80 posts categorized "旅行・地域"

January 16, 2018

初めての体験「事務所の物件探し」アラカルトな体験。この歳にして、実に面白い体験です。

通っている会社が、来月の2月末で事務所の賃貸が契約切れになるため、
「この1月」に、なんと物件探しを開始しました。

賃料、広さなど要件を20項目くらい、
会社の代表(社長)から聴きだしリストアップしました。

第一の要件は、汐留にある電通に通うに便利なエリア内であること。
そして、広さ、賃料・・・と
いろいろ優先的な項目順に条件が並びます。

まずは不動産仲介業者の選択ですが、
それにあたっては、「オフィス 賃貸 汐留」の3つの項目で検索して、
ヒットする不動産仲介業者を4つ、ピックアップしました。

  ※なお検索結果一覧のトップに表示される「PR」を
   無視しようとしましたが、本来の純粋な検索結果では、
   期待する不動産会社が掲載されるわけでもなく、
   残念ですが、完全に無視できない状況もありました。

そして、各仲介業者に電話して、
上記のリストアップ一覧をPDFにしてメールで送りました。

早速、次々に返事が来て、数々の物件の案内がありました。

全部プリントアウトし、社長に選んでもらいます。
私の意見もプラスして、まずは内見希望の調整を
各不動産会社にお願いしました。

少し、その後の経緯は飛ばしますが、
先週1月12日金曜日から内見を開始しました。

1日目の12日は、5件。
2日目の15日は、3+3件。
3日目の今日16日は、1+3件。
今日まで3日間で、15件みたことになります。

しかし、まだまだ内見は続きます。

とはいえ、来月末には引っ越すので、今週、
あるいは少なくとも来週中には、物件を決定する必要があります。


この平日3日間で15件の物件を訪れたわけですが、
その道中を楽しんだり、
それでいいのかなぁ~~という体験をしたり、
結構、エクサイト!!しました。

なお、今日の会社への帰路では、もうヘトヘト。
「物件探し=メチャクチャ歩く」ということを実感しています。

本件に関してはもっともっと書きたいことがあるのですが、
それは後日に・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2017

JR品川駅東海道線ホーム、電車のドアが閉まるときに聞こえる英語のアナウンス「Please stand clear of the closing doors.」


ここ数か月前からでしょうか?JR品川駅の東海道線ホームで、
ドアが閉まるときに、まったく聞きなれない英語のアナウンスが流れだしました。
私にとっては聞き取れないといったほうが正確です。

女性の声で、「please … as … closing door」という風に聞こえます。
(…部分は全くわからない言葉)

それで、昨日、下記のワードでGoogle検索をしてみました。
「please * as * closing door shinagawa」

そうすると、ヒットしました。といっても、
JR品川駅アナウンスそのもののセリフではありませんでした。

しかし、下記のセリフでアナウンスしているに違いないと99%言えます。
「Please stand clear of the closing doors.」

「stand clear」とは初めて目にする熟語です。

下記のページによると、
「stand clear of ~」は、「~から離れてください」という意味だそうです。

★ドアが閉まりますって英語でなんて言うの?(DMM英会話 なんてuKnow?)
http://eikaiwa.dmm.com/uknow/questions/9445/


今朝出勤途中、JR東海道線の中で品川駅ホームのアナウンスに
耳を澄ましてきくと、はっきりと、
「Please stand clear」が耳に入りました。

これまで先入観で「please … as … 」としか聞こえてなかったのですが、
一夜にして変わりました。

なお、この「ドアが閉まります」の英語版、
横浜駅も川崎駅も新橋駅も東京駅も東海道線ホームでは流れません。

横浜以西の駅はわかりませんが、JR東海道線では、
横浜以東の駅で一番国際的なのが「品川駅」と思います。

なお、下記のページでは、
京浜東北線と山手線のホームでは新橋駅でも、
この掲載日を見ると2016年から
アナウンスが始まっていた様子がわかります。
https://www.youtube.com/watch?v=kBr0z0hD_N8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2017

