55 posts categorized "旅行・地域"

June 20, 2017

文京区白山神社のあじさい、見てきましたが・・・ちょっとガッカリ。。。

通勤で毎日歩く本郷通り、
歩道には季節に応じた数々の花がいつも咲いています。

今は紫陽花の季節ですね。
歩道の片側を覆いかぶさるように咲いている紫陽花もあります。

そんな中、町内会の掲示板に、
「白山神社 あじさい祭り」のポスターが貼ってありました。

それで、先日の日曜日、娘と行ってみました。
会場の白山神社は、駅からバツグンに近い
というメリットはありました。

しかし、「白山神社や白山公園に、たくさんある紫陽花」を
期待していただけに、期待外れでした。

ポスターに惑わされて期待していた自分が
一番悪いのですが、
「あじさい祭り」の縁日のお店ばかりが所狭しと並び、
主人公のあじさいは、その後ろ。
それに人の流れに従い一回りしましたが、
「えっ!!」という感じ。

★文京あじさいまつり
Photo

Photo_2

2

3


民家がすぐそばにあり、
ここに洗濯物も干されるのだろうな・・・と思うと、
普通の場所じゃん!!
敢えて電車に乗ってくるまでのところではなかった・・・かな
と思いました。

平日の雨の日に、一人静かに散歩すると、
また違ったイメージだったかもしれません。


ちなみに、少しネットで、紫陽花について調べると、
私が日曜日に訪れた文京区白山神社のアジサイの株数は、
公表3,000株でした。

ざっと、関東地区のあじさいで有名なところの
株数を調べると下記のようになりました。

------------------------------------------
千葉県麻綿原高原:20万株
横浜市八景島:約20,000株
埼玉県幸手権現堂提:100種15,000株
鎌倉市極楽寺:30種類以上13,000株
埼玉県入間郡あじさい公園:約13,000株
千葉県松戸市本土寺:約10,000株
東京都としまえん:約10,000株
神奈川県大雄山最乗寺:約10,000株 約3kmのアジサイ街道あり
------------------------------------------


短時間で調べただけなので、関東のみ限定したとは言え、
鎌倉には、もっとあじさいの名所がありそうです。

しかし、白山神社の「3,000株」というのが
いかに小規模な場所だったのか、これでわかりました。

なので、私の下調べが不十分だった故の
期待外れだったということになります。


ここ数年、この時期になると、
紫陽花をいっぱい見たい!!!と思っていました。

しかし、土日も仕事だったり、あるいは病気だったりの
数年でした。

しかし、しかし、今年はやっとその時間が取れそうな雰囲気です。

上記の一覧の中で我が家に一番近いのは、横浜市八景島です。
是非、どんなところか、探検したくなりました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2017

通勤で歩く「本郷通り」は、歩道の表面がガタガタ!!ハイヒールのかかとが1日で取れてしまいました。

東京都文京区の本郷通り、私は毎日通勤で、
本郷3丁目と東大正門前の間を歩いて往復します。


この歩道がクセモノです。
小さな小石を埋めてあるのですが、
殆どのところで、それが小石単位で凸凹。

砂利道の石ほど、その小石は大きくありません。
しかし、いちおう固めてはあるのですが、
デコボコもいいところ。

4センチくらいの高さで、かかとが広いサンダルでさえ、
足をくじくことがたびたびあります。

今のところ「くじいて、足首を捻挫」してはいませんが、
いつかそうなってもおかしくはない「歩道」です。


部分部分、そうですね建物単位で、
歩道の上をコーティング?しているのか、表面が滑らかな場所もあります。

ここ最近のある日、家で靴をメンテしていると、
6センチくらいの高さの、かかとの広さは1センチ四方位の
パンプスに異変あり。

片方は全く新品のままあるのに、片方のかかとの先が綺麗にとれてました。
きっと本郷通りの「でこぼこ歩道」で「ヤラレタ」と思われます。


昨日、それを修理してもらおうと思って、
かかとが取れている片方だけの靴をもっていったら、
左右両方でないと修理できないといわれてしまいました。

本郷はいくら学生街とは言え、ビジネスマンも多い街です。
がしかし、ハイヒールが似合わわない街とも言えます。


しかししかし、都心の客先を訪問するときは、
ベタ靴ではなくヒールが高い靴で
ピシッとファッションを決めたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2017

