52 posts categorized "心と体"

September 26, 2017

今64歳、真剣に死後のことを考える中、遺影と遺灰の私の考えは「形として残さない!」

今日9月26日、日経新聞夕刊の15面は、
シリーズ「消える葬送」の2回目、
「死が富を生む-散骨や遺灰売却に賛否」でした。

記事は、遺影や遺灰処理についての記事です。

記事の中の、
‐‐‐焼却した遺灰の散骨については、
「個人が節度をもって行う場合には違法性はない」(法務省)---
の部分に安堵しました。

しかし、そのあとの文章には、納得しがたい、
それに便乗した商売の存在も書かれていました。


ところで、この記事で初めて知ったのですが、
「エンディング産業展2017」というのが8月下旬、
東京ビックサイトであったらしいのです。

葬儀業界の展示会なので、
やはり「商売」とは切り離せない出展であったとしても、
「死後」ということに一番の関心がある私は、
今、自分が求めている情報に出会えたかもしれないな、
と思いました。

私は今64歳ですが、いつ「死」が訪れてもいいように、
毎日を過ごしています。

私の「死への取り組み」、
「とにかく残された人々にできるだけ迷惑をかけない形」を模索しています。

残された人というのは具体的には私の場合、二人の子供です。
死んだからには自分で遺体を焼くわけにはいきません。

私の理想は「この世に物理的に何も残さない」ことです。
子供達には負担をかけたくありません。
まず「墓」はいりません。
彼らの心のかたすみに生きていることだけで充分です。

「心のかたすみに生きている・・・」、
そのためには少しでも「私を母として思い返してくれる」要素が必要です。
私は、生きている限り、それを少しずつでも積み重ねていきたいと思います。


今日の日経新聞の記事は「遺影」についても書かれていましたが、
遺影については、このブログでも書いたと思いますが、
マイナンバーカードの写真を横浜高島屋で撮ったとき、
「これって遺影に使えますか、その際どうしたらいいですか」と
質問しました。もちろん、係のかたは、ちょっと戸惑ってましたけど・・・。

そして、長女にはその手配の仕方も伝えています。

世間体もあるので、形だけでも葬儀が子供たちに負担なく進められる、
ということが、私の葬儀に関しては一番の希望です。

しかし、私は自分の遺影は残す必要は全くなく、
子供たちの心の中に、少しだけ残ってくれていればと思います。


そのためには、これからも毎日、
悔いのない生き方をしていきたいと思っています。

明日もまたその実行の日です。
精一杯、かつ楽しく面白く感じる、生き方をしたいと思っています。

★日経新聞 「消える葬送」「死が富を生む-散骨や遺灰売却に賛否」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21533120W7A920C1CC0000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2017

