弁当と同じシリーズの商品と思えるものでした。

というわけで、私は、
東京駅地下の紀ノ国屋そばで見るお弁当売り場は、
てっきり紀ノ国屋、と思ってしまっていた次第です。

昨日のレシートを見ると、
確かに紀ノ国屋のレシートではありませんでした。


いつか近いうち、紀ノ国屋と和saiの国の関係を調べたいと思います。

どちらにしても、「和saiの国」の食材は
コスパに優れ、美味しくて健康にもよく、
おしゃれでリッチな気分になれます。

★「和saiの国」のHP
http://www.iwatafoods.co.jp/wasainokuni/product/dish_salada.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2017

【広告談義】『Creative!』プロモーション…パナソニック100周年の新聞記事、目を見張りました。

私は新聞はいつも1面から順番に読んでいくのですが、
今日の日経新聞朝刊の中ほどに差しかかったとき、
一番に目に飛び込んだのが、左上の「Panasonic」という文字
そしてたくさんの人とその間に並んでいるたくさんの電気製品。

大きく広げてみると、2面見開きの全面広告でした。
ど真ん中には、遠藤憲一、水原希子、西島秀俊・・・。
それ以外はおそらくPanasonic社員の皆さんだろうなと思いました。
  ただし、正直、ど真ん中の女性がだれか、
  新聞広告ではわからなかった・・・。

電気製品は、最新のものからレガシーなものまでずらっと並んでいました。
その量に圧倒されました。

右下には「Creative!」毎日を、ちょっとクリエイティブに。
というコピー。

なんだろうと、左下を見ると、
「次の100年をつくろう!」という見出しがあり、
どうもPanasonicの創業100周年の特集広告のようです。

★今日の日経新聞20、21面の全面広告
Panasonic100


Panasonicといえばどんな商品があったっけ??、
私が愛用していたのはPanasonicだっけ???と、
ざっと見てみると、割と真ん中にありましたありました。

コーヒーメーカーです。
私が休日の度に、毎朝、豆から入れるコーヒーメーカーは確か、
Panasonicでした。
姿・形がそっくりなので、おお、これだこれだと思いました。

他にもないか、例えばヘヤ―ドライヤーもそうですし、
ノートパソコンもそうです。

是非、これは、Panasonicのホームページで、
写真に掲載されている製品は全部、
その商品名と型番を掲載してくれてないかなぉ・・・

と、なつかしさを感じながら、製品の一つ一つに興味を持ちました。


そのあと、たまたま、
1週間分のメールを整理していると、
「CLUB Panasonic事務局」からタイミングよく、
\パナソニック100周年/【セレクション】『Creative!』プロモーションを本日からスタート♪
というメールが届いていました。
発信は、おとといの8月24日でした。

  いつのまに私は、CLUB Panasonicに入会していたのかなって、
  それくらいいつもは気にしてないメルマガなのですが、
  今回はグっタイミングでした。

メールの冒頭には、
----------
パナソニック株式会社は、2018年3月に迎える創業100周年を機に、
「次の100年をつくろう」をコンセプトとした『Creative!』プロモーションを本日よりスタートします。
----------
とありました。

キャンペーン特設サイトも紹介されていましたので、
早速リンクしてみました。
「Creative!」
http://panasonic.jp/creative/?utm_source=club.panasonic.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=mailselection&mailtype=creative20170824/


TOPは、無音で映像が流れます。
その中の一枚には松下幸之助氏の写真もあります。


私が幼少の頃住んでいた、福岡県粕屋郡志免町海吾町。
家の隣は、ナショナルのお店でした。
そのお店の雰囲気、今も鮮明に覚えています。

また、白黒のテレビ時代、
「あっかるいナっショナ〜ル、あっかるいナっショナ〜ル
 ラジオぉ、テレビーぃ、なぁっ~んでもっ!ナッショォッナ~ル~!!」
というCMが流れていたことも思い出します。

松下電器という社名でありながら、
ブランド名は「National」、
そのうち統廃合を重ねながら、いまでは「パナソニック」

「東芝」「日立」「三菱電機」「シャープ」などとならぶ
白物家電、、つまり家庭用電機において、
世界に誇れる製品を提供する、
ナショナルブランド(日本を代表するブランド)の一つ。

なお、残念ながら、特設サイトには、
今日現在、写真の製品については説明がありませんでした。
  せめて機種番号でもいいので教えてくれたらなぁ・・・。
  あとはネットで検索するので。。。

それから、特設サイトでわかったのは、
ど真ん中のなぞの人物…それはなんと、
綾瀬はるか、でした・・・。

★私が愛用しているコーヒーメーカー(型番は一つ落ちますが・・)
沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56
http://panasonic.jp/coffee/products/NC-A56.html

