55 posts categorized "仕事"

June 20, 2018

コロンビア戦を見ていて思ったこと、「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」それは「チームにおけるコミュニケーション」+「自分の意見を自分の言葉で言える発信力」が成しえた結果ではないか?

昨日のサッカー「日本対コロンビア戦」、
幾度となくバチバチと拍手をしながらテレビの試合生中継をみました。


昨日帰宅後すぐ、いつものようにテレビをつけたら、
サッカー中継をやっていて、なんと
「1:0」日本が得点しているではありませんか!!!

これは見なければ!!と思い、
いつもは着替えたらすぐにテレビは消すのですが、
昨日は試合終了までしっかり見ました。


結果、日本は勝ちました。

確か世界ランキングで
コロンビアは16位、日本は61位ではなかったでしょうか?
そういう格上のチームに勝ったというのはスゴイことです。


サッカーのことはよくわかりませんが、
ただ、チームで戦うスポーツだけに、
私はそれをビジネスに置き換えて勝利した要因を分析してみました。

  ビジネスは一般的に会社という「組織」で動きます。
  「組織」つまりチームで、メンバーそれぞれが
  各自の役割を果たしてこそ成果をあげることができます。

  先日、このブログで紹介した
  小柳ルミ子氏の本のコメントにもありましたが、
  チームプレイのサッカーはビジネスの世界でも通用する
   戦術が潜んでいます。


昨日の試合後、まず私が感心したことは、
テレビの各選手へのインタビューにおいて、
インタビューアーの質問に、各選手が、質問の意図を掴み、
的確な言葉ですらすらと回答していることです。

「自分の意見を自分の言葉で言える発信力」が高いと思いました。
プラス
「勝っていても課題を見つけ次につなげる」という姿勢にも感心しました。


そして、なんといっても、勝因は
「チームにおけるコミュニケーション」がうまくいっていたからだと思います。

ハーフタイムの控室で、
「各メンバーが自分のチームでなすべき役割」を
監督やチームメンバーの意見を心底理解し、
自分のハラに据えこむことができた!!
(のではないか)その結果だと思います。

もちろん、各選手の
身体能力とテクニカル能力とメンタル力が高いことは前提ですが、
昨日のメンバーには、プラス、
高いレベルでコミュニケーション能力が備わっていた、

それが「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」という
西野監督のコメントの背景と思います。

★朝日新聞夕刊「反骨の指揮官、攻めた 日本白星発進 サッカーW杯ロシア大会」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13548998.html?iref=pc_ss_date

なお、横浜版の上記と同じ記事のリードは、
【反骨の指揮官攻めた「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」】です。

なんという名言でしょう。

つぶれかけている私が勤めている会社にも
同じことを起こすにはどうしたらよいか!!
つまりはまず「メンバーのコミュニケーション」
という示唆をもらった気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2018

子供たちにしっかり伝えたいと思った「お見送り」の礼儀。それは都内のある税務署での心温まる経験です。

私は今日、子供たちにしっかりと伝えたい「礼儀」、
具体的には「来訪者へのお見送り」なのですが、
今日のある税務署での出来事で、
子供たちに絶対しっかり伝えたいと思った経験をしました。

「お見送り」。
ここでいう私のお見送りとは、来訪した客へのお見送りのことです。

小さい頃から親が私に伝えていた暗黙の礼儀の一つ、
それは「来訪者に対して見えなくなるまで見送る」ということです。

実際、今から50年以上前になるのですが、
親が「突然の来訪者」にも関わらずその来訪者が帰るとき、
私と一緒に、家の外に出て、
来訪者の車が角を曲がるつまり見えなくなるまで見送り、
その瞬間に一礼をしていた、という光景を思い出します。
おそらく50年近く前の光景です。

それ以来、私は家でも職場でも「訪問者」に対しては、
「来訪者が見えなくなるまで見送り」、
ということを実行してきました。
建物内においては、エレベータでドアが閉まるまでということになります。