加齢とともに足も小さく縮まるのでしょうか??今日履いたパンプス、もうダブダブで歩くたびに靴が脱げていました。

今日は、上司とともに銀行に出向き打ち合わせ
の予定があったため、
スーツおよびパンプスのいで立ちで朝、家を出ました。

パンプスは今現在10数足ストックがある中、
たまたま収納から落ちてきたものを選びました。

そのパンプスは、確か、脳梗塞発病後、始めて履くのでは?と
一瞬思いましたが、そのまま出発しました。

ところが団地の9階からエレベーターで降り、
建物外に出た途端、その靴が、
ガッポガッポという感じで、踵が靴からはみ出るのです。

歩き難いっったら、まさにこの上なく歩き難い、
一歩前に進むたびに靴を履きなおす感じ・・・。

それでも何とか最寄りの駅にたどり着き、
いつものように電車を乗り継いで、
東京メトロ丸の内線に乗り込みました。

「本郷3丁目駅」から会社までは15分位歩きます。
「ガッポガッポ」「パッカパッカ」の靴で15分も歩くのは
さすがの私でも無理だと思いました。

それで、丸の内線車内で、両足の、
靴のつま先部分にティッシュペーパーを入れ込みました。


しかし、本郷三丁目駅で電車を降りて歩き始めると、
やっぱり、「ガッポガッポ」「パッカパッカ」、
歩くたびに、踵が靴からはみ出ます。

コレハタマランと、道の途中途中でティッシュペーパー
を一枚一枚、靴の先端に足して行きましたが、
それでも問題解決!!には程遠い状況でした。


10数足あるパンプスは、
ヒールの高さは5~6センチで全て23.5センチの靴です。

それらはここ10数年内に買った靴ばかりです。
「新しい靴は、必ず、かかとにマメができる!」状況も思い出しました。


しかし、それらの靴が、今や、
「ガッポガッポ」「パッカパッカ」。。。

その原因は「加齢とともに足も縮んでいる:という結論かなぁっ
と思ってしまっています。

そうと分かれば、まだまだ新しい10数足のパンプスは捨てます。

しかし、その行動の前に、、、
10数足のパンプス(脳梗塞発病後初めて履くものもありますが、、、)
果たして全部ダブダブなのか、
朝晩足の大きさが変わることも前提にいれ、調査したいと思います。

もし全部ダブダブということになれば、
確実に「加齢とともに足は縮まる」ということになります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2017

【「学校行きたくない」と言われたら】という記事をみて、私がそれを乗り越えられた言葉を思い出しました。

今日(9月13日)の日経新聞夕刊7面の大きな記事、
【「学校行きたくない」と言われたら】のリードを見て、
私は「ああ・・・今でもそういう事象が起きているのだ・・・」と思いました。

記事の詳細はまだ読んでいないのですが、
【「学校行きたくない」と言われたら】という文字列だけで、
当事者の親御様の心境が手に取るようにわかりました。

もう、20年以上前の出来事になりますが、
私の二人の子供のうち、一人が中学及び高校で不登校でした。
しかしその子は、今は社会人として、
そして自分がやりたい仕事にめぐり合ってしっかり生きています。

この経緯に至っては、簡単にお話できることではありません。
しかし、経緯をお話する前に、
もしその親御様たちに伝えられるならば・・・ということで
書かせて頂きます。


「学校行きたくない」と言われたら、
それはそれは親にとって何事にも仕事のことよりも優先順位一番のことです。

そのことで私は体を壊した位です。
それまで経験したことない、
心配と苦悩で私が悩んでしまった結果だと思います。


しかし、そういう場合、
なすべき一番の優先順位は、
「子供の立場に立って考える」ことです。

しかししかし、それすらも実行に移すことは難しい状況もあります。

しかし、しかし、しかし、私はそこで出会ったある言葉があります。
それは、「学校なんか行かなくていいのですよ」という言葉です。

当時勤めていた会社の社長からもらった言葉です。
てっきり、「事情を話したら、
・・・仕事よりも仕事を休んでお子さんを大切にしてください。・・・
という言葉が返ってくる」と思っていたら、
「まるっきり思いもつかない言葉」でした。


どんなにその言葉で私は勇気づけられたでしょう。

それにより、私は改心できました。
そして子供に状況を聴きだせ、そしてその状況も理解できました。

なお、社長の言葉だけでなく、私は次の二つの事象を乗り越えるバネとしました。
・学校に行く、義務教育、ということは明治時代からのこと、
 その前は学校の制度さえなかった。たった100年の歴史。
・詩人リルケ(たしかリルケだったと思います)は学校に行かなかった。


子供が学校に行かなかった日々は、
毎日毎日、夜中寝床で泣いていました。
「私の育て方が悪かったのだ・・・」と。

しかし一方で、子供から聴きだした主張(学校に行かない理由)も、
もっともだと思っていました。


「学校行きたくない」と言われたら、
どうぞ、お子様から状況を聴きだしてください。
その状況を聴きだすには親御様のお考えが、最大のポイントです。

★日経新聞
「学校行きたくない」言われたら
子どもの「ノー」愛で受け止めて/まず事情聞く。休む権利も認めて
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21062590T10C17A9NZBP00/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2017