まず、GINZA SIX「観世能楽堂」の施設のことから

まず、GINZA SIX「観世能楽堂」の施設のことから

連日書いていることですが、
5月6日観世能楽堂で能をみてきました。

今日は、まず能楽堂の印象をお知らせしたいと思います。

★GINZA SIX
0gsix


この建物の裏に観世能楽堂の入り口があります。

★観世能楽堂の入り口
1


ここから入ってこの(ぼけてしまっていますが)
写真の左手のエスカレーターを下ります。

★B3までエスカレーターを降り切ります。
2b


なお、B4は駐車場となっています。

★観世能楽堂の入り口
3

★ホールにはお祝いの花花花・・・
4


52


★会場の中です。
6kyakuseki


★舞台
7butai


8butai3


9haisgajaru_jara


10wakisyoumen

★松は本物みたいでした。
11matu


★ついでに舞台表面も撮ってきました。
Photo

この場所から、日本の伝統芸能を世界に発信、
ワクワクします。

そう思わせる場所でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2017

銀座SIXの「謎解き」してきました。1階の「あずま通り」の現状。

とうとう、今日、初めて、
「GINZA SIX」の中に入りました。

JR新橋駅で降りて、銀座通りに出て、
正面から入った「GINZA SIX」。

「能楽堂の入り口はウラから」と知ってましたが、
まずは何といっても「謎解き」をしたかった・・・。
したがって銀座本通りの正面入り口から入りました。


人の流れとは外れて私は、一目散に、
1階の入り口からまっすぐ
「なぞの地図上の一直線」を目指して突進しました。

ありましたありました!!
その出口の場所はまっすぐではなく、
隠すように奥まってひっそりとありました。

そして出たすぐがこの光景。
★出たすぐ
Degutiwodetesugu


つまり、歩道が一本あり、その下には
自動車道路があったのです。

★駐車場出口
Jiodusya_tuuro

通路を8丁目方面に歩いていると、
駐車場入口というのも見えました。

ガードマンでない人がいずれも立っていましたので、
きっとこの駐車場というのは関係者のみが
利用できるところではないでしょうか?


5月4日にこのブログで書いた
GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要にあった、
「・・・2街区の間を走っていた区道を三原通りに付け替えることで、・・・」

この区道とは「あずま通り」のことだった、
そして実態はこうなっていたということで、
謎解きと現状を把握できました。

★新橋側の「あずま通り」
1

そして1階以外はこの2街区は繋がっているのですが、
1階はしっかり道路が貫通しているので、
1階の2街区、つまり銀座通り側と
三原通り側のお店は、繋がっていません。
・・・なお、その一角には新聞で話題になっていた
   CITIZENのお店がありました・・・

このGINZA SIXの巨大な建物の構造、
1階についていえば少し複雑ですが、
慣れるとなんてことはない!!と言えると思います。


さてさて、能楽堂や能の話、
いろいろ発見がありました。

それは明日以降に書かせていただきます。

★「能楽堂へは三原通り側、ツーリストサービスセンター横のエレベーター・エスカレーターで地下3階にお越しください。」
http://kanze.net/public/_upload/type017_202_9/file/file_14926547591.pdf

★銀座SIX各フロアのご案内 の1階の見取り図
https://ginza6.tokyo/shops#floor=1F

★GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要
https://ginza6.tokyo/about