ただし、それは、場所の構造や立場によっては、
部屋を出るまでということになるかと思います。
それをしっかり今日体験したのは、都内のある税務署における出来事です。


今日、東京都内のある税務署に私は、会社のある申請書を提出してきました。
どちらかというと、私は負の立場です。


それにも関わらず、その書類を提出後、税務署の担当職員の方は、
私が階の大部屋を退出するまで見送ってくださっていて、
私はそれに対応すべく、振り返り、深く一礼をしてその部屋を退出しました。


実はその税務署は今回の件において今日は3回目の訪問だったのですが、
1回目はその雰囲気に気づき、しっかり礼をできたのですが、
2回目は、私がその建物の構造を誤解していて、それを失念していました。
そして、今日の3回目、私はしっかりとその誤解を払拭すべく、
その大部屋を出る前に振り返りました。

そしたら、やはりその税務署の方は、しっかりと、
私が大部屋を退出するまでお見送りされてました。

ここで私が子供たちにしっかり伝えたいことは、
「来訪者には上下(負)の階級はなしに来訪者に対して見送る」、そして、
「訪問者はたとえ負であろうとも振り返る行為が絶対必要」であることです。


本日、その大部屋を退出するときに振り返って、
「やっぱりそうだった」税務署の職員の方と目が合ったとき、
「!!!!」という感激を味わったこと、
皆様にお伝えできると幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2018

ソリが合わない上司との付き合い方(65歳にして試行錯誤しています)

私は、現在65歳。ある株式会社で
社員ではありませんが、「ほぼ社員」として毎日通勤しています。

この歳で、「継続して働ける」「雇ってもらっている」ことには、心底感謝しています。
ただし、所謂「Scapegoat」的な存在かなって思う日々があるのも事実です。

なぜか私は「怒られやすい」「怒鳴られやすい」のです。
先週もそう感じた時が数回ありました。

そうされるのはある特定の上司一人なのですが、
「なぜこんなことでそんなに叱らなければならないのか?」
という場面にちょくちょく遭遇します。

ちなみに「怒られない」「怒鳴られない」という人は、3人います。
なお職場常駐の同僚は6人です。


私以外にその特定の上司に
「怒鳴られやすい」「怒られやすい」人がもう一人います。
私の救いはその人と気持ちを共有できることです。
私の目から見ると、その人は「仕事ができる人」です。

なお、上記の特定の上司、というのは一人。

数年前の私は、「怒られた」「怒鳴られた」とき、
不合理と思ってもすぐに泣いてました。
しかし、65歳にもなった今、同じ環境でも、ぐっと涙をこらえられてます。

それは、年の功が一番だと思いますが、
「価値観が異なるその上司とはソリが合わない。
いくら私が努力しても乗り越えられない壁がある」を認識したに過ぎません。


私も、相手の立場に立って考えると
「優先すべき業務の順番を相談もなく自分勝手に替えられた」と
上司がいう私の行為は、
その上司の機嫌を損ねるに値する十分な要素です。

しかし、「あ~いえばこういう」という印象のその上司に対しては、
そう言わせない戦略を構築できていないことは、私の落ち度です。

どちらにしても、その上司とはソリが合っていません。
若ければ今の職場を放棄(転職等)していたでしょう。

では、65歳の今、現状を対処できる方法は何か?
を日々模索しています。


ただし、そのソリガ合わない最大の理由が、
最近刊行された小柳ルミ子氏の著書でわかった気もします。

その具体的な内容は後日、書かせて頂くことにして、
ソリが合わない上司との葛藤は日々深まるばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

3年前の今日(2015.6.9)、脳梗塞を発病して病院のベッドにいました。

今日は2018年6月9日、ちょうど3年前の2015年6月9日に
私は脳梗塞を発病しました。

3年前の今頃、JCHO東京新宿メディカルセンターの病室で
治療を受けていました。

その前日までは本当に全く体の異変はありませんでした。
ずっと深夜帰宅の残業や休日出勤が続いていましたが、
「疲れた」という感覚は全くなく、本当に普通の生活でした。

ところが、夜中の2時に風呂上り、バスタオルで体を拭くとき、
右の手のドマンナカで10円硬貨位の範囲において、
シビレを感じた・・・これがことの始まりです。

こんなところにシビレを感じることがあるの?変だな?
そして寝床につくと、口の右側にかすかにシビレを感じました。
でもすぐに寝付いて朝、いつものように出勤している途中、
今度は右足の裏でシビレを感じました。

