185 posts categorized "日記・コラム・つぶやき"

November 21, 2017

東京駅地下グランスタの「和saiの国」、この2か月の間に安定的に顧客を増やしているのかな?と思えた今日の朝の出来事。

ここ最近、昼食は東大構内売店の日替わり弁当に凝っている、
ということはこのブログでもお知らせしています。

昨日もこの日替わり弁当を食べながら、
「さすが仕出し屋・割烹のお弁当の、アラカルトおかず!!!」
と思いました。

 ちなみに、今、東大正門内の銀杏並木、見頃です。
 たくさんの人たちがカメラ(スマホ)片手に集まっています。
 銀杏並木に陣取る両脇の校舎は、いずれも、
 古いけど、それぞれ趣のある建物群です。
 銀杏並木だけでなく、これらの建物もインスタ映えすると思います。


ところで、お弁当の話に戻します。

今日は、午前中に打ち合わせがあるので、
「12時前に行かなきゃ売り切れてしまっている東大構内売店の日替わり弁当」
をゲットできそうにありません。したがって、
まだ朝の8時ですが出勤途中、JR東京駅の改札出てすぐの
東京駅グランスタ「和saiの国」で「ナポリタン」を買って、
東京メトロ丸の内線に乗りました。

その「和saiの国」で遭遇したあること。

実は「和saiの国」で出勤途中にお弁当を買っていくのは2回目なのですが、
前回と大きく違っていることにビックリしました。

前回の同じ時刻8時頃での「和saiの国」のお客さんは私だけでした。
ところが今日はお店の前で
「どのお弁当にしようか・・・」風のお客さんが数人いました。

今日、私は、このお店で買う定番「ナポリタン」を選んで、
レジの前にもっていったら、突然、右隣りの女性が、
「並んでいるんですけど・・・」と私に訴えました。
その女性にとっては、私の行動は「割り込み」だったわけです。

すぐに私は「あ~らぁ、ごめんなさい」と答え、
並んでいる風の人の後ろに移動しました。

私は、このお店で「並ぶ」という感覚は皆無でした。
ということは、きっと最近、
この東京駅「和saiの国」では「並んで買う」ほど
お客さんが増えているのだと思います。


このブログで9月11日に、
東京駅の「和saiの国」のことは書いていますが、
私の好きなお店が東京駅でもファンが増えていることに
ちょっぴり、嬉しくなりました。

★「和saiの国」のHP
http://www.iwatafoods.co.jp/wasainokuni/product/dish_salada.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2017

相変わらず毎日聴いている「ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調作品27 第3楽章」


先月10月のある日曜日NHK・FMの「きらクラドン」の番組で出会った曲
「ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調作品27 第3楽章」、
相変わらず、飽きもせず、YouTubeで毎日聴いています。

パソコンで、外付けのSONYのスピーカーで、音質バッチリです。

主に、次の特徴的な4種類を聴いています。

1.指揮者?オーケストラはN響?
https://www.youtube.com/watch?v=JVcAqmyMyfU

いまだ、この指揮者と交響楽団は、誰なのか??なのですが、
オーケストラのメンバーのお顔から判断するとN響ではないかと思っています。
指揮者はいまだ不明・・・。

なにしろ、「きらクラドン」の番組で、
聴いたことがあるメロディの題名が判明したその日、
ネットで検索して最初に聴いたのがこの映像でした。
クラリネットの音が少しかすれたところがあるカナ?
と思いますが、名演奏の一つだと思います。

2.エフゲニー・スヴェトラーノフ 指揮 ロシア国立交響楽団
https://www.youtube.com/watch?v=p_WL2JIVTIE
演奏時間が17分54秒もあり、情緒的に演奏しています。
ましてやラフマニノフのお国元のロシアのオーケストラの演奏。

さらに私を惹きつけるのは、
ラフマニノフの若き日のポートレート。
きっと同時代に生きていたら、絶対私はオッカケをやっていたことでしょう。

3.アンドレ・プレビン指揮 ロンドン交響楽団
https://www.youtube.com/watch?v=mO6nBOAvx3A
演奏時間は15分44秒。
ラフマニノフの写真が次から次と表示されます。
ラフマニノフおっかけ隊として、見逃せない数々の写真です。