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2017

5月6日の銀座SIX観世能楽堂が楽しみですが「謎解き」もできるかな・・・

この大型連休は連日休日出勤です。
明日も出勤ですが、いよいよ明後日は楽しみにしていた
銀座SIX観世能楽堂の「道成寺」の日です。

もちろん、この日は仕事はオフにします。


「ちゃんとチケットはある!」ことを確認。
開場時間は12時であることも確認。

そして、どこから入るのかもネットで調べていると・・・・、
ちょっと不思議な地図に出くわしました。

まず、下図は、kanze.netにあった当日の会場の案内図です。
Photo_2

★「能楽堂へは三原通り側、ツーリストサービスセンター横のエレベーター・エスカレーターで地下3階にお越しください。」
http://kanze.net/public/_upload/type017_202_9/file/file_14926547591.pdf

銀座SIXの中に「あずま通り」という通りがはっきりと描かれています。
おそらくこれは1階の地図だと思います。

この「銀座SIXの中の真ん中の道路」、
一見したところ、「????」、不思議でした。


ちなみに、銀座SIXのHP「G SIX」のフロアガイドを見ると、
なぜか1階だけに、真ん中を貫く1直線があります。
1

★銀座SIX各フロアのご案内 の1階の見取り図
https://ginza6.tokyo/shops#floor=1F

2階以上のフロアガイドには、この謎の1直線はありません。


そして、銀座SIXのHP「G SIX」のページを見ると、
会社概要の中に、図とともに、
「・・・2街区の間を走っていた区道を三原通りに付け替えることで、・・・」
という説明があります。
Photo


★GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要
「再開発事業の経緯」のところに上の図があります。
https://ginza6.tokyo/about


う~~ん、この1階ってどうなっているのだろッ!!!
まだオープンした銀座SIXに行っていない私は、
この謎を解き明かすのも楽しみの一つになりました。


なお、観世能楽堂は銀座SIXのテナントではありません。
観世能楽堂は「施設」として紹介されています。

★施設案内
https://ginza6.tokyo/facilities

どこかで、観世能楽堂と銀座SIXの関係を読んだことがあるのですが、
今、どこで見たのか思い出せません。


どちらにしても、明後日がとっても楽しみです。
とはいえ、眠らないようにしなければ…


★能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さに気軽に触れる場として
https://ginza6.tokyo/news/3838

★KANZE.net
http://kanze.net/index.php


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2017

東京グランスタのパンフ、見つけました。しかし、その置き場所も内容も「ちょっとこれでは・・・」と思ってしまいました。

今日は飯田橋の病院に2か月おきに行く日でした。

したがって、朝のいつもと同じ時間ではありましたが
JR東京駅、いつもの
東海道線ホームから東京メトロ丸の内線ホームへの
「2階→1階中央通路→地下まで」のルートでない、
今日のルートは、
東海道線ホームから中央線ホームの
「2階→1階中央通路→ほぼ3階のホーム」でした。


今日のそのルートの片隅で、
期待していた「東京グランスタ」のパンフを見つけました。


しかし、そこは、「東京グランスタ」への導線とは外れていて、
「東京グランスタ」とはほぼ無縁の場所にパンフを見つけた!!
です。

しかも、そのパンフレットの置き場は、
東京駅の人の流れとは微妙に外れる位置にあり、
知る人ぞ知る場所です。


オープン前後から、「ひょっとしたらあそこには
なんらかのパンフレットが置いてあるかもしれない」と
うすうす思ってはいました。

しかし、広い東京駅、朝晩の通勤時に、
この私でもわざわざ遠回りしてまで、
第2期オープンのグランスタのため、
パンフレットを探しに行こうなんて思いません。


そんなかんなで、ゲットしたパンフレットですが、
これまた、もったいない!!!。

A2の大きさを四つ折りの紙面の片面は
全面むやみやたら大きい写真。
そして裏は、どの写真も「ふくらむ君」を主人公にした、
抽象的な新規開店のお店の紹介。

これなら、JRと丸の内線の間の通路で見てるわい!!
しっとるわい!!ああ、紙と制作費がもったいない!!