「右側に集中している」とそのとき、自覚しました。
そして、即、ちょうど1年前に脳出血で亡くなった
父の「右側」というCTスキャンの映像を思い浮かべました。

私の場合、症状が右半分に偏っている、
父の場合と同じかも知れない・・・と思いつつも、
会社に着いたらいつものように業務を開始しました。

しかし、マウスが思うように動かないのです。
キーボードも右手側が変です。
これは絶対、何かがおかしい、
とっさに私は仕事の優先順位を替えました。

私が突然どうかなっても最低限、
職場の同僚に迷惑をかけないようにするには「今」何をなすべきか。
と思いつつも、おかしいのは一部だったので、
気のせい?という気持ちがあったのは事実。

しかし、時間の経過とともに状況は悪化している様子。
仕事の優先順位を即、替えました。
この先、私はおかしくなる可能性が高い・・・と。
優先した教材の発送の荷造りも思うように手が動きません。


3カ月おき位に糖尿病で通っていた
「東京女子医大」に電話で今の体の状況を話しても
「紹介状」が必要・・・とラチがあかない。

次に電話をしたのはJCHO東京新宿メディカルセンター。
ここには卵巣嚢腫でやはり数か月に一度通っていました。
同じように今の体の状況を話すと、「すぐにきてください」とのこと。

私は、会社の同僚に、
私がもしもの場合の情報一覧(主にシステム関連)のプリントアウトと
至急送らなければいけない郵便物を手渡し
会社がある東大正門前でタクシーをひろって病院に向かいました。

そして、診察で「脳梗塞」と言われ、即、
そのまま入院となったわけです。

18時過ぎ頃だったでしょうか?
ベッドで機械仕掛けの点滴での治療が始まりました。


救急車を呼んで病院にいったならば、
少なくとも3時間位は早く治療が始まっていたかもしれません。

  ただし、ぶっ倒れた訳でもないので、
  「救急車を呼ぶ選択」は全くありませんでした。
  なお、このことで会社側と、あとあと
  ある「しこり」が残ることになりましたが・・・。


タクシーで病院に行ったのですが、
優先的な診療ではなく午後の予約患者の一人でした。
ここで少なくとも数時間要しました。

そして、ハプニングも私の治療開始に影響しました。
脳梗塞と診断され、優先的に順番に入れたもらったMRI検査で
私の頭に金属が検知されたらしいのです。

私は髪にヘアピンなど金属的なものはつけてませんでしたが、
検査の途中でMRIからだされ、髪の毛を「検査」されました。
そのとき、私が思ったのは、
「ひょっとしたら私って宇宙人?」
なぜこう思ったかは後日、いつか書きたいと思います。

したがって、MRIでは検査できず、
結局CT検査で検査しなおされ、脳梗塞ということが断定され、
それもあって治療開始が18時頃からとなったと思います。


JCHO東京新宿メディカルセンターに入院できてよかったと思うのは、
リハビリの充実さがあります。
これについては後日、また書く機会があると思います。

発病して3年後の今日、
右手の指先にはまだシビレが常時あります。
唇の右側も時々シビレを感じます。
右足は時々「ブラブラ感」があります。

しかし、見た目、声、話ことば、
これらは周りの人が気づかないくらいです。


西城秀樹氏は脳梗塞を再発しています。
したがって、わたしにもその再発の危険性は大いにあるわけです。

私が脳梗塞を発病したとき、直前までまったく体の異常を感じられなかった、
というのは事実です。
つまり再発も同じことが起きうる可能性があります。


突然何が起こっても、仕事も子供たちに対しても、
毎日の日々生活が大切ということを改めて肝に銘じる今日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2018

実家の不動産登記名義変更、司法書士に頼ることなく長女の私が取り組んでいます。

私の父は平成26年(2014年)に亡くなっています。
ただし、父名義の不動産はそのままで現在にいたっています。

父の子供は私を含め5人いて、法定相続人は母と子供5人です。
本来なら父が亡くなってすぐに相続をする必要がありました。

しかし、なぜ、現在にいたって父の名義のままだったか、
その理由は下記になるかと思います。

私は、相続ということには、今年の初めまで無関心でした。
財産贈与はなし(頂かない)、というぼやーっとした気持からでした。
父の子供は私を含め5人ですが、みんなそうだった可能性があります。