Nokiaになって(その2) パソコンなら全部を一画面で見れます。しかし・・・

先月の25日、このブログで、
体重計アプリ「Nokia」について書きました。

2012年から使っていた「Withings」の体重計。
それがNokiaに買収されて、アプリも変わりました。

なんといっても一番の不満は、
「使い始めの2012年から今日まで」の
体重を一画面で見れないようになったこと。

ここ1週間前くらいから
スマホの画面に「ALL」という表示もでてきましたが、
横にスクロールして画面を替えて見る仕様。

横にスクロールするうちに目盛りが上下するので、
全く「一覧」の機能は果たせてません。

何度も言いますが、「Withings」のときは、
iPhoneの1画面で全期間が見れていたのですから、
このアプリは、全くのスペックダウンです。


ところが、パソコンでは、一画面で全期間が見えるようです。

★パソコンの全期間画面
Pasokon


なお、パソコンでは、
Nokiaブランドになって「Journal」という画面が、
新しく追加されました。

ここ数日の体重の変化を瞬時にとらえるには便利な気がします。

★パソコンのJournal画面
Jounal


Nokiaに「スマホでAllが一画面で見れない」という
クレームをしようと思ったのですが、
HPにはそういう窓口がないようです・・・。
トホホ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2017

脳梗塞を発症して今日で2年2か月目に入りました。

2年前の6月9日に脳梗塞を発症して、今日で2年2か月目に入ります。

右手と右頬のしびれ、そして右足全体のブラブラ感。
一向にそれらの症状はよくなる傾向がみられません。

しかし、悪くなる様子もないようです。

いつもこのブログに書いていることですが、
「高血圧」+「高血糖値」+「ストレス」、
この3つが重なったときに、脳梗塞は再発する、と
私は自分に言い聞かせています。

「ストレス」これは、もともと鈍感なわたしだったので、
これを制御するというか感知することはいまだにできません。

「血圧」これは毎朝、OMRONの血圧計で測っていて、
ここ数か月は上が110前後下が70前後という感じです。

「血糖値」これは自宅では測っていません。
測定器を持ってはいるのですが、少し手間がかかるので、
「体重」管理で「血糖値」を想像しています。

今月21日、2か月置きの検査に行くので、
もしその時に血糖値の値が悪かったら、
管理を厳重にしたいと思っています。


ここ数か月、体調で確信したことがあります。
それは右足裏と右太ももにあるしこり。
だからといって、それらは痛くもありません。


右足裏のしこりは、そういえば2年前発病した時、
入院中から歩いているときに感じていました。
発病前まではそういうことを感じたことがありませんでした。

暫くずっと靴のせいと思っていたのですが、
違う靴を履いていてもなにかしこりのようなものを感じるということは、
足の裏のどこかにしこりがあるものと思います。

そして、右太もも。これは、触らなければわからないのですが、
ずっと同じところにしこりがあります。


これで思い出すのが、
2年前退院したあと、週に1回くらい通っていた「手もみん」でのこと。

私は昔から肩こり(特に左)が激しく、娘から誕生祝にもらっていた
手もみんの有効期限8月までのチケットがたくさん残っていたので、
ちょうど2年前の今頃「左の肩こりを解消」したく
手もみんに通ってました。

毎回違う人が担当してくれていたのですが、
共通して終わりがけに言われていたことは、
「左より右に問題があります」。

私は左側の肩が凝っていたので、
そこを集中的に揉んでほしかったのに、変だな・・・
と思っていました。

しかし、今考えると、
2年前に脳梗塞になったときに発生したときにできたしこりが、
全身のあちこちで私が触れないところにあるのかな・・・
なんて、思います。


それにしても、このシビレ。
ずっと一生残るのだろうなと思います。
うまく病気とつきあっていくことが重要ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

「iPad mini 16GB」がどうも2,800円(税別)で入手できたみたいです。。。

今日、土曜日、自宅でパソコンを操作しているときに、
メールがNiftyから届きました。
Titleは「@nifty レンタルサービス 最低利用期間満了のご案内」。

タイトルだけでは???で、メールの本文内容を読むと、
レンタルをしていたApple iPad mini 16GBのことでした。

要約すると、「iPad mini 16GB」について、
最低利用期間満了後は、
月々980円で2年間レンタルするか、
2.800円(税別)で買い取りするか
の選択があるという内容でした。

