6 posts categorized "経済・政治・国際"

May 24, 2018

山崎豊子「大地の子」。今日読んだところ、文庫本第3巻の「妹よ」の章、号泣しました。

この半年近くは、通常業務に加え、会社の転居関連の業務で
大変忙しい毎日でしたが、それでも好きな本は、
チビリチビリと読み続けていました。


そのうちのひとつは、山崎豊子著「大地の子」です。

文庫本は4巻ありますが、今、
3巻目の5分の4くらいのところを読んでいます。

本当に日々、チビリチビリですが、そういう読み方でも
さすが山﨑豊子と言えるのでしょうが、
読み始めた途端、これまでのその小説の人物が蘇ります。

今日も帰りの電車の中でよみました。

 電車ではいつもは、その日の日経と朝日の朝刊を読みます。

 約3年前、脳梗塞を発病してからというものの、
 朝の超満員の通勤電車で「新聞を小さくたたんでよむ」体力は
 まだ蘇りません。
 ほとんど目を閉じて、数を数えながら乗っています。
 従って新聞は帰りの電車で読み始めます。

ただし、ここ数日、「大地の子」の展開が気になって仕方ありません。
したがって、新聞はほぼ斜め読みにして、
帰りの電車で読み始めるという毎日です。


しかし、「大地の子」の小説がどう展開するのか、
私は具体的にどこで感動したかなどをこのブログで書くと、
ネタバレになってしまい、
これから読む方には読書の妨げになることもありうります。

しかししかし、今日読んだところ、文庫本第3巻の「妹よ」の章で、
読みながら号泣したことだけはこのブログで書きたいと思いました。。


世界ではいまだ、どこかで戦争が行われています。
戦争は、子供たちが一番悲惨な目にあう、
こんな残酷な状況をこの小説は教えてくれています。


★大地の子 WikiPedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%AD%90

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2018

亡くなられたグエン・ティ・スアンさん、「大地の子」の主人公「陸一心」と重なり、どんなに辛いご一生だったかと改めて思いました。

今日の朝日新聞に
「ベトナム残留兵の妻『ハルコ』さん死去」という記事がありました。

「ハルコさん」とは、このブログで、昨年の2016年3月に書いた
「グエン・ティ・スアンさん、どんなに辛い一生だったでしょう。(天皇・皇后両陛下ベトナム公式訪問)」
のグエン・ティ・スアンさんです。

今日の新聞記事では、
「スアンさんが皇后さまに駆け寄って抱擁する姿が広く報じられた」
とありますが、当時の報道で見た映像の記憶では、
スアンさんは駆け寄ってません!!!

93歳のスアンさんは、美智子妃が近寄るまで椅子に座って静かに待ち、
そして立ち上がって穏やかに美智子妃に接していました。

その立ち姿はとても気品に満ち、凛としてとても美しかったです。


グエン・ティ・スアンさんのことは、確か、
NHKの特集番組でその生きざまを知りました。
今でも記憶にあるのは、スアンさんが日本語の歌を歌っている映像です。


昨年の3月にこのブログでも書いたように、
日本人との間に4人の子供を持ち、それ故に差別も受けられていたようです。

その差別の実態は、最近読み始めた「大地の子」(山崎豊子著)で、
今、具体的に想像できます。

「大地の子」の主人公「陸一心(ルー・イーシン)」は、
日本人の残留孤児ですが、日本人であるが故に、
それはそれは想像を絶する過酷な仕打ちを受けています。
中国とベトナムではその差別や仕打ちの程度は異なるかもしれません。

また、「陸一心」は小説の主人公ですが
「陸一心」とスアンさんは、
並外れた精神力と生命力で共通するものを感じます。

日本人の妻として母として、
そして女として生きてこられた93歳のスアンさんは、
私にとって生き方のお手本であり、忘れてはならない存在の一人です。

★ベトナム残留日本兵妻「ハルコ」さん死去 両陛下と面会
https://www.asahi.com/articles/ASL1M51M6L1MUHBI024.html

★「ハルコ」さん死去 ベトナム残留兵の妻
https://www.asahi.com/articles/DA3S13321679.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2018

「大地の子」、第1巻を読み終えました。日本人孤児がこんなに残酷な仕打ちを受けていたとは・・・。読みながらいつも気持ちが引き締められます。

昨日、文庫本「大地の子」の第1巻を読み終えました。
「大地の子」は山崎豊子著の中国残留日本人の生涯を描いた小説です。

★WikiPedia「大地の子」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%AD%90

昨年11月から読み始めている小説で、
並行して読んでいる書物がいつも数冊あるので、
少しずつ少しずつ読んでいます。

「大地の子」は、主に土曜と日曜の電車の中で読んでいますが、
いつもページを開いた途端、あらすじがすぐに思い出せ、
ぐいぐいと小説の世界に惹きこまれます。

4巻ある文庫本で読んでいますので、
まだ4分の1しか読んでいないことになるのですが、
第1巻は全体を通して、一言でいうと「過酷」でした。

第2次世界大戦で日本が敗戦国となり、
中国に残された日本人孤児が
中国の人々にどういう扱いをされたか、が切々と書かれており
同じ日本人として本当に身が引き締まる思いです。

こんな過酷な世界で、主人公の松本勝男、
中国名、陸一心(ルー・イーシン)は見事に生き抜いています。
強靭な精神力としかいいえません。

あと4分の3、一体どうなるのでしょ。
さらに『小日本鬼子(シャオリーベンクイツ)』という
日本人が故の過酷な人生が続くのでしょうか?