そのパンフレットとは別に、
「グランスタのフロアガイド」というのもありました。
が、これもまたわかりにくいガイド・・・・。

ということで、
期待していた4月27日の第二期オープンのグランスタ。

とても興味はあるのですが、ちょうどいま、
仕事がとても忙しいことと重なり、
ウロチョロする時間はありません。


グランスタのお店は駅構内外にあるのですから、
通勤客にとって一番利用しやすい場所のはず。


しかし、パンフレットの置き場についていえば、
最大の顧客になるはずの人たちのルートに置かれてない。
少なくとも目につきやすい場所にはありません。

私が気づかないだけかもしれませんので、
明日の土曜日、休日出勤の私は、少し、
JR地下改札の付近を探して見たいと思っています。


新しいお店にとても期待している、
そのステークホルダーをキャッチしきれていない、
双方のニーズのすれ違いを感じてしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2017

東京駅グランスタ、明日第2期開業で21店舗オープン、楽しみです。


明日27日東京駅構内と改札の外に、
新しいお店が21店舗オープンします。

昨日は、私が帰宅のため東京駅に着いた20時半頃は、
お店のシャッターが全部開いていて、
開業前のチェックをしていました。

 今日は、全店シャッターがしまっていました・・・。

9か月前位に最初のグランスタ丸の内がオープンしたとき、
ぐるっと回って思ったのは、おしゃれ、でも、
私とは少しご縁がなさそうな感じ、でした。


そう思ったのは、おしゃれだけど、お値段高め!!
丸の内の女性をターゲットにしたお店が多い、デシタ。

若い女性ならともかく、シニア世代の女性には
関係ない素通りするショッピングエリアというイメージでした。


さて、明日からオープンする第2期開業のお店、
果たしてどうなのでしょうか???


★グランスタのHP
グランスタ丸の内・グランスタ新エリア第2期開業で新たに21店舗がオープン!

その21店舗のうち、絶対、私は利用するだろうと思うお店を見つけました。
それは、「MISTER MINIT」

★MISTER MINIT
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/%E3%80%90427open%E3%80%91mister-minit.html

★MISTER MINITの地図
http://www.tokyoinfo.com/wp-content/uploads/2017/03/df6aa9616ec945eceb7e992d7578d1c7.jpg

これまでは、パンプスのかかと直しは、
横浜高島屋のMISTER MINITを利用したのですが、
この場所だと、ほぼ通勤通路になるので、
とても便利になることを期待しています。


第1期オープンのとき、不満だったのが、
パンフレットを駅構内外で見つけられなかったこと。

せめて、オープン日くらい、東京駅改札を出入りする人に
お店のパンフを渡してほしかったな・・・・。
したがって、オープンしたお店の名前はもちろん、
全容が全くわかりませんでした。


第2期オープンの明日、どういう広報がなされるのか、
それにも注目したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2017

今からワクワク・ドキドキ・GINZA SIX「観世能楽堂」


いよいよ、明日20日、GINZA SIXオープンです。

GINZA SIXのHPトップページでは
おしゃれで粋なプロモーションビデオが見れます。

★GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇
https://ginza6.tokyo/

一体、あの銀座通りを、夜とはいえ、
大勢で行進する映像は、いつ撮影したのやら・・・。

そして映像としてお勧めは、安倍首相のスピーチ。

★政府インターネットテレビ
GINZA SIX オープニングセレモニー-平成29年4月17日
安部首相の8分43秒のスピーチです。
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg15269.html?c=01&a=1

話題になった
「山口県の物産がない・・・忖度していただきたいと・・・」
は4分30秒過ぎから始まります。

このスピーチは、多くのところで会場の笑いや拍手をとっています。
ユーモアあるスピーチができるのは安倍首相の魅力のひとつでしょう。


私が、ワクワク・ドキドキしている一番の理由は、
GINZA SIX「観世能楽堂」で「道成寺」を見れることです。
(奇跡的にもチケットをゲットできたことは
 このブログでもお知らせしました)

なにしろ、能の「道成寺」は
いつどこでだれが、であろうとも、
ハラハラドキドキの演目なのです。

5月6日が楽しみです。
おしゃれして、能楽堂を訪れたいと思います。

★GINZA SIXの観世能楽堂の記事
https://ginza6.tokyo/news/3838

★KANZE.net
http://kanze.net/index.php

こちらのサイトではまだ
GINZA SIX「観世能楽堂」に関する最新情報は
まだ更新されていないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2017

