17 posts categorized "スポーツ"

June 20, 2018

コロンビア戦を見ていて思ったこと、「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」それは「チームにおけるコミュニケーション」+「自分の意見を自分の言葉で言える発信力」が成しえた結果ではないか?

昨日のサッカー「日本対コロンビア戦」、
幾度となくバチバチと拍手をしながらテレビの試合生中継をみました。


昨日帰宅後すぐ、いつものようにテレビをつけたら、
サッカー中継をやっていて、なんと
「1:0」日本が得点しているではありませんか!!!

これは見なければ!!と思い、
いつもは着替えたらすぐにテレビは消すのですが、
昨日は試合終了までしっかり見ました。


結果、日本は勝ちました。

確か世界ランキングで
コロンビアは16位、日本は61位ではなかったでしょうか?
そういう格上のチームに勝ったというのはスゴイことです。


サッカーのことはよくわかりませんが、
ただ、チームで戦うスポーツだけに、
私はそれをビジネスに置き換えて勝利した要因を分析してみました。

  ビジネスは一般的に会社という「組織」で動きます。
  「組織」つまりチームで、メンバーそれぞれが
  各自の役割を果たしてこそ成果をあげることができます。

  先日、このブログで紹介した
  小柳ルミ子氏の本のコメントにもありましたが、
  チームプレイのサッカーはビジネスの世界でも通用する
   戦術が潜んでいます。


昨日の試合後、まず私が感心したことは、
テレビの各選手へのインタビューにおいて、
インタビューアーの質問に、各選手が、質問の意図を掴み、
的確な言葉ですらすらと回答していることです。

「自分の意見を自分の言葉で言える発信力」が高いと思いました。
プラス
「勝っていても課題を見つけ次につなげる」という姿勢にも感心しました。


そして、なんといっても、勝因は
「チームにおけるコミュニケーション」がうまくいっていたからだと思います。

ハーフタイムの控室で、
「各メンバーが自分のチームでなすべき役割」を
監督やチームメンバーの意見を心底理解し、
自分のハラに据えこむことができた!!
(のではないか)その結果だと思います。

もちろん、各選手の
身体能力とテクニカル能力とメンタル力が高いことは前提ですが、
昨日のメンバーには、プラス、
高いレベルでコミュニケーション能力が備わっていた、

それが「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」という
西野監督のコメントの背景と思います。

★朝日新聞夕刊「反骨の指揮官、攻めた 日本白星発進 サッカーW杯ロシア大会」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13548998.html?iref=pc_ss_date

なお、横浜版の上記と同じ記事のリードは、
【反骨の指揮官攻めた「ちっちゃい奇跡です。とてつもなく」】です。

なんという名言でしょう。

つぶれかけている私が勤めている会社にも
同じことを起こすにはどうしたらよいか!!
つまりはまず「メンバーのコミュニケーション」
という示唆をもらった気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2018

今週のAERAの表紙は「イル・ヴォーロ」、なぜ、今?という疑問は払拭できず、でもまぁいいや。

昨晩、帰りの電車で朝日の朝刊を読んでいると、
「AERA」の広告が目にとまり、さらに表紙は「イル・ヴォーロ」

彼らの来日は去年だったし、なんで今頃・・・と疑問に思ったので、
早速、今日の帰り、「AERA」を買いました。

★「AERA」今週号
Aera

ざっと中身を見た限り、「表紙の人」のコーナーに、
彼らの記事がありました。

★表紙の人
Kiji

記事を読んでいると、やはりこの記事のもとになっている
インタービューは昨年のものと思われる内容と写真。

でも、これまで私が抱いていた3人の仲の良い様子が、
ありありと伝わります。

やっぱり彼らの「オー・ソレ・ミオ」は名曲。
イタリア人による、しかも
若々しいエネルギーみなぎる「オー・ソレ・ミオ」

記事の中で、彼らの「オー・ソレ・ミオ」が、
軽妙なタッチで述べられているので、フォンは必読です。


この記事をみて、またまた彼らの「オー・ソレ・ミオ」を
映像付きで聞きたくなりました。

★Il Volo - 'O Sole Mio


そして羽生結弦選手の「SWAN(ノッテステラータ星降る夜)」が
「スポーツ」というジャンルを越えて芸術作品になっている要素の一つは、
彼ら「イル・ヴォーロ」の歌唱力との融合でもあると思います。