4.ドミトリー・キタエンコ指揮 デンマーク国立交響楽団
https://www.youtube.com/watch?v=b_Nm7Gduvho
これは全楽章の映像です。
この映像のいいところは、しっかり、
主題を演奏する演奏者を映像がとらえているところです。
画像も鮮明です。

前にも書きましたが、女性のフルート奏者は私が理想とする女性像です。


YouTubeにはまだまだ
「ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調作品27 第3楽章」の映像があるので、
上記4つのオーケストラの演奏にとらわれず、
よい映像(よい音質を伴うのも必須条件)を開拓していきたいと思います。

とにかく、この曲は、私にとって、
美しさ、わかりやすさ(なぜか音程が取れる)の、最高の楽曲です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2017

NHKの「Enjoy Simple English」、私にちょうどよいレベル、ヒアリング力を鍛えています。

私は土曜日、いつも下記のサイトで、
NHKの「Enjoy Simple English」を聴いています。
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
このサイトは、前週の月曜日~金曜日がまとめて聴けるサイトです。

半年単位のコンテンツで、
今月11月は、今年5月に放送された分が放送されています。

私は5月にテキストを買っていましたので、
聞き取れなかった場合は、テキストで確かめています。

月曜日は日本の各地の話題
火曜日は世界の昔話
水曜日は落語
木曜日は世界の偉人伝
金曜日は江戸川乱歩 という構成で、各回5分間です。

落語の日はときどき、ぷっと笑えるときがあり、
少しはヒアリングが上達してるかな・・・と嬉しいです。

とにかく、話の流れを聞き取れるレベルの多聴は、
わずかながらも確実に力がついている実感が得られ、
楽しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2017

「ファビング」の話題で始まる、今日の朝日天声人語の記事、確かに「非礼」につながると私も思う。

今日(2017.11.17)の朝日新聞朝刊の天声人語は、
「ファビング」の話題から始まる記事でしたが、
私も筆者と同様な経験を思い出しました。

まず「ファビング」とは、
「フォン」(電話)+「スナビング」(無視)を合成した言葉。
記事によると「スマホやタブレットを見たり返信を打ったりして
目の前の人を無視する行為をさす」とあります。

筆者は、角界のいまだ謎が多い暴力事件の話題に触れて、
ファビングが今は非礼と感じても、
将来は広く社会に容認されるかどうかを問うています。

私自身も、もし、目の前の人が
自分よりもスマホを重んじていたら、イヤな感じを持ちます。

それで思い出したことが、約5年前の出来事と、
約15年前の出来事です。

まず、約5年前の出来事。
その前に、ノートパソコンと会議の関係を述べる必要があると思います。

  ノートパソコンの画面は自分だけしか見えません。
  すぐ隣の人には、どういう画面をみているかわかるとは
思いますが・・・。
  つまり、会議中のノートパソコンは、ノート代わりに
使う目的であっても、
  全く別の画面を見ながら会議に参加、あるいは、
  全く会議に参加しなくてもわかりゃしない・・・
という現実があります。

  今日の朝日の記事にあるように、
会議中の情報端末に触れていれば
  「疑問点をすぐに調べられる」ことは確かにあります。

  しかし、全く会議とは全く関係ないことをやれることも事実です。
  真摯に会議に参加している、という行為の裏付けにはなりません。

話を元に戻すと約5年前、
お得意様に、私たちが開発したeラーニングのデモを見て頂く
大きなプレゼンテーションがありました。

もちろん、デモはノートパソコンを使ったのですが、
デモに参加したメンバーは全員、メモは手書きでした。

社内の会議でノートパソコンでメモする習慣がなかったせいもあるのですが、
「ノートにメモ」は、無意識に真摯に会議に参加している姿勢でもありました。


しかし、見事に、というか、クライアントにその点を指摘されました。
「みなさん、メモは手書きですネ?!
 まったくパソコンを使ってないのに、
 それでeラーニングとは何事ですか!!!」


次にさらに、約15年前の出来事。
当時はまだ、スマホはなく携帯電話の時代でした。
私は現場にいたわけではないのですが、
部署内のメンバーがクライアントからあるクレームを受けました。

そのクレームとは、
「打ち合わせ中に、携帯を見ていた」です。

社員は単に携帯で時間を見ただけだそうです。

単なるその行為だけでも、クライアントにとっては、
「打ち合わせに真摯に対応してない」との印象を持たれたのでしょう。


これらの2つの事例を例にとっても、
天声人語の記事にあった「IT史」「マナー史」について
「非礼と映るが、将来は広く社会に容認されるかどうか」について、
私は非常に同感を覚えました。