ところが、昨年末に、この財産の一部である不動産名義のことが
母と上の妹にとって、重大な問題であることを知りました。
それは、不動産名義変更が放置されていたことです。


母の希望は、父が遺した不動産は問題多き不動産なので、
まずは全部を母名義にしておきたい、です。

なぜならば、父が遺した不動産にはいわゆる
原野商法で買ってしまった土地も含まれており、
その相続については問題が山積みです。

 なぜ問題が山積みなのかは後日書きます。

したがって、一旦は、全部を母名義にしておきたい、
というのが母の希望です。

母は現在90歳で、まだまだ元気です。

私は5人兄弟姉妹の一番上ですが、
父が存命していたときも、
また現在母一人で独居生活をしているときも、
すべて福岡在住の上の妹に面倒をみてもらっています。
私が東京で一人生活を続けられるのもこの妹のおかげです。


その妹がこの件に関することで問題視していることを
実は昨年末、下の妹から聴きました。

さらに、母が、長女である私に、
直接あって話をしたい、ということをきいたのも昨年末でした。

仕事の兼ね合いもあり、今年の1月末に福岡に行き、
母から直接、話を聴きました。

上の妹もその場に在籍し、
なにを母が望んでいるかを確認しました。


母が望んでいることは、上にも書いたように、
父が遺した不動産をまずは全部を母名義にしておきたい、です。

ただし、私は当時、
会社の物件探し、移転、2月末決算から株主総会、
融資を受けている銀行への資料作りとか、
まだほんとに慣れてない経理、総務業務が
押し寄せる怒涛のように積み重なっていました。

したがって、1月末、母と妹には、
5月末まで動けないけど、それまで待って、
というのが精いっぱいでした。

幸い、この半年間、法務局での、
会社およびNPO法人の住所登記変更という業務にも出くわしました。
私にとって、この登記変更は初めての経験でした。
また、過去の記録を見ると登記変更は司法書士に依頼していたという
記録にも出くわしました。

まったく登記については、ドシロウトの私が、
司法書士に頼ることなく登記変更ができましたが、
この過程の中、
「法務局はとても親切に対応してくれた」という経験を体験しました。
この件に関する数々の法務局対応は
「上から目線」の対応と全く正反対で、
その親切さ、やさしさにとても感激しました。

前置きが長くなりましたが、この半年間のできごとで、
私は、実家の不動産名義変更登記変更手続き、を
司法書士に頼ることなく、自分で実行することにしました。

全く未知の世界、それを突破することは、
そのメリットとして、親が子に何をしたいか、が
その過程において詳細にわかるのではないかという予測です。


長くなりましたが、その実現のために、
私がどう動いたか、折々、このブログで書き留めたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2018

春日2丁目にある会社から、小石川方面にある銀行の行き帰り、ちょっと最近はヘタッてバスを利用してます。


現在、通っている会社は東京文京区春日2丁目にあります。
東京は坂が多い街で、私の通勤路も上り下りの坂があります。

東京丸の内線「後楽園駅」から会社までの通勤路、
朝は春日通りの「富坂」を登ります。

春日通りは大きな通りで、本郷通りと違って
歩道の道幅は広く、路面が凸凹していないので
ヒールでも歩き易くはあるのですが、何しろ朝は「登り坂」。

通りの看板には「急勾配な坂」という表示もあり、
登り始めは「さ、登るぞ!!」と、自分に声をかけています。


50年以上前、この富坂には都電が走っていたらしいのですが、
知人によると、急こう配のため、
電車は、必ず途中で一旦停止していたとのこと。
きっと一気に下ると加速、一気に登るには減速してしまうからでしょう。

そういえば、「滑り止めの砂」とか書いた箱が
道路のわきに置いてあるのを目にしたことがあります。
大きさは1メートル立法くらいの箱です。
それくらいこの坂は急なんだと思いました。


