66 posts categorized "旅行・地域"

September 23, 2017

私の「Ferragamo」と千葉尊親方、昨日の「ドキュメント72時間」を見ながら思い出しました。

昨日9月22日のNHK「ドキュメント72時間」は、
「男が靴を磨くとき」でした。

JR有楽町駅すぐ横の東京交通会館の1階で営む
靴磨き職人さんに集まる男性たちが主人公でした。
番組のフォーカスはどちらかというと、
磨いてもらう男性たちが主人公でした。


ここで私は数年前、赤い革靴を磨いてもらったことがあります。

この職人さんたち、実は有名で、
昔はJR有楽町駅のガード下に店を構えていたらしいのですが、
今は、東京交通会館の1階(といってもビルの室外)で営まれています。

私は靴にはこだわるほうですが、
その中でもお気に入りの一足に、
フェラガモの赤いベタ靴があります。
表だけでなく裏も、そして靴底も全部皮製です。

オードリー・ヘプバーンが「ローマの休日」の
映画ではいていた靴が連想できる形でした。

この靴は銀座通りのSalvatore Ferragamoのお店で買いました。

どちらかというと朱色に近い赤ですが、
赤い靴クリームを使って、自分で磨いてはいましたが、
長年履いているためか、パッとしません。

そういうとき、もう5~6年以上前になりますでしょうか?
もっと前かも知れません。
当時、新聞等でこの靴磨きの職人さんが、
かなり話題になっていました。

私のこの靴もこの職人さんにピッカッピカにしてほしく。。。。
でも、女性が靴を磨いてもらうのは…とか、
赤い靴はいいのかな・・・とか、
少し躊躇していたのですが、ある土曜日、勇気を出していきました。

そうしたら、バッチリ、この職人さんグループの親方の席になったのです。
新聞等でみていたお顔なのですぐわかりました。

私は、
「いいですかぁ?お願いします。。。。お気に入りの靴なんです。。」
と言いながら座りました。

そして、磨き始められたのですが、
その親方、数分後に「この靴、フェラガモだね!!と言いました。

どうしてそれがわかるのだろっとビックリして
「どうしてわかったのですかっ?」と尋ねると、
「ほらここにっ」と指さされたのが、この場所。

★私の赤い「Ferragamo」の靴(小指付近)
Ferragamo


この靴、最近は履いてなくて、お手入れもしていないので、
傷んだ様子がバレバレですが、たしかに
「Ferragamo」という文字が見えます。

私、その職人さんが言われるまで、
「ただの縫い目」だと思っていました。

さすが、有楽町で沢山の人の靴を磨いてこられただけあります。


10数分後、ピッカピカに生き返った靴。
お礼を言って歩き出しましたが立ち止まっては眺め眺め、、、、。

その方は、千葉さんとおっしゃる方です。
そのときお名刺もいただきました。

★千葉スペシャル
http://www.kotsukaikan.co.jp/clinic_service/service/307/


今日土曜日、自宅でネットサーフィンしていたら、
たまたま下記の特集にめぐり合いました。
たしかAllAboutから、たどり着いたページです。

★千葉尊親方が率いる「千葉スペシャル」
https://form.allabout.co.jp/special/119/12/

昨日のテレビでは、
コードバンの靴を磨いているときに、
「粘りがある」とお話されていたのが千葉さんです。

昨日の番組、再放送が来週土曜日の朝あるようです。
★ドキュメント72時間「男が靴を磨くとき」
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-09-30/21/4858/1199189/
このNHKのページの写真が千葉さんです。

★Salvatore Ferragamo
https://www.ferragamo.com/shop/ja/jpn


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2017

東京駅地下グランスタの「ナポリタン」600円弱(税込)でとっても美味しかったです。

昨日日曜日は久しぶりの休日出勤でした。
ランチは通勤途中の東京駅グランスタ「和saiの国」で買った「ナポリタン」でした。

★昨日食べたナポリタン「和sai風ナポリタン」
Naporitan

見た目もオシャレですが、お味も申し分なくとっても美味しかったです。
これで、税込み597円です。

お店では少し小ぶりな感じもしましたが、
食べてみるとおなか一杯になりました。

具材は、ソーセージ(上質)、白ネギ、小葱、トマト、玉ねぎ、
小口切りの人参などなど。
ユニークだったのは、これも小口切りのレンコンでした。
さらに深緑の食材はピーマンではなく、ラタトゥイユでした。

