58 posts categorized "映画・テレビ"

September 23, 2017

私の「Ferragamo」と千葉尊親方、昨日の「ドキュメント72時間」を見ながら思い出しました。

昨日9月22日のNHK「ドキュメント72時間」は、
「男が靴を磨くとき」でした。

JR有楽町駅すぐ横の東京交通会館の1階で営む
靴磨き職人さんに集まる男性たちが主人公でした。
番組のフォーカスはどちらかというと、
磨いてもらう男性たちが主人公でした。


ここで私は数年前、赤い革靴を磨いてもらったことがあります。

この職人さんたち、実は有名で、
昔はJR有楽町駅のガード下に店を構えていたらしいのですが、
今は、東京交通会館の1階(といってもビルの室外)で営まれています。

私は靴にはこだわるほうですが、
その中でもお気に入りの一足に、
フェラガモの赤いベタ靴があります。
表だけでなく裏も、そして靴底も全部皮製です。

オードリー・ヘプバーンが「ローマの休日」の
映画ではいていた靴が連想できる形でした。

この靴は銀座通りのSalvatore Ferragamoのお店で買いました。

どちらかというと朱色に近い赤ですが、
赤い靴クリームを使って、自分で磨いてはいましたが、
長年履いているためか、パッとしません。

そういうとき、もう5~6年以上前になりますでしょうか?
もっと前かも知れません。
当時、新聞等でこの靴磨きの職人さんが、
かなり話題になっていました。

私のこの靴もこの職人さんにピッカッピカにしてほしく。。。。
でも、女性が靴を磨いてもらうのは…とか、
赤い靴はいいのかな・・・とか、
少し躊躇していたのですが、ある土曜日、勇気を出していきました。

そうしたら、バッチリ、この職人さんグループの親方の席になったのです。
新聞等でみていたお顔なのですぐわかりました。

私は、
「いいですかぁ?お願いします。。。。お気に入りの靴なんです。。」
と言いながら座りました。

そして、磨き始められたのですが、
その親方、数分後に「この靴、フェラガモだね!!と言いました。

どうしてそれがわかるのだろっとビックリして
「どうしてわかったのですかっ?」と尋ねると、
「ほらここにっ」と指さされたのが、この場所。

★私の赤い「Ferragamo」の靴(小指付近)
Ferragamo


この靴、最近は履いてなくて、お手入れもしていないので、
傷んだ様子がバレバレですが、たしかに
「Ferragamo」という文字が見えます。

私、その職人さんが言われるまで、
「ただの縫い目」だと思っていました。

さすが、有楽町で沢山の人の靴を磨いてこられただけあります。


10数分後、ピッカピカに生き返った靴。
お礼を言って歩き出しましたが立ち止まっては眺め眺め、、、、。

その方は、千葉さんとおっしゃる方です。
そのときお名刺もいただきました。

★千葉スペシャル
http://www.kotsukaikan.co.jp/clinic_service/service/307/


今日土曜日、自宅でネットサーフィンしていたら、
たまたま下記の特集にめぐり合いました。
たしかAllAboutから、たどり着いたページです。

★千葉尊親方が率いる「千葉スペシャル」
https://form.allabout.co.jp/special/119/12/

昨日のテレビでは、
コードバンの靴を磨いているときに、
「粘りがある」とお話されていたのが千葉さんです。

昨日の番組、再放送が来週土曜日の朝あるようです。
★ドキュメント72時間「男が靴を磨くとき」
http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-09-30/21/4858/1199189/
このNHKのページの写真が千葉さんです。