そういえば、ちょうど2年前に脳梗塞を発症し、
退院後暫く自宅休養だった日々、一番に着手したのが、
通信環境およびコストの整備でした。

  発病前まではそれはそれはモーレツな
  仕事第一の日々でしたので、
  自宅でパソコンを使うことも時間が限られていました。

  しかも当時、なぜかインターネット接続が不安定な状況でした。
  その原因すら、トコトン追及できないくらいのモーレツな日々でした。


ということで自宅待機となって、
一番に着手したのが自宅の通信環境だったわけです。

プロバイダのNiftyにまず電話して相談しました。

私の住まいは公団(今は都市整備機構ですが)の団地で、
当時しきりにポストにインターネット接続に関するチラシが入ってました。

詳しいことは忘れましたが、Niftyに電話でそのチラシの話をすると、
「もっとお得では?」と思えるようなキャンペーンの案内がありました。

それは、要約すると「iPad mini 16GB」の貸し出しを無料で行っています。
ということだったと思います。

したがって、私は、
「@nifty auひかり マンションタイプ都市機構」
の契約に切り替えることにしました。


この2年間、「Apple iPad mini 16GB」は、
月額レンタル料   1,580円
そして、割引 -1,579円で、
毎月1円のコストで「iPad mini」が使えていたことになります。

「iPad mini」は仕事上、欠かせないツールでした。
特に、システム開発の検証ツールで大いに利用させてもらいました。

今日届いたメールで、
よくわからなかったのが、買取の部分です。

これまで2年間ほとんど無料で使えていた「Apple iPad mini 16GB」
まさか、買取価格が「たった2,800円」はないだろう・・・。
今後2年間月980円でレンタル後に2,800円で買取できるということか・・・
とか思ったのですが、、、、、

真相を確かめたく、Niftyに電話すると、
私の場合、8月1日をもって2,800円で、
この「Apple iPad mini 16GB」は所有権は私に移る、とのことでした。


ちなみに、Niftyのサポート電話はすぐつながり、
電話対応の二人は、とても親切で対応がとてもよかったです。


くどいのですが、
「たった2,800円でApple iPad miniが入手できる」ということが、
とても信じられないと、電話サポートの人に伝えたのですが、
「(Nifty)au光回線キャンペーンをご利用いただいていたので」という
ご回答でした。

1990年以来、25年以上、Niftyを利用していますが、
直近ではNifMo(格安スマホ)だけでも満足していたのに、
なんか大きなプレゼントをもらった感覚です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2017

今日の記事で、このブログの500件目の記事になります。

おかげさまで、この「のりっきぃ・バー」ブログは、
この記事で500件目になります。

このブログを始めたのは2004年9月20日、
殆ど毎日書くようになったのは、2015年11月12日。

毎日書くようになったきっかけは、
私がその同じ年の5か月前に脳梗塞を発症してからでした。

できるだけ毎日書くようにしたきっかけは、
いくつかの動機があります。
大きく2つでしょうか。

その2つの動機の一つはまだ明かせませんが、
そのうちのもう一つというのは、今、明かせます。
そして、ほぼその動機となった目標は
今日現在、達成できていると言えるかもしれません。

その目標というのは、
脳梗塞という命に関わる病気を発生して以来、
いつどうなって(死)も後悔しない生き方をしたい、
具体的には
私に関わる周りの人に誰にも迷惑をかけない生き方をしたい、