というわけで、このナポリタンは野菜もたっぷり採れます。


改めて、今日の通勤の帰り、お店に立ち寄ると、
ナポリタンの商品カードにはカロリーは551カロリーとありました。
塩分も表示してありましたが、忘れました・・・。

なお、このナポリタンを買った「和saiの国」は、
紀ノ国屋の店内と思えるような位置にあります。

てっきり私は「ナポリタンは紀ノ国屋が提供している食材」と
思っていました。

そう思っていた理由は下記です。
 前にもこのブログで書いたように、
 東京メトロ赤坂見附駅上に紀ノ国屋「OMO」があったころ、
 よくそこでお弁当を買っていました。

 そのお弁当やテイクアウトの食材は、
 数週間前の8月30日に東京駅グランスタにオープンしたお店の
 お弁当と同じシリーズの商品と思えるものでした。

というわけで、私は、
東京駅地下の紀ノ国屋そばで見るお弁当売り場は、
てっきり紀ノ国屋、と思ってしまっていた次第です。

昨日のレシートを見ると、
確かに紀ノ国屋のレシートではありませんでした。


いつか近いうち、紀ノ国屋と和saiの国の関係を調べたいと思います。

どちらにしても、「和saiの国」の食材は
コスパに優れ、美味しくて健康にもよく、
おしゃれでリッチな気分になれます。

★「和saiの国」のHP
http://www.iwatafoods.co.jp/wasainokuni/product/dish_salada.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2017

JALの機内で買った5,000円のレインコート、この季節にピッタリです。

2016.9.11にこのブログ
「JALの機内販売は、文字通り「機内販売」、買っておいてよかった!!!!」
で紹介した、5.000円のコート。

★5,000円のコート
Photo

この写真では、膝上の丈ですが、
私が着ると膝丈のようです。

今日のような、朝は霧雨が降って、
夜は少し肌寒い季節には、バッチシです。

朝は、フードをかぶり、
夜は、ボタンかけずに、今風の、
「中のワンピース(ホワイトでネイビーの横縞)を見せる形で
 ベルトだけを締める」で装いました。

この薄手のコート、今の季節に重宝しています。

ホントに、買っててよかったぁ・・・です。

★2016.9.11のこのブログの記事
http://noriko.way-nifty.com/noriki_bar/2016/09/jal-8cdd.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2017

IL VOLOの日本初来日。でも東京は売り切れ、なので川崎公演をゲットしました。

「IL VOLO(イル・ヴォーロ)」は、このブログで何回かご紹介しました。
イタリアのテノール3人ユニットです。

このグループを知ったきっかけは、
羽生結弦選手の2016Exivision「Swan」。
サンサーンスの原曲とは言え、
とても優雅な演奏が気になり
ググったら彼らの名前が出てきたわけです。

ところで、昨日、生協の注文書を書いていたら、
チラシに「IL VOLO」チケット販売が掲載されていました。

それで、今日ネットで調べたら、日本公演は、
東京(11/29)と川崎(12/1)の2回だけの公演ということがわかりました。

両方とも平日なので仕事の帰りでは東京のほうが都合がいいです。

しかし、東京公演はすでにソールドアウトでした。
それで、開演には遅れる覚悟で、川崎の公演を予約しました。

そのコンサート会場「川崎市スポーツ・文化総合センター」は、
今建設中で、オープンは来月のようですね。

★川崎市スポーツ・文化総合センターのサイト
http://acxs-kawasaki.esforta.jp/
愛称は「カルッツ川崎」と決まったとか。

川崎市にはここ横浜に引っ越す前に、10数年間住んでいて、
さらに今も毎日電車で通過しているのに、
こういう施設が建設中とは知りませんでした。

このサイトには、IL VOLOの「日本のファンへのメッセージ」があります。
★IL VOLO  Notte Magica ~魅惑の夜~
http://acxs-kawasaki.esforta.jp/performance/1289/
56秒くらいの動画で、彼らは英語であいさつしています。