★Salvatore Ferragamo
https://www.ferragamo.com/shop/ja/jpn


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2017

テレビはあまり見ない私が見た、今年の「日テレ24時間テレビ」について

私は、テレビはほとんど見ません。

テレビを見るのは、
平日は朝と夜の着替えのときだけ。
ただし、金曜日の夜の「タモリ倶楽部」はみます。
プラスそのあとの眠くなるまでの番組。

土日は、今は「ブラタモリ」位。
「ダウントン・アビー」が放映されていた時はそれも見てました。

あとは、新聞の特集記事で話題になっている番組とか、
予告編で面白そうな番組を単発でみます。

それくらいしか私はテレビを見ないのですが、
それにしても、今年の24時間テレビは、自分でもよく見たと思います。

先日も書いたようにそれは、
・羽生選手と郷ひろみのコラボ
・阿久悠のドラマ
・三浦祐太朗の歌
この3つの番組をみたいためにその前後も見ていたに他なりません。

この3つはいずれも期待どおりでした。

●まず、羽生選手と郷ひろみのコラボ。
音響がよくなく、郷ひろみの声以外は音が弱かったです。
これはとても残念でした。
音楽あってのフィギュアスケートです。

しかし、羽生選手の4回転ジャンプ2回とトリプルアクセル1回は、
いずれも大成功で、この演技を満喫できました。


●次に、阿久悠のドラマ。
これは、森昌子のスター誕生決勝大会の時などの
ホンモノの映像を織り交ぜ、
現実味のあるドキュメンタリードラマに仕上がっていました。

阿久悠が、詩を書くとき、
新聞各紙のスクラップ記事を参考にし、
思いつくキーワードを並べて言葉を紡ぐところも、
とても参考になりました。

●最後に、三浦祐太朗の歌
彼が両親に感謝の気持ちを述べるところ、
とてもいい青年に育っていて、
三浦友和と山口百恵は、
理想の夫婦だけでなく、理想の子育てをしてこられたのだな。。と
実感しました。


24時間マラソンについては、昨日今日と、
ネット上でいろいろな意見が述べられていますが、
「ブルゾンちえみ」さんのランニング姿は、
とても美しかったです、と私は言いたいです。

派手なアイメーク(これはこの番組で知りました)と
パフォーマンスのよう(実はまだその実態を知りません)ですが、
走る姿とゴール後の言動をみて、
内面はとても理知的で、周りを思いやれる方だとお見受けします。

なにしろ、
「もうだめだと思っていても少しでも生き残るチャンスを自分で掴む」
この姿勢に私は勇気づけられています。実際、彼女はそれを成就しました。

ということで、あまりテレビをみない私が、
今年の24時間テレビの数々の番組に出会え、
更なる勇気をもらえたと、「告白」、します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2017

「ブルゾンちえみ」さん、知的で美しかったです。

今年はなぜか、日テレの24時間テレビを見てしまいました。
ずっとではないのですが、要所要所を・・・

私が見たかったのは、
・羽生選手と郷ひろみのコラボ
・阿久悠のドラマ
・三浦祐太朗の歌
この3つです。

これらはしっかり、見ました。どれも感動しました。

しかし、それ以上の私の感動は、
「ブルゾンちえみ」さんです。

「ブルゾンちえみ」という名前と写真は、
最近よくヤフーニュースなどで見かけていました。
強烈な化粧が印象的で、よくニュースにでるというのは
話題の人なのだろうなと思ってたくらい。


「ブルゾンちえみ」。
動いているのは、昨日初めてみました。
マラソン出発前の映像です。
しかも、後ろの二人の男性はなんだろう・・・と
思ったくらい、初めて。

今年の24時間テレビのマラソンランナーは
当日発表とのことも「なんか話題になっているなぁ・・」
とその関心も少しありました。


今日は夜の8時半くらいからずっと
24時間テレビを見ていましたが、
ブルゾンちえみさん、走る姿がとても美しかったです。

また、伴走するスタッフに対する受け答えの表情や姿も
とても理知的でした。

お顔についてですが、独特なメークのために、
ちらっとどこかのネットニュースでみた「化粧落ち」の懸念、
これが全くなく、目の周りのメークはしっかり保持されていました。
やっぱり、これは、どこのブランドだ!!って、
今後話題になるでしょう。

それよりも私が美しいと思ったのは、
ブルゾンちえみさんの口元と肌でした。
特に口元、90キロ走ってきたにもかかわらず、
疲れも見せず、とてもきれいでした。


武道館に着いて、ゴールにたどり着き、
2人組ユニット「ブリリアン」と「ブルゾンちえみ with B」の、
もちネタの格好をしたのも、とてもステキ!!!でした。


なにしろ、私は、このマラソンで、
「ブルゾンちえみ」という人の実像を知りました。

ところで「ブルゾンちえみ with B」は、
名前と存在とも、さっき、Wikipediaで調べた位、
昨日まで全く無知でした。


しかし、ブルゾンちえみのような方の、
このマラソンで見せた姿や結果は、
私をはじめ多くの人に感動を与えたと思います。


くじけず、頑張りましょう!!!
絶対、先には良いことがありますってね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2017