白山通りにある2つの銀行に、月数回通うのですが、
さすがに帰りにこの坂を登るのはヘタりマス。
最近は、たった2つの停留所区間で、たしか運賃は204円ですが、
自腹で都営バスを利用しています。

会社から銀行まで私の足で片道25分位かかりますが、
その5分の1位の道のりをバス利用すると、少しは時間短縮になります。
しかし、バスがすぐ来るとは限らないので、絶対とは言えません。

今は、都バスに乗るのが楽しくて、利用していますが、
そのうち、また、歩いて銀行通いに戻るでしょう・・・(節約のため)。


★坂のプロフィール 富坂
http://www.sakagakkai.org/profile/bunkyo/tomizaka.html

★文京風景 富坂
https://www.try-sky.com/town/saka/tomi/
夏目漱石の「こころ」にはこの富坂のことが書かれている、ということを
上記のサイトで知りました。


とにかく、文京区、大変面白い場所ではあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2018

最新技術のダヴィンチ方式手術の実態をドラマで見れる、このリアルタイム性に一種の感動。


今日(5/20)のTBSドラマ「ブラックペアン」。
ダヴィンチ方式手術の実態を垣間見ることができました。
ドラマでは「ダーウィン」という名称が使われていました。

「ダヴィンチ」は手術支援ロボットのことですが、
下記のHPでその概要を知ることができます。

★手術支援ロボット「ダヴィンチ」徹底解剖
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/davinci/charm/index.html


まさしく今日の「ブラックペアン」でその術法の一部を見ることができました。
「ダヴィンチ」のメリットとしては、
・術中の出血量が少ない
・傷口が小さい
・術後の疼痛が少ない
等があるそうです。(上記のHPより)

今日のドラマで、上記のHPの写真全部が動画として見れました。

それに、Wikipediaにも早速、今日のブラックペアンのことが、
「2018年5月20日には、TBS系テレビドラマ『ブラックペアン』第5話に「ダーウィン」の名称で登場している。」
と紹介されています。

★Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Da_Vinci_


「ダヴィンチ」は、
私が通う会社の社長の知り合いが大腸がんの手術をこの方式で最近受けたこと、
そして、
「がん」については、
私の大事な人が前立腺がんを重粒子線治療で克服したことで、
いずれも、とても身近に感じています。

それにしても、「猫田さん」やっぱり、かっこいいです。
私も18歳の時、
「一歩人生が違っていれば、この医学界にいた」ことを思えば、
「猫田さん」のように「(人の命を救うために)できる人」
になっていれたかな・・・どうかなぁ・・・と思います。


そういえば、この「ダヴィンチ」は、この4月から保険適用になっています。
今日のドラマの中で、元アナウンサー福沢氏が厚労省役人として
出演するあたり、このドラマ、最新の医学界を描いているな。。と
あらためて思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2018

私より11歳若いセントラルヒーティング設備、50年以上になるというのに「しっかり動く」ことに驚き、そして「やっぱりビンテージ」という匂い、マスクなしでは過ごせない。。。

私が今、通勤している会社が、この2月、文京区春日のある共同住宅に引っ越したのはこのブログでもお知らせしたかと思います。

 今日の話題はどちらかというとマイナーなので建物の名前は伏せます。

1964年完成のこの共同住宅。
当時は画期的な建物らしく、
有名な芸能人が多数住んでいたということでもそれが推察できる、
由緒ある物件です。


この建物には約80の部屋があるらしいのですが、
正真正銘のセントラルヒーティングシステムです。

つまり、全部の部屋が一つの設備で冷暖房に切り替えられます。
管理組合より、約1カ月前に「5月12日より冷房に切り替わります」というお報せがありました。

ここ数日、サムイ日が続いていたのですが、
今日はさすがに室内においても暑く、
私の執務室のセントラルヒーティングの冷房を始めたく、
はじめてそれを稼働させました。


その初めて稼働させた今日、次々にハプニング。

まず、オンオフのダイヤルがあると思われる場所の蓋が開かない。
したがって、蓋をハサミでねじ開けました。

次に、スウィッチ。
3段階くらいに分かれていましたが、OFFの位置からLOWに合わせました。
そうすると、機器がうなり始めました。結構な音量です。
しかし、確かに冷気が通風孔から伝わってきます。