上記のWikiPediaを最後まで読めば、
この小説の結末がわかるのでしょうが、あえてそれは見ません。


昨年暮れの朝日新聞に、
---------
NHKで、山﨑豊子の「大地の子」は、当時の
胡耀邦総書記の協力?があったからこそ取材ができ、
そして書けた、とかいうその小説に関わる番組があった
---------
という小さな記事を目にしました。

その番組の再放送を探したりしましたが、見つけられませんでした。

どちらにしても、今の日本、そして私たち日本人は、
そういう歴史があったことを十分に認識して、
常に世界の平和を願って生きていかなければならないと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2016

「トランプ大統領」と決まった今、遭遇した本「最新世界情勢地図」

今日は、自由が丘の歯医者さんに行きました。
もう40年近く通っている歯医者さんです。

自由が丘は結婚して最初に住んだ街です。

当時から「自由が丘」でしたが、今も「自由が丘」というのは、
さすが「自由が丘」です。
こう述べる理由は後日話す機会があるでしょう。

ところで、歯医者さんに通うたび、
自由が丘での楽しみの一つが、本屋をのぞくこと。

歯医者さんは東急東横線の自由が丘南口にあるため、
立ち寄る本屋は「ブックファースト」です。

本屋は、同じチェーン店でも地域により、
陳列が異なり、その地域性が楽しいものです。
ブックファーストは、銀座店とこの自由が丘店によく通います。

その自由が丘店で、今日、見つけた本が、
「最新 世界情勢地図」
★表紙
Photo_4

特集コーナーで、トランプ次期大統領に関する本と
並べて展示していました。


正確な本の題名は、
「増補改訂版 最新 世界情勢地図」

副題として「地政学最良の入門書」とあります。

たまたま今日、娘がうちにきましたが、
彼女によると、「地政学」という言葉は、この本から生まれたとのこと。

トランプが米国の次期大統領になることにより、
「グローバリゼーションの時代」から「内向き政治の時代」に
なると、私は予想しています。

この本は、「国際共同体という命題」をはじめ、
「米国から見た世界」、「日本から見た世界」などの項目で
左に図説、右にその解説という構成になっていて、
見た目もわかりやすそうです。

私の今の関心事にぴったりの内容です。

★国際共同体
Photo

★米国から見た世界
Photo_2
Photo_3

今日の21時からのNHKスペシャル「“トランプ大統領”の衝撃」は、
「トランプ 大統領の誕生が、日本に与える影響は?経済は?安全保障は?」
という内容でした。

★NHKスペシャル “トランプ大統領”の衝撃
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161112

この番組で気づかされたことは、
・トランプはまだ政治的な真実を知らされていない
 (つまり、これから方針が変わる可能性もある)
・日本しかできない役割がある
ということでした。


トランプ次第で、世界は大きな岐路に立たされます。

そういう中で、この本に出合ったことはラッキーでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2016

参院選、日本テレビの「出口調査」に出くわしました。

今日、参院選の投票所を出てすぐ、ほんとに出口で、
タスキをかけた女性から、
「日本テレビです、出口調査にご協力をお願いします」と
声をかけられました。

うなずくと、A4の黄色の紙を挟んだバインダーとペンを手渡されました。

調査項目は下記でした。
1.性別
2.年代
3.選挙区では誰に投票したか(候補者一覧に○)
4.比例代表区はどの党を記入したか
   (これは、選択式ではなく、なぜか政党名を自分で書く形式)
5.いつもどの党を応援しているか(政党名一覧に○)
6.どういうポイントで投票したか
  (たしか、このような問いで、
   「景気・経済」「外交」「介護」「教育」・・・など10数個の
   項目から該当のものに○)

以上、答えてバインダーを戻すと、
「日本テレビで今夜8時から放送しますのでよろしくお願いしま~す」
とのこと。

私が投票した人は当確になったようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2016

個人番号カード(マイナンバーカード)、入手しました。

先週の土曜日(5/28)、横浜市中区区役所でマイナンバーカードを入手しました。

パスポート持ってない、運転免許証も持ってない私にとって、
唯一の身分証明書になります。

住民基本台帳カードは没収されました。
今年の確定申告時、私の不注意でパスワードを3度間違えて
ロックされた電子証明書も新たに交付されました。

★個人番号カード表
(住所、生年月日、写真は、フォトショップでぼかしてます)
Myn


★個人番号カード裏
(個人番号とQRコードはフォトショップでぼかしてます)
Myura_n2

この記事を書く際に、個人番号カード一式の写真を撮ったのですが、
もらったカードケースにある仕掛けがあることに気づきました。

★もらったカードケース
Photo


★もらったカードケースに入れた個人番号カード表
「臓器提供意思」欄と「性別」欄が隠れています。
_n

※「臓器提供意思」という場所があることに今、気付きました。
私は、是非提供して少しでも医学の進歩にお役に立てればと思います。


★もらったカードケースに入れた個人番号カード裏
「個人番号」欄が隠れています。
N2

なお、このカードをもらったのは先週土曜日、5月28日でしたが、
システムが不調でした。
暗証番号がうまく稼働するかどうかの確認のシステムに、
不具合があるとのこと。


当日、出向いたとき受付であらかじめ、事情の説明はあり、
1.40分以上待つ
2.改めてカード受け取りのため出直す
3.郵送でカードを受け取る
の3つから選択してくださいとのことでした。

私は、1を選びました。
これまでの最短は40分だと聞いてましたので、
ほぼその時間で受け取れたことになります。

個人にとって大きなメリットは、
平成29年1月よりコンビニで
住民票の写し、戸籍証明書、印鑑登録証明書などが受け取れることでしょう。

デメリットは、個人情報が確実に番号で名寄せできるために、
「悪いこと」をしている人は、バレるでしょう。

頑丈なセキュリティのもとで、
個人にとってのメリットが大きくなる制度となることを望みたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)