ダウントン・アビー DVD、これはお得です。それはネットやテレビでも見れない特典映像です。

先日、このブログでご紹介したように、
私はダウントン・アビー シーズン1のDVDを
アマゾンで税込み1,776円で買いました。


英語の勉強をするために、映像も字幕も英語で見ていますが、
DVDならではの特典映像があり、
これだけでも1,776円を出費した価値があります。

それは、映像をみながら製作者が会話する映像
「特典メニュー 音声解説」です。
★特典映像
Tokuten


例えば、第1話の場合、
1時間8分余りのドラマ映像を見ながら、
監督のブライアン・パージヴァル
脚本、製作総指揮、企画のジュリアン・フェローズ、
製作総指揮のギャレス・ニームの
各氏がおしゃべりをするのです。

その中身は、
・このドラマを作ろうとした背景
・このドラマで伝えたかったこと
・各シーンの思い出
・俳優たちの個性、成果
・撮影現場
・ハイクレアの書斎の話
などなど、製作者「ならでは」の話が満載です。

例えば、最初にハイクレアで撮影したシーンについては、
「とても寒くてタバコの煙が吐く息を消してくれた」
などなど。。。

ダウントン・アビーのファンの皆様、
絶対、このDVDはお勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2017

ダウントン・アビー、最終シーズン6もAmazonプライムで見れます!!!

今日、ふとネットで、Amazonプライム・ビデオサイトを見ると
なんと、ダウントン・アビーは、シーズン6も全作提供されていました。

7月23日、NHKで放映されたダウントン・アビーの
最終シーズンのさらに最終回、とっても良かったです。
涙も出ました。


それで、今、私はその感激を再び味わいたく、
Amazonプライム・ビデオで、
そのシーズン6の最終回を最初に見ました。


いやいや、最終回で何度も感動した場面が早速蘇りました。

どういうところに感動していたかというと、
(実はメモリながら見たのですが・・・)

・ロバートが、イーディスの義母になる人に「今言わないと後悔しますよ」
 と言った場面
・その義母がパーティのあとにイーディスに行った言葉
 正確な言葉は忘れましたが、イーディスを深く理解した言葉でした。
・イーディスとメアリーの姉妹の会話
・ローズがロバートにコーラの仕事現場を見せたところ
・バローがカーソンの後任の執事になると決まったシーン
・バイオレットが、「コラムニストを副業としている」と知った
 使用人スプライトにかけた言葉
 (バイオレットの言葉は、いつもユーモアにあふれていました。
  名言が多いのですが、この最終回でもそう感じました。)

などなど。


固有名詞で書いているので、
ダウントン・アビーを見ていない人は、
さっぱり何のことだか…と思いますが、
この最終シーズンの最終回だけをみても、
「実に人間愛に満ちたドラマ」だったということを思い知りました。

まだダウントン・アビーを見たことがない方は、
この際、是非、最初からご覧ください。

絶対、どなたもハマリます。


なお、私は、英語の勉強のため、
「音声は英語、字幕も英語」で見れるDVDを買いました。
その話は後日・・・。

★シーズン6もアマゾンプライムビデオで見れます。
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B073ZM87LR?ref_=aiv_dp_season_select

★ダウントン・アビー公式ページ
http://downtonabbey-tv.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2017

ダウントン・アビーの最終回でみた、新年明けてすぐに歌われた「蛍の光」

ダウントン・アビー、昨日7月23日、とうとう終わりました。
このドラマに私がハマったポイントはいくつかあります。

その中で3つ挙げるとするなら、
 1.会話の妙
 2.衣装
 3.オープニングの映像
でしょう。

ダウントン・アビーのサイトに
「ダウントン・アビーのキーワード」というページがあります。
http://www.downtonabbey-tv.jp/special/

第1話から第10話までのキーワードが説明されています。
そういえば、これらのキーワードの「出来事」にも私は魅かれていました。


テレビは終わりましたが、次に私が実行したいことは、
このダウントン・アピーを、
「英語の音声」+「英語の字幕」で見ることです。

今「シンデレラ」でそれを実行していますが、
英語の力が一番養われている感触を得ています。


ところで「蛍の光」。

日本では大晦日に紅白歌合戦で歌われますが、
なんと、昨日の最終回では、
「蛍の光」が年が明けてすぐに歌われていました。

上記のキーワードのページの説明では、
「イギリスやアメリカ合衆国などでは大晦日のカウントダウンで年が明けた瞬間に歌われている」とのこと。
へぇ~~のトリビアでした。