JR年末年始の新幹線予約、横浜駅は「予約制度」みたいなものがあり便利です。

現在通っている会社の社長の、
年末年始帰郷のためのJR新幹線の切符取り業務、
今年で2回目です。


昨年、行き(新幹線下り電車)は、
JR東京駅に出勤時の朝、約2時間並んで切符を買いました。


今年の行きの電車は、横浜駅の
「発売開始日の事前受付」というのを利用しました。

★事前予約「きっぷの発売開始日」の説明チラシ
Photo_2


★指定券お申し込み受付表
Photo_4

この制度は横浜駅だけのサービスかもしれません。
すくなくとも東京駅ではやっていません。

上記の画像にあるように、横浜駅の「事前受付」というのは
発売開始日の午前6時から9時半まで実施されています。

私は朝はいつも横浜駅を7時半前に通過しますので、
今回はこれを利用しました。

ただし、予約がとれているかどうかは、
横浜駅の「みどりの窓口」に行って結果表をみるまではわかりません。


今日、帰宅途中、JR横浜駅みどりの窓口についたのは20時半頃でした。
予約がとれているかどうかは、下の告知紙でわかります。
私の番号は、〇でした。

★本日受付分結果表
Photo


ただし、現地にいかなくても、指定席の切符がとれているかどうかは
下記のサイトで大体予想がつきます。

★JRサイバーステーション
http://www.jr.cyberstation.ne.jp/

「空席案内ページ」で
乗車月日・時刻・乗車駅降車駅等を入力すれば、
リアルタイムで空席状況が把握できるからです。


グリーン車だったこともあり、
業務時間中に「余裕の予約状況」と察した私でした。


会社の帰り、20時半ころのJR横浜駅「みどりの窓口」は
年末年始の切符予約の時期らしい長蛇の列でしたが、
並んで約30分後に窓口で切符をゲットできました。

東京への帰りの切符もおそらくこの方法でゲットする予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2017

今日、表参道の美容院にいってきました。表参道は、最先端情報の発信地です。

今日、予約していた表参道の美容室に行ってきました。

この美容室は、もともとは東京メトロ赤坂見附の駅ビルにありました。

震災後、ビルを震災補強し、さらにビックカメラにビル丸ごと貸し出すため、
簡単に言えばテナントのひとつであったその美容室は追い出され、
その移転先が表参道・・・だったというわけです。

勤めている会社が赤坂見附にあったころ、
近くなのでということで、震災前から
その美容室を利用していたのですが、
表参道に移ったあともその美容室に通い続けています。
ま、長年利用している安心感が大きな理由ですが・・・。


その今日の表参道。
街道樹の枯葉が風に揺さぶられて舞い落ちる中、
美容院に向かって歩いていると
LVのお店の前のショーウィンドウ、
MONETのスイレンの絵が描かれたバッグに目が留まりました。

まぁ、なんと斬新。
しかし、こんなバッグ、持ち歩けないな・・・と
思いながら通り過ぎようとしたら人だかり。

なんだなんだと思って、LVのお店の中をみていると、
よく映像で見かける「ファッションショー」が店内で開催されてました。

超顧客が陣取る店内のドマンナカを、歩道に向けて、
西洋人のモデルさんが歩いてくるのですが、
もう、背が高く、まるでニンギョウみたいに無表情。
ほんとにファッションショーでした。

私と同じ店外にいたミーハーさんの一人が、
「カオ、ちっさぁ~~ぃ!!!!」と叫びました。

こういう光景にめぐり合うのも、
表参道に出向く動機のひとつです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2017

山崎豊子の小説「大地の子」を読み始めています。

知人の知人が、この小説のある登場人物のモデルと聞き、
山崎豊子の小説「大地の子」を読み始めています。

山崎豊子の小説は、
30年以上前、下の子の出産直前に読み終えた「白い巨塔」
そして、去年でしたか伊勢佐木町の古本屋に
5冊まるまる揃って並んでいたので買って読んだ「沈まぬ太陽」
を読んでいるので、私にとっては山崎豊子の小説は3つ目です。