すでに打ち合わせ中に携帯やスマホで時間を見る、は
容認されている感もあります。

★朝日新聞(天声人語)横綱とスマホ
http://www.asahi.com/articles/DA3S13231595.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2017

「ドクターX~外科医・大門未知子」なぜ私はハマっているのか・・・

今日11月16日もしっかり、「ドクターX~外科医・大門未知子~」を見ました。

今日は仕事が遅くなり、途中からでしたが、たっぷり楽しめました。

やっぱり「ガハっ!!」と笑ったところが数カ所ありました。

大門未知子の振る舞いに「ちょっとこれはないな・・」と
思うところも多々ありますが、
それよりも大門未知子に学ぶべきところのほうが多いです。

その第一は、自分の意見をはっきり周囲に伝えられるところ。
第二は、自分に自信をもっていること。
第三は、かっこよさ。


しかし、このドラマで唯一隠されていることもあると思います。
それは大門未知子が自分に自信を持つために、
「非番時に勉強をモーレツにやっている」という姿。

あれだけの進歩する医学界の最新技術の実力をもっている大門氏、
きっとウラでは並大抵の努力では済まない猛勉強をやっているはず。
しかし、そういう努力も表ざたにしないことも大門未知子の魅力かも。

毎回「風呂敷包みのメロン」がでてくるのだなって、
今日はじめて感じたのですが、このドラマ、なにしろ痛快です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2017

「なぜか64歳の私はまだ老眼ではない」ことを思い出した今日の日経夕刊の随筆欄「メガネをなくさない」

今日の日経新聞夕刊7面の「プロムナード」は、
「メガネをなくさない-黒田龍之助」でした。

毎週火曜日に掲載される言語学者黒田氏の随筆は、
東欧の言語に纏わる実体験の話題が多く、
外国語、それに世界中の文化に興味がある私にとって、
いつも興味深く読んでいます。


今日は、メガネの話題から発して、
言葉の複数形、単数形、そして、スラブ系の言語に、
複数にも単数にも属さない両数というカテゴリーがあるという
なんか複雑でトリビア的な話でした。


どちらにしても、今日の随筆によると、黒田氏は最近、
本や新聞を読むときに「くっきり見える」メガネに遭遇したとのこと。

もともと遠視だった黒田氏は、
文字が鮮明に見えるメガネの遭遇は感動ものだったらしいです。


それで、思い出したのが、私の「目」。

私は幼いころから、ド近眼でした。
小・中学生のころはブ厚いメガネを装着し、そして、
高校生からはずっとコンタクトレンズです。

コンタクトレンズは快適です。

というのもメガネは、あまりにも度がきつすぎるからか
どっと慢性的に目の奥が疲れてしまうのですが、
コンタクトレンズはそれが全くありません。


そして、加齢とともに一般の人に発生する老眼。
実は、今私は64歳ですが、老眼の症状は全くありません。
小さな文字でも難なく読めます。

その状況は、今、通っている会社の年下の人から、いつも驚かれています。

それに、上の妹は61歳になりますが、小さな字が見えなくなったとのこと。
そういえば、書類を遠く手を離してみてました。


妹が先に老眼になりましたが、現時点、
新聞や書物の小さな文字が問題なく読めるということは、
シアワセなことの一つと思っています。

もし、これから先、私も加齢とともに老眼になるようだったら、
一つの事例として、その進行状況を記録しておきたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2017

Yahoo!!Wifiで使っていたルーター「Pocket WiFi 303HW」でDMM.comの格安SIMが使えるようにしました。

今年の5月、無料解約期間にYahoo!!Wifiを解約しました。

2015年5月(脳梗塞発病直前)に2年契約で利用開始し、
毎月2,962円(税込)が引き落とされいたのですが、
仕事の内容も変わって、ほとんど使ってなかったので、
経費節減のため、契約が切れるこの5月で解約しました。


その解約にあたっての手続きは、
それまで2年間使っていた機材は手元に残し、
中身のSIMカードだけをYahooの指定用紙を使って
指定場所に郵送するという方法でした。