※「ダウントン・アビー」のサイト
http://www.downtonabbey-tv.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2017

ダウントン・アビーとシンデレラの共通点、見ッケ!!それは「呼び鈴」

ダウントン・アビー、NHKでの放送は、
いよいよ明後日23日が最終日ですね。

このドラマは、シーズン1から6まであって、
それぞれシーズン毎に約10話ずつありました。


私は、たまたまシーズン4のある1話を
NHKでみてしまって、それからハマってしまった次第。

なんとか、その前のシーズンを見れないものかと
ネットで調べたら、アマゾンプライムに
シーズン1~3(当時)の全作があることを見つけました。


いうまでもなくすぐに数日かけて、全部を見ました。

飽きることなく、次から次とみてしまいましたが、
全世界でいろんな記録を作っているだけあって、
すぐれたドラマだと思いました。

明後日の最終回で、私は、
結果的に全シリーズを1話も欠かさず見ることになります。

こんなに長丁場のドラマにハマったのは初めてです。
なお、シーズン6は、全部、英語と日本語字幕で見ています。
この経験も私にとって初体験で、
そういう意味でも、一生のうちで一番記憶に残るドラマになると思います。

ところで、余談。

つい最近のこのブログでも書いたように、私は、
ここ数日、100円DVDのシンデレラにハマっています。

そのシーンの中で、「アレっ?ダウントン・アビーと同じだ!!」
と思ったシーンがありました。

それは、、、、「ベル」です。

★シンデレラの「ベル」
Shinderera


★ダウントン・アビーの「ベル」
Yobirin

この2つは同じ時代の話だったのですね。
ま、ダウントン・アビーは、
シリーズ1ぐらいの時代と見たほうがいいと思いますが・・・。

とにかく、ダウントン・アビーは、
明後日が最後の最後の最終回。
今からソワソワです。
みんなどうなるのでしょう???

★いまではシーズン1~5まで見れるアマゾンプライム
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00VL7XWG0?ref_=aiv_dp_season_select

シーズン6も無料で見れるようになるのも時間の問題のようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2017

100円ショップで見つけた「(DVD)シンデレラ」、コスパは1,000%の価値あり。

今日は久しぶり100円ショップの「キャンドゥ」に行きました。
久しぶりなので、全陳列棚をチェック。

今日は、100均を11個ほど買い物しました。
その中で、とても気に入ったのが、
DVDの「シンデレラ」。

★シンデレラのパッケージ
Package


Package2


音質・画質は当然よくないのですが、
600ピクセル幅で見るには十分です。

それになんといっても、
英語の音声と英語の字幕で見ることができて、
英語の勉強にとても役立ちそうです。

「シンデレラ」の中で歌われる歌は、よい歌が多いし、
何しろストーリーもよい。
夢を見続けることの大事さを教えてくれます。

この歳になっても、
「Dreams come true!!!」と信じています・・・。

★映画のいくつかのシーン
Photo

1

Photo_2

2

2_2


★メニュー画面とセットアップ画面
Photo_3


Setup

ここで私は、
「LANGUAGES」と「SUBTITLES」いずれも、
「ENGLISH」を選んで、
音声も字幕も英語で見ています。

約1時間14分の動画です。

以前、ダイソーで買ってきたおなじような製品、
「トム&ジェリー」の100円DVDをこのブログで紹介しました。
英語の勉強ならこの「シンデレラ」が良いです。
なにしろ、セリフが多い。

キャンドゥには、ほかにも、
白雪姫、ファンタジア、ガリバー旅行記などもありました。
全部そろえても数百円なので、少しずつ
買いためて勉強の糧にしたいと思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2017

あと2回となってしまった「ダウントン・アビー」、映画化のニュースが出ました。

昨日、6月25日の「ダウントン・アビー」は、
ファイナルシーズンの第8回でした。
最後のほうは涙が出てきました。

今回は、登場人物が激しく言い合いをするシーンが印象的でした。

ひとつはメアリーとブランソン、
もう一つはメアリーとイーディス。

気の強いメアリーは、この2つの会話で、
やっと自分の立場・気持ちを自覚できたようです。

涙が出てきたシーンは、
イーディスとメアリーの仲直りする会話シーンだったでしょうか?
イーディスの言葉に「姉妹」や「家族」の大事さがにじみ出てました。


それと、全く別次元ですが、
モールズリ―の教師ぶり。これにも熱いものを感じました。
学校のやんちゃな子供たちが彼を認め、
姿勢を正してしっかり学ぼうとするシーン。