4冊ある文庫本「大地の子」は、読み始めて、
まだ1冊目の4分の1くらいですが、
スキマ時間で少しずつ読んでいても、すぐに、ぐいぐい読めます。
「沈まぬ太陽」のときもそうでしたが、
山崎豊子の小説は、それくらい小説の世界に没頭できます。


「大地の子」は、ある程度、どういう小説なのかは知っていたつもりですが、
主人公の戦争孤児となった松本勝男、
第二次世界大戦後の中国の日本人孤児の生き様が
これほどまでに、過酷とは思いませんでした。

勝男は、徳の高い中国人夫婦にめぐり合い
陸一心(ルー・イーシン)として育てられるのですが、
その過程の中で、日本と中国の関係、戦争とか、
ひいては人間とか・・・いろいろ考えさせられます。

戦後に生まれ、戦争をいうものを知らない私は、
戦争ということだけでなく、さらに、
「中国の人が日本人に抱いている感情」ということも
しっかりと心に受け止めなければいけないと思いながら、
「大地の子」を読み進めています。

下記のページは、山崎豊子の代表的な小説の概要がわかります。
「大地の子」も紹介されています。

★山崎豊子のおすすめ文庫小説8作品!『白い巨塔』でおなじみ!
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/851

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2017

今日、帰宅途中、JR東海道線が品川で停まって、そのあとの京急線・・・のこと

今日、東京駅20時22分発のJR東海道線、
座れたのでシメタ!!と、喜んだのもつかの間、
品川駅で、「横須賀線保土ヶ谷駅で人身事故発生」のアナウンス。

横須賀線で、保土ヶ谷駅だから・・・と、
東海道線はそのうち動くだろうと思っていたら、
JRの構内・車内アナウンスはいろいろ情報が錯綜してましたが、
なんでも21時40分位に動くというアナウンスに変わってきました。

「ええ??!!!」

品川駅で座れているとは言え、また、
明日が休みとは言え、1時間も待つのは・・・
と、選択肢は二つ、JR京浜東北線に乗るか、京浜急行に乗るか。

どっちにしても、このまま1時間も車内で待つのは
時間がもったいないと思い、東海道線をやっとのこさ降りました。

そして、くしくも「品川駅」だったため、私は安易に、
京浜急行を選んでしまいました。

このまま「普通」に乗っていけば最寄りの駅に着くワイ!!
ところがその選択は安易すぎました。

品川駅からの「普通」電車。
これって、「普通」どころか
「2~3駅ごとに快速・特急・急行」などを待ち合わせる
「超ドン・ノロマ」電車でした。

これじゃ、私の最寄りの駅まで、果てしなく時間がかかります。

たまらず、京浜急行の大きな駅で数回、電車を乗り換えましたが、
通常は1時間半で帰れる道のりが2時間半以上かかりました。
今回は「品川でJR京浜東北線に乗る」のが正解だったなとも思いました。

それにしても、京急のダイヤ、複雑です。

電車に乗りながら、JRのような「時刻表(京急版)」がほしくなりました。
このダイヤを設計している人は、すごい頭脳の持ち主だなと思います。

ネットで検索すると、私と同じような考えのひと、やっぱリいました

★京急本線のダイヤはステンドグラスのような美しさ
http://news.mynavi.jp/series/diagram/043/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2017

東京駅地下グランスタの「和saiの国」、この2か月の間に安定的に顧客を増やしているのかな?と思えた今日の朝の出来事。

ここ最近、昼食は東大構内売店の日替わり弁当に凝っている、
ということはこのブログでもお知らせしています。

昨日もこの日替わり弁当を食べながら、
「さすが仕出し屋・割烹のお弁当の、アラカルトおかず!!!」
と思いました。

 ちなみに、今、東大正門内の銀杏並木、見頃です。
 たくさんの人たちがカメラ(スマホ)片手に集まっています。
 銀杏並木に陣取る両脇の校舎は、いずれも、
 古いけど、それぞれ趣のある建物群です。
 銀杏並木だけでなく、これらの建物もインスタ映えすると思います。