KALDIで豆を買ってきて、その豆と水道水で、
がぁーっから始まり、ピッピッピーまで自動で
美味しいコーヒーが飲めます。

それから、今日日テレ24時間で、本キャンペーンの
CMも見ました。その感想は後日にでも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2017

KALDIのクルミは「安いし美味しい!!」お買い得です。

私は、ナッツが大好きです。
好きな順番から行くと、
カシュナッツ→くるみ→アーモンド→ピーナッツ。

今日は、2番目の「くるみ」の話。
KALDIで10日前位に買った下記の商品。

★クレインカリフォルニア生クルミ
Photo_2

Photo_3


これはお買い得です。

見事なクルミがドッサリ1キロgも入っていて、
なんと!!1,580円(税込み)でした。


★どっさり入った「くるみ」
Photo

先ほども食べましたが、美味しい美味しい。

パッケージ裏のQRコードでつながったサイトは、
http://www.delta-i.co.jp/materialproducts/walnut/crainwalnut/
このくるみの生産者のサイトです。

くるみは、
オメガ3脂肪酸、抗酸化物質(ポリフェノール、メラトニン)が
豊富に含まれているとのこと。

★カリフォルニアくるみ協会
http://www.californiakurumi.jp/health

私は、パンもくるみパンが一番大好きで、
毎朝、パスコのくるみパンを食べています。

いつもコーヒー豆は、KALDIで買っているので、
毎週のようにKALDIのお店に行きます。

実は、このくるみの前に、アーモンドも
大きな袋で買っていて、チョコチョコ毎日食べていました。
これも「文句なくアーモンド!!で美味しいです」


いつも買っているコーヒー豆だけに限らず、
これらの製品も含め相対的に、
KALDIの製品は「安い!!美味しい!!」と言えそうです。

なお、蛇足でいつもいっていることですが、
このブログに書いている記事を書いている私は、
それらの製品の企業のマワシモノではありません!!!

純粋にいいものはお伝えしたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2017

たまごの黄身と白身が簡単に混ぜられる「たまごのなめらかスティック」


卵焼き、オムレツ、茶碗蒸しなどなどの卵料理、
いかに黄身と白身をきれいに混ぜ合わせるかがポイント。

最近見つけたのは、サンクラフト社の「たまごのなめらかスティック」
黄身と白身を簡単に混ぜ合わせてくれます。

横浜のLOFTで見つけました。

★パッケージ
Photo

★本体
Honntai


★「たまごのなめらかスティック」を使って混ぜた卵
Tamago


★ポイントは、先のエッジ?
Ejjinitokutyou


Saki


卵料理だけでなくほかにも使えそうです。
Youto

★使い方
Tukaikata


感覚としては、菜箸で混ぜるときの10分の1位の力で、
黄身と白身が混ざっている感覚です。

LOFTでは、388円(税込み)でしたが、
Yahoo!や楽天市場では200円台で購入できそうです。


★製造元 サンクラフト社のページ
たまごのなめらかスティック
http://www.suncraft.co.jp/eggsmoother.php

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2017

ウィリアム・モリスのクッションが届きました。グッドです!!!

今日、生協で注文していた
ウィリアム・モリスのクッションが届きました。

★くらしと生協 ウィリアム・モリス背当てクッション
Photo


ブルーのクッションは、写真通りの製品でした。

今、座っている椅子で使っていますが、
クッション度合いもなかなかです。

まず、背筋がまっすぐになります。
なかなか心地よいです。


ウィリアム・モリスという人は、
生協のパンフによると、
「ヴィクトリア朝時代の英国工芸美術家であり思想家」とのこと。

このクッション3,500円はリーズナブルな価格で、
ちょっとリッチな気分になれるし、
いろいろ揃えたいなと思うデザインです。

★ウィリアム・モリス ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

★ウィリアム・モリス 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&biw=1318&bih=818&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjSy9OU4JnSAhXFEbwKHWMOCjUQ_AUIBigB&dpr=1
どの画像も、全部好き!!!です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2017

「東京のお土産」はTORAYA TOKYOの羊羹!!がよい。東京駅限定の商品です。

昨年12月のある土曜日、
TBS「王様のブランチ」をたまたま見ていると、
東京のお土産特集をやってました。
その第一位がTORAYA TOKYOの「ギフトボックス」とのこと。

なんでも、東京駅にあるお店でしか手に入らない限定商品らしい!!。

一体、TORAYA TOKYOってどこにあるのだ!!から始まって、
私は、暮れも押し迫った12月30日、早速東京駅まででかけ、
テレビで紹介されたものと同じ「ギフトボックス」をゲットしてきました。