ほかにもみんないろいろな立場で、
お互いを認め助け合う姿・・・。

たまたま偶然、ある日の「ダウントン・アビー」を見て、
ハマった私です。
確かシーズン4の途中だったと思います。

Amazonプライムで、プラス料金なしに
シーズン1から見れたのですぐにそれまで放映分を全部見ました。


最初は衣装に魅かれて見始めたのですが、
話の展開が適度に広がっていくストーリーそのもののプロットに
魅かれて、ドラマの醍醐味を体験しました。


そのいきさつはこれまでもこのブログで何度か書きました。

今日久しぶりに、「ダウントン・アビー」で検索していたら、
下記のホットニュースに出くわしました。

★英人気ドラマ「ダウントン・アビー」映画化企画が進行!2018年に撮影開始か
http://eiga.com/news/20170626/9/
楽しみですね。絶対、見に行きます。

そして、下記のニュースも見つけました。

★キャサリン妃のスタジオ訪問!
http://www.downtonabbey-tv.jp/news/2017/05/0522.html
シャーロット王女がまだお腹にいる頃の写真ですが、
サイトに掲載されたのは、先月のようです。

上記のサイトから、キャサリン妃のスタジオ訪問!の動画も見れます。


このダウントン・アビーオフィシャルサイト、
まだまだ面白い記事が満載でした。

★ダウントン・アビーオフィシャルサイト
http://www.downtonabbey-tv.jp/


あと2回となったダウントン・アビー、
どういう結末になるのか、楽しみです。

★NHKサイトのダウントン・アビー
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/downton6/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2017

荻原 浩著「神様からひと言」、昨日届きました。それにしても、そのドラマ、見れなくて残念です。


このブログで6月8日に書いた
前々日に突然放映中止となったNHKドラマの原作本
荻原 浩著「神様からひと言」 (光文社文庫)が
アマゾンから昨日届きました。

★届いた「神様からひと言」の本
Photo


面白いなと思ったのは、
放映ドラマ宣伝の帯が外されずに届いたこと。


これで思い出したのが、
先週土曜日の6月10日でしたか、
朝日新聞朝刊の「お詫び欄」のメッセージ。

そのメッセージを要約すると、
「土曜日配達の新聞は、当初、小出氏のNHKドラマ主演の
 インタビュー記事を掲載していた。
 それが突然の報道で、ドラマは放映中止になり、
 その中止になった理由も含め、
 急いでその紙面を抜き取る作業を行ったが、
 それが間に合わなかった地域が一部発生した可能性あり。」
という内容の記事でした。

この事件により、派生的に、新聞社までも
ドタバタの対応をせざるを得なかったことが伝わりました。


ちなみに横浜在住の我が家には、
全く別人のインタービュー記事が掲載されていました。


話をもとに戻すと、
昨日6月14日にアマゾンから届いた本、
堂々とドラマの帯がついたままでした。


そのドラマのコピーをみても、
大変面白そうなドラマであったか、想像つきます。
なにしろ、私が偶然見た予告編の内容と一致します。


ちなみに、届いた本の1ページ目をちらっと読んだのですが、
いきなり「プっ!!!」しました。
おそらく私の読書経験のなかで、
1ページ目から笑いをもらえたのは初めて、、、のはずです。

読みかけの本が多数あるなかで、
これは優先順位を上げて早く読んでみたい!!!と思わせる、
物語の出だしでした。

ということは、私がNHKの予告編で見た、
今では幻のドラマとなった、
【神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~】は、
原作がこうですから、かなり面白いドラマだったに違いありません。


小出氏を初めて知ったのは、
私のメインバンクである横浜銀行のイメージキャラクターだったときです。
当時の私の彼のイメージは「真面目で都会的な理知的な青年」でした。

ちなみに、今の横浜銀行のイメージキャラクターは、
サッカーの長友選手です。
きっと横浜銀行は、今、何度も胸をなでおろしていると思います。


ネット等いろいろなメディアで見る「ニュース」には
「フェイクニュース」も含まれます。

小出氏に関する報道も、これでもか!!と思うくらい、
いろいろなメディアでいろいろなニュースが流れています。

小出氏の行動はひとこと「ワキが甘かった」につきると思います。

それにしても、ドラマ、みたかったなぁ・・・と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