★IL VOLOの公式サイト
http://www.ilvolomusic.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2017

今日オープンの「紀ノ国屋アントレグランスタ丸の内店」行ってきました!!期待通りデシタ!!。


今日、8月30日にオープンした、JR東京駅構内地下1階改札そとの、
「紀ノ国屋アントレグランスタ丸の内店」、
通勤のまさしく通り道なので、早速立ち寄ってきました。

時間的には、19時半くらいだったでしょうか?
勤め帰りの人で一杯でした。
改札外だから、なのか、店内で旅行者には遭遇しませんでした。


紀ノ国屋は入り口ドアの第一印象から、とても好感を持ちました。
それは、入店する人みんなにリーフレットを渡していたことです。

★リーフレット
Photo

このリーフレット、表紙からワクワクします。
リーフレットの中身は後で見るとして、
先に、お店を一周することにしました。


まず入り口入ってすぐ右の「お弁当・お惣菜コーナー」。
私の会社が赤坂見附にあったころ、
「OMO」でよくお昼ご飯を買っていたことは昨日のブログで書きましたが、
当時と同じような、なつかしいお弁当やお惣菜が並んでました。

  ああ、今、その赤坂見附の店内の様子を、
  まざまざと思い出しました!!!
  それくらい大好きなお店でした。

  なお今、「OMO」は赤坂見附にありません。
  ビックカメラになっています。


今日、紀ノ国屋のお弁当をみてすぐに思ったのは、
「グランスタ」らしかならぬ価格帯!!!。

「グランスタ」のお弁当は、最低1,000円前後が相場なのですが、
ざっと見た感じ、紀ノ国屋は、それよりも30%くらい安い価格帯でした。
私の経験値からいうと、紀ノ国屋のお弁当は見た目もよく美味しいです。


ざ~っと、店内を一周しましたが、
どの棚も、楽しさいっぱいの商品でした。

今、ダイエット中なので、沢山は買い物しませんでしたが、
「お勧めです」「売れています」という赤いカードがある商品を
計1,020円分、買い物してきました。
後日、それらをご紹介したいと思います。


ところで、リーフレットの話に戻しますが、
家に帰ってじっくり読むと、これが実に楽しい!!!
3つ折りカラーのこのリーフレット。

一応まがりなりにも、17年間、広告・宣伝会社に勤めている私ですが、
この紀ノ国屋のリーフレットは、よくできています。

★リーフレットの中その1
Naka

★リーフレットの中その2
Naka2


これは、リピーターを増やす構造のつくりになっています。
なにしろ、この私ですら、
・えっ、こんな商品があったの?
・あ、これ買ってきた!!
・こんなものも売っているのだぁ!!
などなど。
明日も寄ってみようと思っています。


それに、このリーフレットは、
定期的に発行されそうな予感も持たせ、
絶対、情報発信としてパフォーマンス100%だと思います。

ネットの情報は自分で見に行く必要があり、時間も要します。
しかし、チラシやリーフレットは手軽に情報を入手できます。


前にも私は、「グランスタ」の情報発信について、
「チラシやリーフレットがない!!」と書いたことがあります。
厳密にいえば「効果的に情報を発信できる
チラシやリーフレットが活用されていない」という印象です。


そういえば、地下改札すぐのもう一方のお店「茅乃舎」。
ここには、チラシもパンフレットも全くありませんでした。
商品の内容からしても、これでは、
多くのリピーターを得るのは難しいと思います。

「試飲」のコーナーがあり商品説明には努力をしていました。
「試飲」→「購入」→「常連」という工程で顧客が増えていくはずですが、
まず「試飲」の前に、「こういう商品を販売している!!」という
情報発信がなされていないという印象を持ちました。