そして、突然どうなったとしても、
周りの人たち、特に二人の子供たちには、
どうやって毎日を過ごし、
どう考えて生きてきたのかを記しておきたい、
というものです。

実はまだ、このブログの存在は、
二人の子供にも、職場にも、親兄弟にも、友人にも
つまり誰にも明かしていません。

とはいえ、このブログを応援している方がいらっしゃることを励みに、
引き続き、IT・シニア・生き方等を中心に、
感じたことを述べ続けたいと思います。

引き続きご支援をお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2017

朝の通勤電車で立って読んでる「Enjoy Simple English」、英語脳を養えてるかな・・・

脳梗塞を発病して、今月から3年目に突入しました。

朝の通勤は、京浜急行→JR東海道線→東京メトロ丸の内線を利用しています。
東京駅からの丸の内線は下りなので座れますが、
京急、JRはいずれも座れません。

脳梗塞になる前は、朝の通勤電車の中で吊革にぶら下がりながら、
日経新聞を小さく折り曲げて読んでました。


しかし、病後は、さすがに、
通勤電車に乗るだけで精一杯。

もちろん相変わらず座れず、立ったままですが、
ほとんど目を閉じて、かといって眠るわけでもなく、
体力の消耗をできるだけ抑えることに
暫くの間は衷心しました。

電車内で朝、字を読むのは、
さすがにつらかったように思います。


ところが最近は、体力が少しずつ、回復してきたのでしょう、
電車の中でぼーっとしているのはもったいなく感じ始めました。

といっても、満員電車の中で新聞を小さく折りたたんで、
読むほどの体力・気力はまだありません。


かといって、「スマホ」を見るのは、イヤです。
iPadもiPadminiもアンドロイドパッドも数台、
持っていますが、それらを使って本や新聞を読むのはイヤです。
おそらく、紙で私が情報を得るときにする行為と同じ方法が、
こういう電子機器で、まだ見つからないからだと思います。
 紙で私が情報を得るときにする行為とは、
 記事の切り抜きおよび収集整理です。
 近いうち、私の「記事の切り抜き整理」について
 このブログでレポートしようと思っています。

満員電車の中の話に戻しますと、
かといって、文庫本を読むほど手の握力はまだ回復してません。

そういう状況で、今ハマっているのが、
「Enjoy Simple English」のテキスト。
★「Enjoy Simple English」
Text

これは、軽いし、小さく折りたためるし、
なんといっても私の英語力でも、割とすらすら読めます。
★「Enjoy Simple English」の中身
Nakami

英語の勉強法の一つに多読という方法があります。
とにかくスーッと英語が脳に入ってくる実感があります。

土曜日はまとめて「らじる★らじる」で、
放送を聞いています。(ついでに録音もしています)
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
ちなみに毎日聞くならば、5分/日の英語です。


このテキストは1冊540円(1月1冊)です。
なんとその月を聞き逃したとしても、
年度の後半に、再度同じ放送があります。

したがって、年度の前期で6か月分揃えておけば、
1年間もつということになり私にとってお得感があります。

このテキストのコピーにあるように、
―――辞書がなくても「読めた」「聞けた」を毎日体感!―――
が実感できています。

「継続は力なり」
続けられる小さな毎日の行動を積み重ねて、
少しでも成長できるといいなと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2017

「Withings」から「Nokia」ブランドになって、たちまちプアになった体重計アプリ

私は、2012年1月から5年以上、毎朝「Withings Body Cardio」の体重計で
体重を測り、体調管理に役立てていました。

★「Withings」体重計
Withings


あとで詳しく述べますが、
この体重計「Withings」のスマホアプリはとても便利でした。

★このブログの2015.11.26に掲載したグラフ
3years

使い始めてから当日までの全体のグラフです。

ところがところが、先ほどスマホを見ると、
強制的に「Nokia」のアイコンになっていました。
そしてタップすると、強制的にNokiaのアプリを
インストールさせられました。

無理もありません。
フランスのヘルスケアIoTメーカー「Withings」は、
「Nokia」に昨年買収されていたのです。

★健康IoTのWithings、Nokiaブランドに今夏統合へ──日本でもNokia製品が並ぶように
http://japanese.engadget.com/2017/02/27/withings-nokia-nokia/


買収されていて仕方がないとはいえ、
これまでの「Withings」ユーザーにとって、
「Nokia」のこのアプリは使い勝手が悪くとっても不満!!