★羽生選手 平昌オリンピックの「SWAN(ノッテステラータ星降る夜)」
[カナダCBCフランス語実況] 羽生結弦 2018 平昌五輪EX
http://www.nicovideo.jp/watch/sm32798351

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2018

Readyforで仙台市天文台に5,000円寄付したプロジェクト、羽生選手のエキシビション「星降る夜」とも関連があった。

先日、このブログで私はReadyforで仙台市天文台に5,000円寄付したことをお知らせしました。
3.11のあの日の出来事は絶対に忘れられない、そして忘れてはいけない、
というのが私が仙台市天文台のプロジェクトに共感した理由です。

昨日、仙台市天文台のコメントを詳しく見ていると
こんな記事に出くわしました。
--------------------
星降る夜を忘れない…あのフィギュアスケートの羽生結弦選手も、震災当時、満天の星を眺めていた事を私たちは後から知りました。
--------------------
★「星降る夜」を忘れない(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180322/ddm/016/070/021000c

羽生選手が、この曲に取り組んだ経緯は、
以前このブログでご紹介しましたが、
ロシアのタチアナ・タラソワから「踊ってみて」とこの曲を教えられたこと、
さらにこの曲はサンサーンスの「白鳥」を原曲に、
イタリアのユニット「イル・ヴォーロ」が
「 Notte Stellata (The Swan) 」としてリリースしたナンバーを
そのまま使っていること、
そして、羽生選手が3.11で感じた想いがこの曲に秘められていること、
この3つが合わさって実現した演技です。

その演技は、いつもいうように、本当に芸術作品です。
サンサーンスとイル・ヴォーロとタラソワ氏と
振付のデビッド・ウィルソン氏と
羽生結弦選手のそれぞれの才能が結集した
本当にいつ見ても、どの演技も素晴らしい作品です。

★平昌オリンピックエキシビジョン
[NBCサイトより] 羽生結弦 2018 平昌オリンピック EX
http://www.nicovideo.jp/watch/sm32798367


★仙台市天文台の挑戦。被災地を照らした3.11の星空を全国へ。
https://readyfor.jp/projects/sao311?utm_source=mailmag&utm_medium=NEWS145&utm_campaign=sao311

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2018

今年の「箱根駅伝」のテレビを見ながら・・・アレコレ

今年は初めて、1月2日と3日両日とも「箱根駅伝」のテレビを見ました。

2日間とも中継を生で見たのはおそらく初めてです。

といっても、ずっとスタートからゴールまで見ていたわけではないのですが、
往路の山登りと、復路の要所要所とゴールはしっかり見ました。

「見る、見たい」その理由としては、
大きくTBSドラマ「陸王」が影響していたと思います。

茂木選手こと竹内涼真を指導した青山学院大学の原監督、
監督が率いる今年のチーム。
4連覇をかけて果たしてそれを成し遂げるのか・・・。

実際それが実現し、大変素晴らしい偉業だと思います。


箱根の山登りでは、最近
「富士通アメフトのマネジャーになった柏原」が
話題になっていることもあり、それもテレビ中継をみたい動機の一つでした。
やはり、往路5区では中継アナウンスに「柏原選手」の話が
幾度となく出てました。


箱根駅伝は、私は2014年に東京芝の増上寺付近の沿道で、
娘と一緒に箱根駅伝を応援したことがあります。
その日もとっても晴れて、いいお天気でした。
選手たちは「あッ!!」という猛スピードで通り過ぎてました。


また、確かその前の年までは、
10年以上年末年始も出勤してましたので、
「箱根駅伝」とのつながりは「JR横浜駅」横須賀線ホームから見える
沿道の「のぼりばた」でした。

職場についたらネット情報も楽しみでした。
ネットの地図上に選手の現在の位置が表示されるのですが、
ネット情報の進歩とともに、その表示は年々進化してきてました。

今年、2日間、テレビの生中継をみていて
「おかあさんが・・・」「実は難病にかかっていて・・・」という
実況中継のアナウンスは、聴いていて胸にこみあげることが何度もありました。