今日は合わせて計9のお店が「グランスタ丸の内」にオープンしています。
その他のお店も、少しずつ探検したいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2017

8月30日オープンの東京駅グランスタ。これも気になっていた、JR改札を出てすぐ左のお店は紀ノ国屋。

今日の朝、通勤でJR東京駅の地下改札を出ると、
東京メトロ丸の内線への通路が広くなっていました。

そして、その左側のお店が姿を見せ始めました。

このブログで24日にお知らせしたように、
8月30日オープンする9店舗がWebでも紹介されていて、
私が2番目に気になっていたエリア、つまり、
JRの改札を出てすぐ、左側のお店。

それは、紀ノ国屋でした。
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/kinokuniya-entree.html

紀ノ国屋のサイトでも、この東京グランスタのお店について報じています。
https://www.super-kinokuniya.jp/news/


今日の帰宅時は、紀ノ国屋も茅乃舎もオープンしていました。
といっても、メディア対象のオープン。

★今日の紀ノ国屋
Kinokuniya2

Kinokuniya


「紀ノ国屋」は、若い時、アンノン族の私にとって、
憧れのスーパーマーケットでした。

住んでいた福岡でみる雑誌ノンノの「紀ノ国屋」の記事は
私に夢を与えてもらっていたと思います。
いつか行ってみたいな・・・と。


上京して最初に住んだのは、九品仏(東京都世田谷区)でしたが
紀ノ国屋等々力店に週一くらいの割合で買い物に行くのが楽しみでした。

また、今、通勤している会社が赤坂見附にあったころ、
「OMO」が赤坂見附にあり、よく、そこで昼食を買ってました。


私の大好きなスーパーマーケットがまた身近になったように感じます。
明後日のオープンが楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2017

8月30日オープンのグランスタ9ショップ。私が最も気にしていたJR改札を出てすぐの右手のお店の正体に驚き!!

毎日、通勤のたびに、工事中のベールが剥がされていく
JR東京駅地下改札出てすぐの「グランスタ」。

どんなお店がオープンするのかなって、ネットで調べてみました。

★【おなかふくらむグランスタ】8.30(水)9ショップオープン!
http://www.tokyoinfo.com/news/info/20170821-2.html

新エリアは9店舗とのこと。
上記のサイトでは地図とともにその9店舗の情報がアップされていました。


特に注目していた、改札出てすぐ右のお店。
その正体がわかりました。「茅乃舎」でした。

★茅乃舎
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/kayanoya.html

★茅乃舎HPでの、このグランスタの紹介
http://www.kayanoya.com/shop/gransta/


「茅乃舎」というお店については、この記事を書くために
いろいろググっている最中、ちょっと驚いてしまいました。

「茅乃舎」でググってHPの会社概要を見ると、
本社は「福岡県糟屋郡久山町」にあり!!!。
そして創業はなんと、明治26年!!!


私はこの町の近くの「福岡県糟屋郡志免町」の出身ですが、
26年間住んでいた、この地福岡に、
こういう企業「久原本家グループ」があったとは知りませんでした。

★久原本家グループの歴史・沿革
http://www.kubarahonke.com/history/


茅乃舎?そういえば。。。とすぐに思い出す光景があります。
それは、1週間に2回通う、横浜高島屋。
高島屋地下の割と広いエリアに茅乃舎は立派なお店を構えています。

30日にオープンする茅乃舎の場所は、
JR東京駅地下改札を出てすぐの、しかも上手の店。
一等地もさらに一等地の場所です。

少し前にこのブログで書いたように、通勤途中、
カーテンの隙間から見えるお店の様子は、
広いエリアの飲食店のようで、どんなお店だろう??と
そのお店の正体を期待していました。

それが、郷土福岡のお店だったとは・・・。
是非、成功してほしいものです。


なお、この企業の所在地、福岡県糟屋郡久山町は
・・・九州大学との共同事業――
   40歳以上を対象とした生活習慣病予防健診を核とする
   町ぐるみの健康管理は「ひさやま方式」・・・
で有名な町です。