●「Withings」アプリがよかった点・・・
-----------------------------------------------
私はド近眼で、体重計にのっているときは、
まだコンタクトレンズを装着していないため、
表示される数字が見えません。

「Withings」の体重計は、
Wi-Fiでインターネットに自動的に繋がり、
クラウド上に体重を自動記録してくれるので、
朝の通勤電車でスマホでその日の体重をチェックしてました。
自動的に表示されるグラフで、
傾向もチェックしてました。

グラフは、ピンチイン・ピンチアウトで、
使い始めてから5年以上の全期間を1画面でみたり、
反対に、ここ数日のみを大きくみたりと
表示する期間を自由に設定できてました。


●「Nokia」アプリになって一番がっかりしている点・・・
--------------------------------------------------
もう、なくなってしまったものに対して
クドクド不満を述べるのもなんですが、
今日、強制的にインストールされたアプリ、使い勝手がイマイチ。

一番がっかりした点は、
表示されるグラフにおいて、
自由に期間を設定できないこと・・・・。

★Nokiaのアプリ
Nokia


「週」「月」「クォーター」「年」をタップすれば、
その期間をグラフで表示してくれるのはいいのですが、
その他の期間で表示できなくなって大いに不満です。

消費者として、Nokiaにこのこと伝えてみましょう、と思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2017

脳梗塞と下痢、この関係、いまだ0.05%解明できていませんが・・・。

今日、この私のブログに、
「脳梗塞 下痢」の検索キーワードで
来て頂いた方がいらっしゃったようです。

脳梗塞を2年前に発症し、それ以来、毎日5種類の薬を飲んでいます。
その中には「血液をサラサラにする」薬も含まれています。


話は飛びますが、脳梗塞発症後数か月から約1年近く、
モーレツな下痢に襲われてました。

  なお、今は落ち着いていますが・・・。

もちろん、1年近くとはいえ、365日毎日ではありませんでした。
しかし、この症状が出始めた最初の数か月は確か毎日だったと思います。


なにしろ、「馬のおしっこ」のように、「円柱の下痢」なのです。
つまり、お尻からもう、じゃーっと水の下痢がでてしまうのです。

  ※「馬のおしっこ」は円柱のようにじゃーっと出る・・・
    これはたしか日経新聞で確か
    作家の小池真理子氏が書かれたコラムで知りました。

このコラムを読んだとき、私は、
まるで私の下痢と一緒だ!!!と思いました。

なにしろ、よく腸の中にこんな水分があったものだ!!!
と思えるくらいの水流としては勢いのよい下痢です。

ひどい時は1日に何回もあるので、たまりません。
また、なぜかこんなにたくさんの下痢をしていても、
ちっとも痩せませんでした。


一番困ったのは、
アレッと思ってトイレに駆け込むのですが、
間に合わない時が何度もあったことです。


主治医の先生お二人に状況の原因をお尋ねしても、
投入薬と下痢は「ほぼ関係はありません」とおっしゃいます。

それで、あるとき、私がふと気づいたのは、
内服ではない塗り薬の「ステロイド」軟膏や液体でした。

小鼻の周りがただれていたため、
皮膚科で処方された軟膏を使っているときと、
妙に下痢の時期が符合するのです。
  ちなみにこの軟膏、ただれが一日で治りました!!
しかし、数日塗り続けます。
  さらに、数週間立つとまた小鼻の周りがただれてくるので、
  また処方された薬をぬります。

  その繰り返しでした。

それと、このブログでも書きましたが、
白髪染めでどうしても頭皮に負担をかけていた(とにかくかゆい)私が
巡り合えた、市販薬、ロート製薬の「メディクィックH GOLD」。

この薬は私の頭皮のダメージを一気に解決してくれました。
しかし、薬の説明書をみていると、微妙に、
「ステロイド」が入っている様子でした。


とにかく、仕事で外出するときは紙おむつが必需品でした。

年齢とともに体質も変わるので、
この下痢の原因が脳梗塞と関係している100%の確証はありません。

ただし、これまでも書いてきたように、
脳梗塞+ステロイド系薬品は、95.5%関係があると思います。


最後に、
確か1週間前位、久しぶりに「円柱の下痢」を1回もよおしました。
突然なので、おむつはつけてなかったのですが、
幸い、トイレに駆け込み着席と同時に●●ゃっ~~!!!!。

トイレに間に合ったときのシアワセ感!!!
最高!!!と小さな喜びを満喫しています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