ところで、お弁当の話に戻します。

今日は、午前中に打ち合わせがあるので、
「12時前に行かなきゃ売り切れてしまっている東大構内売店の日替わり弁当」
をゲットできそうにありません。したがって、
まだ朝の8時ですが出勤途中、JR東京駅の改札出てすぐの
東京駅グランスタ「和saiの国」で「ナポリタン」を買って、
東京メトロ丸の内線に乗りました。

その「和saiの国」で遭遇したあること。

実は「和saiの国」で出勤途中にお弁当を買っていくのは2回目なのですが、
前回と大きく違っていることにビックリしました。

前回の同じ時刻8時頃での「和saiの国」のお客さんは私だけでした。
ところが今日はお店の前で
「どのお弁当にしようか・・・」風のお客さんが数人いました。

今日、私は、このお店で買う定番「ナポリタン」を選んで、
レジの前にもっていったら、突然、右隣りの女性が、
「並んでいるんですけど・・・」と私に訴えました。
その女性にとっては、私の行動は「割り込み」だったわけです。

すぐに私は「あ~らぁ、ごめんなさい」と答え、
並んでいる風の人の後ろに移動しました。

私は、このお店で「並ぶ」という感覚は皆無でした。
ということは、きっと最近、
この東京駅「和saiの国」では「並んで買う」ほど
お客さんが増えているのだと思います。


このブログで9月11日に、
東京駅の「和saiの国」のことは書いていますが、
私の好きなお店が東京駅でもファンが増えていることに
ちょっぴり、嬉しくなりました。

★「和saiの国」のHP
http://www.iwatafoods.co.jp/wasainokuni/product/dish_salada.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2017

本郷東大キャンパスの売店で売っているお弁当はやっぱり安くて美味しい。

最近私は、東大キャンパス売店で売っている「日替わり弁当」に凝っています。

会社から往復すると約15分かかりますが、
それでも買いに行きたいと思う美味しいお弁当です。

特に日替わり弁当がお勧め。税込み580円です。

今日のお弁当はこれでした。

★今日の日替わり弁当
Toudaiobentou


ざっと中身を紹介すると・・・・
ごはん
梅干し

大豆
切り干し大根
かぼちゃ・小豆
キャベツ・人参・玉ねぎ・シイタケのあん炒めが乗ったシュウマイ
カキのフライ
アジのフライ
スパゲティミートソース
もやしいため

材料だけでも豪華絢爛だし、
バランスよい栄養が摂取できそうだし、
お味もとっても美味しいのです。

こういう感じで、毎日違うメニューのおかずです。
さすが「仕出し・割烹やさんのお弁当」です。

★おはし
Ohashi


ごはんは、私には少し固めなのですが、
ずっしり入って若い学生さんたちのお弁当という感じです。

このお弁当を売っている売店は、
東大正門から入り、黄色く色づいた銀杏並木の突き当り、
安田講堂の右手の階段を下りたところにあります。

今日の日替わり弁当のおかずはなんかな・・・て
考えながら歩く銀杏の並木道。
仕事でヒートした頭を冷やす散歩も兼ねてます。


お昼に毎日、これだけのボリュームを食べていると
体重増に直結するので、要注意ではあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2017

産経よくやった!!「トランプ大統領の車列は何台?・・・・」の興味深い記事。

今週の昼休み、会社の自席で食事をしながら
ネットのニュースをみていると、大変面白いニュースに出会いました。

「トランプ大統領の車列は何台? ナンバーが同じ!? 全車両を撮ってみた」
http://www.sankei.com/photo/story/news/171106/sty1711060019-n1.html

来日中のトランプ大統領の
大統領専用車の前後を固める車列の長さを取材した記事です。
総勢35台だったそうです。


もし、勤めている会社がまだ赤坂見附にあったなら、
私、絶対、仕事中でも会社を抜け出してこの光景を見に行ったことでしょう。


それにしても、この報道、見事です。
35台を一台ずつ、全部撮っています。
さすがプロ!!