★50年の健康づくり
http://www.town.hisayama.fukuoka.jp/50kenkou/
生活習慣病予防健診の始まりという、
高齢者健康志向の先進的な町でもあります。


そういう町の企業が出店するということは、
健康+自然食というキーワードにおいて、裏付けもしっかりしているし、
絶対ハヤると思います。


併設の飲食スペース「汁や」があるらしく、
・・・九州の豚汁などをご提供します。・・・
とサイトで宣伝しています。

さぁ!!!!お店では豚汁を「トン汁」ではなく
福岡特有の「ブタ汁」というのか、
これも楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2017

日経新聞に掲載されていた、新橋~高校よせがきノートの店~「有薫酒蔵」行ってみたいです。

先週の土曜日(8/19)の日経新聞夕刊8面に

-「母校愛 つなげるノート」
  新橋の居酒屋 30年で3,100校
   励まし・商談の場に‐

という見出しで写真付きの6段半分位の結構大きな記事がありました。


「母校愛」という言葉にヒキつられ、
少し読んでみると、福岡県立修猷館高校…の文字があり、
グイグイ最後まで読んでしまいました。

私は修猷の出身ではありませんが、私にとって修猷は、
当時「西の修猷、東の福高」と言われていたライバル校です。

 今はどうかわかりませんが、
 当時の福岡は、
 居住地に属する校区の高校しか受験できませんでした。


記事によると
…「高校よせがきノート」と題され、閲覧や書き込みができるのは、
  その高校の出身者だけ。氏名や校名などを店員に伝え、
  ノートを受け取る。店内に同じ高校の出身者が居合わせると
  店員が引き合わせ、後輩が先輩に挨拶に行くのが「決まり」…

いやぁ、実に面白い!!記事を読んだだけでも楽しい!!


東京に出てきてカレコレ40年。
やっぱり郷土愛というか母校愛は、64歳の私でも健在です。

このお店のコンセプトというか仕組みを考えた方は、アイデアマンですね。


きっと、毎日、お店では
「学校ごとのエリアができて、校歌や応援歌などが歌われる」
なんてことがしょっちゅうでは?

しかし、それでは収拾付かないので、ひょっとしたら
校則ならぬ店則があったりして、、、、
なんて、想像するだけでも楽しいです。


是非、行ってみたいお店です。
ただし、一人ではなく、
そうですね、兄弟や、高校の友達が上京してきたときに
是非行ってみたいと思います。


あるいは、
「こげなお店が新橋にあるけん、東京に来んね?」と、
福岡の友達に誘ってみたいし、
このお店のことを紹介したいと思っています。

なにしろこの記事を読むまでこんなお店があるなんて知りませんでした。


★日経新聞サイト
「母校愛 つなげるノート 新橋の居酒屋、30年で3100校」
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO20168050Z10C17A8CR0000/


★新橋~高校よせがきノートの店~
有薫酒蔵(ゆうくんさかぐら) のサイト
http://www.shinbashi-yukun.com/


★ノート一覧
http://koukou-yosegaki.com/note/note_001.htm

ノートを作った順番に並んでいるそうで、
わが出身校 福岡県立福岡高校は8番目にありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2017

東御苑の、俗にいう「お土産販売店」で買ってきた手ごろなリーフレット2つ

昨日のこのブログでも書きましたように、
私は一昨日の土曜日(8/19)、
皇居の東御苑に行ってきました。

目的はボンボニエール展を見ることにありましたが、
その周りがあまりにも別世界で、つい、
少し足を伸ばした次第です。

その日はあまり時間がなかったので、
本の少ししか足を伸ばさなかったのですが、
その中で休憩所(正式には「大手休憩所」)に立ち寄り、
なにか記念になるようなものを探しました。