さらに、後追い情報で、
日経新聞や朝日新聞、それにネットニュースで、
「箱根駅伝」裏話ナルものが次々に情報発信されています。

これらのニュースを目にするにつけ、やはり、
「ナマ箱根駅伝」を見ていたからこそ、
さらなる感動や、トリビアに接することができています。

そうそう、今年の復路は風がとても強いという
実況アナウンスがありましたが、
ここ横浜でテレビをみていても、
確かに窓ガラスに、並々ならぬ突風を感じてました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2017

今日も、イル・ヴォーロの話題。来日した彼らのインタービュー記事を見ながら、、、

今日、会社でヤフーのニュースチェックをしていると、
下記の記事に出くわしました。

★イル・ヴォーロが羽生結弦へエール「ダンスと音楽が一緒になった素晴らしい演技を見せてほしい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000552-sanspo-ent

羽生結弦選手のエキシビション曲「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」の話題にも触れています。


このブログでも私は、
・羽生選手の「ノッテ・ステラータ」は芸術作品。
・イル・ヴォーロの「Notte Stellata(The Swan)」をそのまま使っている。
・この曲は、タラソワ氏が羽生選手に「踊ってみて」と紹介した曲。

タラソワ氏の解説を翻訳してくれている映像を見つけました。

★タラソワ氏の解説が入った羽生結弦選手「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」
http://ceron.jp/url/www.nicovideo.jp/watch/sm30212238
タラソワ氏は「この曲を偶然聴いて、彼に贈ったの」と発言しています。
(1:08のところ)。

「日本人の女子たちが廊下で『この音楽をありがとう』と言ってくれて
とても嬉しかった」ともタラソワ氏は言っています。(5:31のところ)

上記のURLはニコニコ動画の映像ですが、視聴者のコメントも面白いデス。
また、私と同じくこの演技をみて感激している人がほとんどというのも
共感できて嬉しいデス。


私の夢。
イル・ヴォーロが生で歌いながら羽生選手が演技するのを見ること。

とにかく、この演技、音楽とスポーツが融合した永遠の芸術作品と思っています。

ああ、12月1日、川崎のコンサート会場で、イル・ヴォーロは
どんなにして歌ってくれるのでしょう!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2017

フィギュアスケート、羽生選手の今シーズン最初のSPとフリー


フィギュアスケートは私の大好きなスポーツです。
もちろん見るだけですが。

選手たちは数分間の演技に、渾身の力で臨みます。

音楽に合わせての演技は、
技術力だけでなく表現力も問われます。

9月22日、羽生選手はショートプログラム(SP)で
世界歴代最高得点の112・72点をマークしました。
★羽生結弦 オータムクラシック2017 ショート演技 (解説:英語)
http://www.fgsk8.com/archives/post-62238.html
ショパンのピアノ曲「バラード第1番ト短調作品23」

私でもわかる見事なジャンプとステップです。


しかし、フリーでは打って変わって、転倒や回転不足。
★羽生結弦 オータムクラシック2017 フリー演技 (解説:英語)
http://www.fgsk8.com/archives/post-62433.html

フィギュアスケートの繊細さを感ぜずにはいられません。

しかし、フィギュアスケートの今シーズンは始まったばかり。

羽生選手は、今大会の結果において、次のような言葉を残しています。
「集中力の弱さはスケート人生の中で永遠の課題」
「悔しさという大きな収穫を手に入れられた」
とまたしても彼なりの名言です。

私が彼に見習いたいことは、
失敗は失敗、しかし、それを力の糧にして「次」に臨む、
この前に向かう姿を与えてくれることです。


ところで、この羽生選手の演技を見てるうちに、
YouTubeになってしまって、新しい映像を見つけました。
それは下記。
★浅田真央(mao asada) ソチ伝説のフリー ~ 演技中の実況解説無し 【疑似4K 高画質 高音質 永久保存版!】
https://www.youtube.com/watch?v=ZjZc6gDCZNI