このニュースの一番上の写真、
白バイ3台を先頭に坂を下りながら車列が近づいてくる、
壮大で異様な様子がまざまざと伝わります。


記事の中に、
「都心部の幹線道路、トランプ米大統領の車列が通過する
約5分前には警察が全ての交通を止めた。・・・」とありますが、
この光景、手に取るように想像できます。

というのは、まだ会社が赤坂見附にある頃、
永田町の取引先で打ち合わせがあり、歩いて会社に戻る途中の、
永田町から赤坂見附に向かって歩道を下っているとき、
ちょうど右手に見える高速道路、なんかいつもと違う光景に気づきました。

車が一台も通ってない、あれ、えっ?・・・と思うと同時に、
向こう(四谷方面)から麹町方面に向かう、車列が登場しだしたのです。

「なになにっ??!!」と思って立ち止まって
高速道路を通る車列に注目していると、
一番の大型で高級車の後ろの座席のお二人の足元が見えました。

私が立ち止まったところは
一般道から高速道路を見下ろす位置でした。

その位置の角度からは、車内のお顔は見えませんでしたが、
当時の中国の国家首席の胡錦涛夫妻の車列でした。
ただし、その車列は確か10台前後だったと思います。

したがって、産経記事のトランプ大統領専用車の車列の壮大さ、
これは記録に残すべき取材だったと思います。

JFケネディ大統領の暗殺事件の資料公開が話題になっている時期と
ちょうど重なっているので、アメリカ大統領の車列の報道は
大変興味深かったです。

ちなみに、私はケネディ大統領が暗殺された日を覚えています。

当時私は小学生だったのですが、
長崎で親戚の結婚式があるため、
博多(福岡)の親類一同が国鉄長崎本線で移動中、
列車内で、親戚のおじさんの一人が
「アメリカの大統領が射殺されたらしい」と
立ってみんなに伝えていました。


もうひとつ、この記事で思い出したことがあります。

赤坂見附に会社があったころ、
国賓等が来日するたびに
赤坂見附の四谷へ向かう道路には、
その国と日本の国旗のセットが
車道に数メートルおきに延々といくつも掲げられていた・・・、
それはそれは見事でした。

通勤の度に高揚感を感じてました。
赤坂見附の大好きだった光景の一つです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2017

ラフマニノフの交響曲第2番のスコア、買ってきました!!!


このブログで10/8に書いたラフマニノフの交響曲第2番、
そのスコア、とうとう、買ってきました。

★ラフマニノフ交響曲#2 スコアの表紙
Photo_2


この第3楽章の主旋律、何度聞いても、
「美しい!!」と思います。

あの日から、私はほとんど毎晩、
YouTubeで何度も聴いていました。

休みの日がとれたとき、絶対に一番にしたいこと、
それは、「銀座の日本楽器でスコアを買いにいくこと!!」。

そして、とうとう、11月3日、実行できました。

日本楽器のビルのエレベーターで上がった4階の楽譜売り場。
天井まである楽譜棚は作曲者がABC順に並んでいます。

ラフマニノフの棚を探し当て、
そして、背表紙の「交響曲第2番」を手に取り、
そしてそして第3楽章の譜を追って、
そのメロディーが頭で奏で始めた・・・、
ああ、これだこれだ!!!、
この楽譜にめぐり合う時って、いつも感激です。

★第3楽章
Photo


★第3楽章主旋律
3gakusyou

帰りの東海道線の中で、この第3楽章、
ここ、やっぱりオーボエだったのだ!!!
ここは楽譜でも各楽器のソロとなっているのだ!!!
途中、曲がいったん止まるところはフェルマータ!!!
冒頭のクラリネットの長~いソロの譜面、
などなど、スコアならではの醍醐味を味わいました。


ところで、この楽譜、実はAmazonでも売っています。

しかし、アマゾンでは中身は見れません。

実際、お店で中身をみて、譜を見ながらメロディーを確かめ、
私が探していたスコアは間違いなくこの曲だ!!!と確信する、
この醍醐味は、銀座の日本楽器の楽譜売り場ならでは、デス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