★TORAYA TOKYO
http://www.tokyostationhotel.jp/restaurants/toraya

★TORAYA TOKYO「ギフトボックス」
Sotobako

Hako

Set


上のギフトボックスは税込み3,120円です。

特に、右上の小形羊羹は、東京駅を描いたパッケージになっています。
下記のようにこれだけの商品もあります。

★小形羊羹(丸の内駅舎をモチーフにしたTORAYA TOKYO限定パッケージ)。
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/yokan/petite/yorunoume_tt/


「ギフトボックス」に入っているほかのお菓子は次のようになります。
★御代の春 紅
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/monaka/miyonoharu_beni/

★あずきとカカオのフォンダン スモール
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/products/yakigashi/azuki-cacao-fondant_small/

★あんペースト[こしあん]レギュラー
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/products/anpaste/koshian_regular


あんペーストは、あんの瓶詰めです
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/small_stories/detail/?id=24&category=5%2C6

このあんペーストはヨーグルトと一緒に食べてみたいと思います。


虎屋は、私の勤める会社が赤坂見附にあったころ、
よく赤坂御所前の本店で買い物していました。

いまでは、全国に虎屋のお店がありますが、
このTORAYA TOKYOの小形羊羹は、
ここしかないものなので、これからは
東京のお土産として大いに利用したいと思っています。

★お店の様子
Photo

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2016

筆ペン、トンボ鉛筆「筆之助」 の「お助けプレート」は役に立つ

祝儀袋などに名前を書く際、
サインペンより「筆書き」にしたいとき、
私は、手軽という意味で、ほとんど「筆ペン」を使います。

しかし、これがクセモノ。
どうしても毛筆のタッチと同じ、ではないのです。
特にハライの部分でしょうか?

なので、筆ペンで文字を書くのは、
あまり得意ではありません。

数か月前、仕事関係で筆書きにする必要があったので、
毛筆タッチに近い筆ペンはないものかと、
いろいろ買って試しました。

ぺんてる、三菱、あかしや、呉竹、ゼブラ、とんぼ鉛筆・・・
残念ながら、どれも、やっぱり「筆ペン」でした。

しかし、その中で、ひとつ、スグレモノを見つけました。

それは、トンボ鉛筆「筆之助」 です。
付属品として
字をまっすぐかける「お助けプレート」というのが入っているのでした。

ついつい、名前がナナメになったりしたことも過去にありました。

これを使うと、バランスよく字の大きさもそろいました。

★トンボ鉛筆「筆之助」
Photo_2

★「お助けプレート」
2

★包み紙の説明
Photo


★トンボ鉛筆「筆之助」 慶弔ツインS
http://www.tombow.com/products/fudenosuke_twin_s/
定価 250円(税別)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2016

妹の還暦祝いに前原光栄商店の傘を手配しました。


来月、上の妹は還暦を迎えます。
お祝いとして、前原光栄商店の傘を名入りで送ることにしました。

★手配した傘
ラルフレッド(16本骨傘)
Photo_2


http://www.maehara-e-shop.jp/shop/item_detail?category_id=480207&item_id=2089327


私は、前原光栄商店の傘は2本持っていて、
10年以上愛用しています。

神奈川生協の通信販売カタログが最初の出会いです。

カタログの写真と説明しか見ていないのですが、
色・形がとても気に入って注文しました。
その後、時をおいて色違いを注文し、
それ以来ずっと愛用しています。

なにしろ、お気に入りです。

数か月前、このブログで紹介した
「横須賀線で傘を忘れ、千葉駅まで取りに行きました」と
書きましたが、その赤い傘が購入した1本目の傘です。

妹にプレゼントするために、私は、
新御徒町にある前原光栄商店のショールームに初めて出向きました。

プレゼントするからには、
色合い・素材だけでなく、傘の開き具合なども
実際確かめて、選びたかったのです。

横浜高島屋や横浜そごうにも、
前原光栄商店の傘は売っているのですが、
やはり「本店」から妹に送りたい!!!

ショールームは、ホームページにあるように、
傘のイメージ通りで、ホームページの写真通りのお店でした。
★ショールーム
Photo

http://maehara.co.jp/showroom01.html


手元(持つところ)も料金内で選択できるのですが、
実物をみながら選べたのも、本店?ならでは!!
でないでしょうか?

手元は、掴むところが女性用に少し細くなっていると
いうのを選びました。


名入れ後、ギフトパッケージに入れて、
福岡の妹のところまで宅配便で直送してもらうのですが、
きっと喜んでくれると思います。

★前原光栄商店のホームページ
http://maehara.co.jp/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)