したがって、もぬけの筐体という感じで
数か月なにも使わず、その機材はもっていたのですが、
ある日、これって格安SIMが使えるのでは?ということに思いつきました。


価格.comでみると、月額500円程度でデータ通信ができそうです。
それくらいの額なら「外出時にいざ必要」というときのために
常時用意しておいてもいいかなと思いました。

それで次は、私が持っているこのルーター、
Huaweiの「Pocket WiFi 303HW」で、
それらの格安SIMが使えるのかどうか・・・
ということを調べました。


残念ながら、IIJとmineoについては
「Pocket WiFi 303HW」でSIMが利用可能になったという例は
あったのですが、いずれのサービスも
月額500円程度の料金ではありませんでした。

また、DMMのサイトでも「Pocket WiFi 303HW」は動作確認済の
機種ではなかったのですが、上記2つの会社のSIMが使えるなら、
DMM.comの格安SIMもOKかも知れないと思い、
DMMにネットで下記のプランの申し込みをしました。

★DMM mobileシングルコースライトプラン 月額440円(税別)
https://mvno.dmm.com/fee/index.html


カードが届いたので、昨日・今日と設定をし、
WAN接続(インターネット接続)に成功しました。
WindowsノートパソコンだけでなくiPadminiでも
インターネット接続を確認しました。


このYahoo!Wifiで利用していた機械を
DMM mobileで利用できるようにするまでの設定には
結構、手順があります。

すべて方法は、ネットで検索して、
諸先輩の方々の情報を集めておいて、
整理して自分なりに設定を試みました。


SIMロック解除、Docomo回線接続まではうまくいったのですが、
WAN接続(インターネット接続)のところで躓きました。
何度も初期設定からやりなおしたり、あきらめかけていたのですが、
成功したときは、さすがにうれしかったです。


簡単ですが、それらの手順をお知らせします。

1.SIMロック解除
-------------------------------
私の持っている機種は、SIMロック解除は基本的にできない機種ですが、
下記の方法で突破しました。
(1)「Pocket WiFi 303HW」の裏ブタと充電カードをはずし、
   基盤から、IMEI番号を調べます。15桁の数字です。
(2)無料で利用できる
   SIMロック解除コード生成ページ(Huawei Unlock Code Calculator)
  http://huaweicodecalculator.com/new-algo#
  で、そのIMEI番号を入力して、機種等を選び、
  「Calculate」をクリックして、ロック解除番号を3つ取得します。
  (この番号は絶対に書き留めておく、あるいはコピペで
   メモ帳に記録しておく必要があります)
  ★ロック解除番号取得の画面
1codecalculator

  ★取得した情報
2rock

(3)DMMから届いたSIMカードを「Pocket WiFi 303HW」に装着します。
(4)電源を入れます。
(5)Windowsパソコンで、ワイアレスネットワークで、
   新しいカードを選択し、SSIDとパスワードを入力します。
   ただし、それらの機器で以前Yahoo!Wifiを利用していたら、
   すぐに接続されます。
     なお、SSIDとパスワードは、(1)でIMEI番号を調べた
     画面でも番号を確認できます。
(6)ブラウザを起動し、URLアドレス欄に
   Pocket WiFiの管理画面のアドレスである
   http://192.168.128.1を入力します。
(7)Pocket WiFiの管理画面になります。
   この画面で、ブラウザの開発ツールを表示し、   
   CSSの「display: none」の行のチェックをすべて外します。
   なお、私は、このとき、ブラウザはChromeを使いました。
★Chomeで「display: none」の行のチェックをはずす
3chrome


     ネットでの情報では、IEを利用するといいとありましたが、
     私のノートパソコンはIEのバージョンがふさわしくなかったのか、
     「none」で検索しても引っ掛かりませんでした。


(8)Pocket WiFiの管理画面は、SIMロック解除の画面になります。
  ★SIMロック解除画面  
4usim

  「挿入されたUSIMは、本端末では使用できません。
   有効なUSIMを挿入してください。」
  の画面で、(2)で入手した番号をひとつづつ入れていきます。
  私は3つめの番号でロック解除ができました。 

2.DMMの設定
-------------------------------
(1)Pocket WiFiの管理画面で左側のメニューにある
  「モバイルネットワーク設定」の「プロファイル管理」画面を
  開きます。

  ★プロファイル管理画面
5pre


(2)Y!mobileエリアで「新規プロファイル」を選択します。
  プロファイル名:任意
  APN:dmm.com
  ユーザー名:dmm@dmm.com
  パスワード:dmm
  認証方式:CHAPを選び、「保存」します。