つまり、観光地にある「お土産店」の有体を期待して立ち寄ったのですが、
バッチシ期待通り、お土産の数々がありました。

その中で私が選んだのは、リーフレット(パンフレット)
「皇居のしおり」250円(税込み)
「皇居東御苑『花暦』」300円(税込み)です。

見本が飾ってあって中身を見ることができましたが、
絵葉書とかよりも実用的です。

次回、訪問の際に役立ちます。
ひょっとしたら、わたし・・・、
「東御苑」のリピーターになる予感もしています。
それくらい、この場所にトリツカレたようです。

では本題に戻して、パンフレットの話。

まず「皇居のしおり」
A5判で中身は32ページのオールカラー。
観光本として十分です。
購入するとき、お店の人が説明していたように、
皇居の地図もついています。

★「皇居のしおり」の表紙
Photo_5


★「皇居のしおり」の目次
Photo_4

★「皇居のしおり」についている地図
Photo_3

この地図はA4版くらいの大きさです。


次に「皇居東御苑『花暦』」
A5判で中身は36ページのオールカラー。
ボタニカルアートファンとしては、
この絵を見るだけでも楽しいです。

★「皇居東御苑『花暦』」の表紙
Photo_2

★「皇居東御苑『花暦』」最初に開いたページ
Photo

★「皇居東御苑『花暦』」8月のページ
8


実際、土曜日にほんのちょっぴり散策して見っけた
植物の表札。
Photo_6


ううう~ン、やっぱり、私は東御苑のトリコになったかもしれません。
散歩の場所としては、都会のど真ん中にありながら、
絶対おすすめのエリアです!!!


なお、「皇居のしおり」の発行は
公益財団法人菊葉文化協会です。

★公益財団法人菊葉文化協会 HP
http://www.kikuyou.or.jp/


「皇居東御苑『花暦』」の発行元は、不明・・・。
パンフレットの奥付を見ると、
監修は宮内庁生活協同組合
制作は(株)毎日エディショナルセンター
あとは編集・デザインと原画の作者が書かれているのみです。


最後に、、、、、
この書籍を買った際の販売店の方の対応。
時間的には1分も満たないわずかな時間でしたが、
とてもやさしい思いやりを感じました。

それは、私が皇室に抱いている印象と全く同質のものでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2017

初めて訪れた皇居東御苑、都会のど真ん中にある秘境と言えるのでは?

昨日、「宮内庁三の丸尚蔵館」で開催されている
「皇室とボンボニエール」展に行ってきたわけですが、
実は皇居東御苑に行くのは初めてでした。

JR東京駅から歩いて10分近く「大手門」につきました。

★内堀通りから見る大手門
0ootemon1

★大手門の入り口
1

入り口には警官の方が立っていて、
中に入ろうとする人全員の荷物の中をチェックしてました。


そしてその小さな門をくぐると、右手に大きな建物というか
また大きな門のような建物が見えました。

★大手門
2


この門のつくりは、日本武道館に九段下から行くときに通る、
田安門とイメージが似ていました。


この門をくぐると左手に事務所みたいなものがあり、
その前を通る必要があるようです。

その窓口では、プラスチック製の小さなプレートを手渡されました。
いわゆる入場証みたいものでしょうか?
もちろん入場料は無料です。

そして、そのすぐ右手に「三の丸尚蔵館」がありました。

昨日は、「皇室とボンボニエール」展を見るために出かけたのですが、
苑内の地図を見ると、
周遊コースとなっているようです。

ほんの少し中を歩いてみました。
江戸城のいろいろな遺跡がいろいろありそうです。

★百人番所
Edojidai_2


苑内は綺麗に整備されています。

それだけでも徳川江戸時代を想像できる大きな立派な石垣など
見どころ満載のようですが、その日は、
そこまででUターンしました。

300年の江戸時代を背に、見えたビル街。
現在の日本経済の中枢を担う企業のビルビルビル・・・。

★土曜日夕方の永代通り
Photo_2


苑内も苑外も、とてもきれいな東京の姿!!!という印象を持ちました。

ちょうど「「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書)」を
読んでいたこともあり、歴史のある一節をたどれる場所と思いました。

今度、じっくり皇居東御苑を散策したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