4/27さらにいろんなお店が開店するJR東京駅地下「グランスタ」


おとといの日曜日、休日出勤の途中、
東京駅のJRから東京メトロ丸ノ内線に乗り換えるときの出来事。

いつものようにJR東京駅の地下の改札を出て、
無意識に丸ノ内線の駅に向かって歩いていると、
通路わきの壁の様子が違うことに気づきました。

アレっと思って、後ろを振り向くと、
JRの改札が真後ろにありました。

それまでは、迂回していた道だったので、
ああ、工事が終わったのね・・・と思いました。

結局、数カ月の間、その道は、
数メートル横の仮の道だったのですが、
元の通路に戻ったわけです。

そういえば、その約1週間前から、
JRの改札駅そばのエリアが、
毎日少しずつ姿を現し始めました。

今月27日、東京グランスタにさらに20数店舗、
お店が開店します。

まず、改札の外が下記のページでわかります。
★GRANSTA MARUNOUCHI(グランスタ丸の内)
http://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta_marunouchi/

そして、改札の中の新しくオープンの5?店舗の情報は、、、
★GRANSTA(グランスタ)改札内
http://www.tokyoinfo.com/shop/mall/gransta/


27日、とっても楽しみです。
東京駅がまた華やかになります。


ところで、東京駅の丸ノ内側地下改札口付近。
私は毎朝通勤時、あることにコーフンしています。
とても面白いのです。

東海道線の列車を降りて、
ホームからエスカレータで1階中央通路に降りると、
「ゲーム開始!!!!」です。


なにかというと、広い通路でも多方面からの人の流れ!!
しかも、ゴロゴロを引いているひともたくさんいる!!!
歩く速度はマチマチ。


1階からさらにエスカレータで地下1階に降りると、
さらにゲームは難しい局面に入ります。

もう、アチコチから多くの人が急ぎ足で歩いてきます。


その多数の複雑な人の流れの中を
ハイヒール(と言ってもいまは4センチ)で
急ぎ足でかわしていく、、、、

それをうまくかわして改札まで到達成功した!!!ときの
達成感って、スポーツというかゲームです。

日体大の若者に負けないゾ!!と、
毎朝、このシーンを愉しんでいます。


話がそれましたが、27日に向けて毎日
JR東京駅地下が変遷する姿も楽しみたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2017

朝日新聞夕刊「本郷、東大かいわい」ある意味、新鮮な情報でした。

今日の朝日新聞夕刊4面の
「アクティブ‐訪ねる‐本郷、東大かいわい」の記事、
ほぼ全面で、東大近辺の情報記事が掲載されていました。

リードは
「歴史深き赤門をくぐって」
サブタイトルは
「江戸時代から続く知の源泉へ」

★朝日新聞記事 「本郷、東大かいわい」
Toudaikiji0406


以外だったのは、地図に「近所のある寿司屋」が掲載されていたこと。

外観は本当に普通の、
田舎ならどこにでもある寿司屋さんなので、
新聞記事の地図に掲載されることにビックリ!

いつか食べにいって、その有名度合いを体感したいと思っています。

知らないお店も地図にありました。
「食堂もり川」「ファイヤーハウス」です。
この2店は存在すら知りませんでした。

「本郷 三原堂」は、お店の人の対応に品格があったことや
いつも工夫を凝らしているショーウィンドウ等に
一目置いていたので、さすが新聞記事の地図に載るお店!と思いました。

今仕事している会社のご近所の「喫茶ルオー」は
店頭にある数々の植木鉢の花がいつもきれいです。
店主の心意気を感じ取れます。

2~3か月前の新聞記事でも掲載されていた、
「喫茶ルオーのセイロン風カレー」については、
司馬遼太郎も食べたらしいので、
是非一度は堪能したいと思っています。

というわけで、今日の記事は、
会社のご近所「東大かいわい」、
さらなる魅力を感じさせた「新鮮な情報」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