(3)さらに、同画面の下、Y!mobileA エリアにも
  上記と同く、「新規プロファイル」を選択し、
  上記と同じ情報を入力します。

これで、設定は終わりです。

なお、所々で出てくる
Pocket WiFiの管理画面にログインするためのパスワードは、
初期値で「admin」です。

また、もし、端末側で「pin」コードをきいてきたら、
初期値は「0000」です。

最初にも書いた通り、私は、
WAN接続(インターネット接続)のところで躓きましたが、
それには、上記2-(3)の
「プロファイル設定は2カ所で同じ情報の設定をする」ことで
解決しました。それに気づくまで時間を要しました。

★下のほうにあるもう一つの設定場所
Ymobile_a


もうトライするのは最後だと思って、念のため、
そこに同じ設定を入力をしたら、WAN接続に成功したわけです。

★WAN接続のマークがつかない(インターネットにつながらない)
Wan_2

★WAN接続に成功(インターネットにつながった)
Wan

Photo

この地球儀マークがでたときはうれしかったです。


なお、私の「Pocket WiFi 303HW」は、
端末情報でみると、
ソフトウェアバージョンは1.20でした。

月額475円(税込)の「データSIM ライトプラン」
繋がってまずホっとしているところですが、
今度は利用速度に注目したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2017

いつ死んでも、子供たちにかける負担を少しでも軽くしたい、そう願って毎年かけている保険。

私は「葬祭費用あんしんプラン」という保険に契約しています。
NP少額短期保険株式会社の保険です。

契約内容は、私が亡くなった翌営業日に
長女に保険金が支払われるというものです。
支払われる保険金は、2口契約なので60万円です。

この2口契約の年間保険料は、19,400円です。

この保険は確か、5年以上前から毎年更新しています。
この保険を知ったのは、
当時の朝日新聞か日経新聞の記事です。
記事を見てすぐに申し込みました。


身近な人が亡くなったときって、
それそれは心身共に大変な衝撃と負担が伴います。

悲しんでいる場合ではなく、
いろいろな手続きや手配を伴います。
お金もいろいろ必要となってきます。

そういうときに、残された子供たちの手元に
少しでも現金があると、
気持ちも少し楽になるのではと考えます。


私のわずかな貯金や株式等は
子供達に残しておきますが、死んだ直後に
それらの口座から現金を引き出すのはいろいろやっかいです。

生命保険等も死亡保険が支払われるまでは数か月かかります。


この「葬祭費用あんしんプラン」保険は、
亡くなったら即、支払われる、
そこに特徴がある保険です。


子供たち(長女と長男)には、
我が家を訪れるたびに、
私が亡くなったときの重要書類の置き場所を
同じところですが、伝えるようにしています。

★NP少額短期保険株式会社
葬祭費用あんしんプランの保障内容
https://np-ins.jp/products/fune_detail/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2017

産経よくやった!!「トランプ大統領の車列は何台?・・・・」の興味深い記事。

今週の昼休み、会社の自席で食事をしながら
ネットのニュースをみていると、大変面白いニュースに出会いました。

「トランプ大統領の車列は何台? ナンバーが同じ!? 全車両を撮ってみた」
http://www.sankei.com/photo/story/news/171106/sty1711060019-n1.html

来日中のトランプ大統領の
大統領専用車の前後を固める車列の長さを取材した記事です。
総勢35台だったそうです。


もし、勤めている会社がまだ赤坂見附にあったなら、
私、絶対、仕事中でも会社を抜け出してこの光景を見に行ったことでしょう。


それにしても、この報道、見事です。
35台を一台ずつ、全部撮っています。
さすがプロ!!