しかし、しかし、それからです。
なんともいえぬ匂い、昔の匂いが部屋に充満しだしました。

コンピュータのためにも、この部屋の温度を下げる必要があったので、
冷気が充満するのを優先しました。

ところが、私はその部屋に充満する匂いに息苦しくなり、
まず匂いをシャットするためにマスクをつけ、
そして、息子からもらっていた
「AROMASTAR」を部屋の中央に向けてシュッシュッしました。

  アロマスターは、転居前のオフィスでも、
  下水の匂いが漂ってくるときにシュッシュッして、
  業務環境の改善に役立っていました。


★アロマスター
http://www.aromastar.jp/product/spray.html


という処置を施しましたが、
2時間くらいで、このセントラルヒーティングは止めました。
暑さより匂いに耐えかねたからです。


しかし、明日からのことを考えると、
なんとか、今後、この匂いに長い時間、耐える必要があります。


対策としては、マスクとアロマスターで、
このセントラルヒーティングの歴史の産物は乗り越えられるかも知れません。

今日の出来事で思ったことは2点。
50年以上経つというこの施設で、未だ、正常に
セントラルヒーティングなるものが稼働しているということに感動。
 それだけ、当時としては破格の予算で構築していたのだと思います。

そして、もう1点。
さすが歴史というか古さというか、
「まるで古い衣類の匂い」が部屋に充満することに、
さすが「ビンテージマンション」と思った次第です。


明日からさらに夏に向かって、暑さと匂いの戦いになると予想しています。
私の衣類にこのレガシー匂いは乗り移る可能性もあります。


どっちにしても、このセントラルヒーティング、
私と同じ位の年齢なのにしっかり頑張っています。

なんとか、共存共栄したいなっと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2018

「白線(黄色い線)の内側」から「黄色いブロックの内側」というアナウンスに変わっている電車到着ホームのアナウンス(JR横浜駅は5月の連休明けから?)


朝の通勤途中で、最近「あれっ???」と気づいたことがあります。
それは、JR横浜駅でのホームのアナウンス。
列車がホームに入るときにアナウンスされる
「黄色いブロックの内側にお下がりください」というフレーズです。

これって、これまでは、JR横浜駅では
「黄色い線の内側にお下がりください」だったと思います。
ただし、この線の色は、毎日の通勤で使う
東京メトロと京浜急行とJRがごっちゃになっているので不確かです。


どちらにしても、「黄色い『ブロック』の内側」の表現が自然です。
「黄色い線の内側・・・」は、
「(これって)線ではない!!」といつも思っていました。


なお、わたしはこれに気づく前に、確かそれは、
この5月5日の土曜日、たまたま、
JR品川駅で山手線から東海道線に乗り換えるとき、
東海道線のホームで、
「Please wait behind the yellow ・・・blocks.」を耳にしました。
「『blocks』??、なるほどその通り!!」とそのとき思ったものです。

なかなか品川駅で電車を乗降する機会はなく、
すぐに確かめられないのですが、そのときのアナウンスは、
「Please wait behind the yellow warning blocks.」と
言っていたのではないでしょうか?

いずれにしても「ブロック」というアナウンス、実態に近づいたと思うこの頃です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2018

年末に買った「EPSONプリンタEW-M770T」、快適で便利です。


このブログで私は昨年の12月25日、
「EPSONプリンタEW-M770Tを買いました。大きな特徴は、インクボトル!!」
の記事を書きました。

私がこのプリンタを選んだ理由の最大の興味は、
「ボトルでインクを補充」という仕様だったのですが、
なかなか、それが充実しています。

★インクの減り具合
Photo


私は、かなり印刷するタイプです。
それが、この5カ月間、何のトラブルもなく、
もちろんインクの補充もせず、
快適に便利に使えています。

それに、これまでのプリンタと違う、
最大の改革は「廃インクパッド」ではなく、
「廃インクタンク」という点も重要視しているのですが、
そのタンクの様子も上記の画面で確認できます。

とても、いい買い物をした!!!という印象を改めて感じる毎日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