このニュースの一番上の写真、
白バイ3台を先頭に坂を下りながら車列が近づいてくる、
壮大で異様な様子がまざまざと伝わります。


記事の中に、
「都心部の幹線道路、トランプ米大統領の車列が通過する
約5分前には警察が全ての交通を止めた。・・・」とありますが、
この光景、手に取るように想像できます。

というのは、まだ会社が赤坂見附にある頃、
永田町の取引先で打ち合わせがあり、歩いて会社に戻る途中の、
永田町から赤坂見附に向かって歩道を下っているとき、
ちょうど右手に見える高速道路、なんかいつもと違う光景に気づきました。

車が一台も通ってない、あれ、えっ?・・・と思うと同時に、
向こう(四谷方面)から麹町方面に向かう、車列が登場しだしたのです。

「なになにっ??!!」と思って立ち止まって
高速道路を通る車列に注目していると、
一番の大型で高級車の後ろの座席のお二人の足元が見えました。

私が立ち止まったところは
一般道から高速道路を見下ろす位置でした。

その位置の角度からは、車内のお顔は見えませんでしたが、
当時の中国の国家首席の胡錦涛夫妻の車列でした。
ただし、その車列は確か10台前後だったと思います。

したがって、産経記事のトランプ大統領専用車の車列の壮大さ、
これは記録に残すべき取材だったと思います。

JFケネディ大統領の暗殺事件の資料公開が話題になっている時期と
ちょうど重なっているので、アメリカ大統領の車列の報道は
大変興味深かったです。

ちなみに、私はケネディ大統領が暗殺された日を覚えています。

当時私は小学生だったのですが、
長崎で親戚の結婚式があるため、
博多(福岡)の親類一同が国鉄長崎本線で移動中、
列車内で、親戚のおじさんの一人が
「アメリカの大統領が射殺されたらしい」と
立ってみんなに伝えていました。


もうひとつ、この記事で思い出したことがあります。

赤坂見附に会社があったころ、
国賓等が来日するたびに
赤坂見附の四谷へ向かう道路には、
その国と日本の国旗のセットが
車道に数メートルおきに延々といくつも掲げられていた・・・、
それはそれは見事でした。

通勤の度に高揚感を感じてました。
赤坂見附の大好きだった光景の一つです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2017

ロックされていたクレジットカード、カード会社のシステムに感謝。しかししかししかし・・・。

今朝、早速、職場の電話からクレジットカード会社に問い合わせました。

朝9時にカードの裏にある電話番号に電話したのですが、
「営業は9時半から」とアナウンス。

したがって、試しに電話の自動通話案内で、
「ご利用可能額照会」を調べようと
自動案内に従って、クレジットカード番号と暗証番号を電話機で
インプットしたのですが、「お調べできません」とかのメッセージ。

「ああ、やっぱり私のクレジットカードは、
なにかの事件に遭遇している!!」と改めて思った次第。
益々不安はツノリマス。

9時半になると同時に再び、
カードの裏面の電話番号に電話しました。

電話の自動案内に従い、いくつかの番号と、
クレジットカード番号と暗証番号をインプットすると、
割とすぐに電話オペレーターにつながりました。

「急にカードが使えなくなったのですが・・・」
というと、電話口のオペレーターの方の口調が、
こころなしか申し訳ないという感じの暗いトーン。

「折り返し担当者からお電話を差し上げます」という返事。
「どれ位でお電話を頂けますか?とても心配なんです」と伝えると、
「1時間以内にお電話を差し上げます」とのこと。

そうすると、約10分後に担当の方から電話がありました。
・現在使えないようにロックしている。
・その理由は、インターネットで不正利用と思われる利用があったため。
 その不正利用と判断したのは「某大手電機通販店での利用」でとのこと。
・私は確かにヨドバシカメラのネットサイトで400円未満のカード決済利用で、
 「そのカードは使えません」になってしまいました。
 しかし、不正利用されたのは、ヨドバシカメラではなく、
 別の大手電機通販店での某日の夜中2時台の
 8万数千円の利用が該当するとのこと。
 確かに私はそんな利用はしていません。

ということで、私は、
「なぜクレジットカードが突然使えなくなったか」の理由に納得できました。


実は「なぜ、私のクレジットカードが不正利用されているとわかったのか」
の質問にも担当者は詳しく教えてくれました。
でも、それはここには書きません。

書かない理由は、それをここに書くことによって、
犯罪者に「不正の手口の改善策を教える」ことにほかならないからです。

私は、そのクレジットカード会社のカードを作り替えることにしました。

それにしても、「不正利用を見抜いた」カード会社のシステムはお見事です。

しかし、クレジットカード利用はあくまでも「自己責任も重要なポイント」
ということを今回の事件で思い知りました。

しかししかし、やはり
「インターネットでのクレジットカードでの購入」の
便利さはかけがえのないものです。

更なるクレジットカード会社のシステム向上の願いと、
自分のセキュリティ管理の向上を認識しました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