荒川選手の解説のこの映像は何度も見ているのですが、
確かに確かに高画質・高音質です。

しかし、ソチオリンピックの浅田真央選手のフリーの演技、
今日も涙してしまいました。
いつもなぜかこの演技を見ると、泣いてしまうのです。
ラフマニノフの音楽がそういう構成になっていることもアリと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2017

IL VOLOの日本初来日。でも東京は売り切れ、なので川崎公演をゲットしました。

「IL VOLO(イル・ヴォーロ)」は、このブログで何回かご紹介しました。
イタリアのテノール3人ユニットです。

このグループを知ったきっかけは、
羽生結弦選手の2016Exivision「Swan」。
サンサーンスの原曲とは言え、
とても優雅な演奏が気になり
ググったら彼らの名前が出てきたわけです。

ところで、昨日、生協の注文書を書いていたら、
チラシに「IL VOLO」チケット販売が掲載されていました。

それで、今日ネットで調べたら、日本公演は、
東京(11/29)と川崎(12/1)の2回だけの公演ということがわかりました。

両方とも平日なので仕事の帰りでは東京のほうが都合がいいです。

しかし、東京公演はすでにソールドアウトでした。
それで、開演には遅れる覚悟で、川崎の公演を予約しました。

そのコンサート会場「川崎市スポーツ・文化総合センター」は、
今建設中で、オープンは来月のようですね。

★川崎市スポーツ・文化総合センターのサイト
http://acxs-kawasaki.esforta.jp/
愛称は「カルッツ川崎」と決まったとか。

川崎市にはここ横浜に引っ越す前に、10数年間住んでいて、
さらに今も毎日電車で通過しているのに、
こういう施設が建設中とは知りませんでした。

このサイトには、IL VOLOの「日本のファンへのメッセージ」があります。
★IL VOLO  Notte Magica ~魅惑の夜~
http://acxs-kawasaki.esforta.jp/performance/1289/
56秒くらいの動画で、彼らは英語であいさつしています。


★IL VOLOの公式サイト
http://www.ilvolomusic.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2017

フィギュア国別対抗戦のエキシビション、魅了されました。

今日の日曜日、
休日出勤→美容院(今週の銀行周りに備えて)で、
夜は20時頃に帰宅できました。

帰りの電車で見た新聞のテレビ番組欄には、
テレビ朝日でフィギュアスケートのエキシビジョンを放映している様子。

今シーズン最後の羽生選手の「ノッテステラータ」を見たく、
帰宅後すぐにテレビをつけました。

このエキシビジョンの番組で、私は
ペア、アイスダンスの演技を久しぶりにみました。


もともと私は、フィギュアスケートの興味は、
男女がペアになって競技するペアとアイスダンスでした。

ところが、羽生選手の出現、浅田真央の話題とかで、
シングルだけに関心をもつここ数年でした。

久しぶりに見たペアのエキシビジョン、
フランスのバネッサ・ジェームス/モルガン・シプレ組の演技は、
アクロバット的な要素がバンバンはいっていて目を見張るばかり。

そしてアイスダンスは、カナダの
ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ組が、
「ゴースト」の音楽に合わせてとても優雅に美しく踊っていました。


やっぱり、男女がペアで踊るフィギュアスケートはいいなっと、
あらためて感じました。

そして、今日のテレビの一番の収穫は、
ロシアのメドベデワ選手の、
「おしおきよっぉ!!」の演技。

「美少女戦士セーラームーン」のコスチュームで、
セーラームーンを見事に演じ切っていました。

テレビで見ているとはいえ、演技がおわったときは、
思わず拍手してしまいました。
素晴らしかった!!!!

「これ(メドベデワ選手のエキシビジョン)をテレビで
(演じた)その日のうちに全部見れた!!」という満足感を、
今、ひたすら感じています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2017

浅田真央選手、ソチのフリーの演技はいつ、何度みても涙がでます。

引退表明をした浅田真央選手。
メディア各社が驚くほどトップニュースで報じています。

これらのニュースで、
浅田選手のこれまでの成績、行動、言葉などなどで、
私たちが共感するところや、教えられていることなど
いろんな方面で多々あることに気づかされます。

さらに昨日の会見の様子も、ほんとうに感動しました。


浅田選手の人格は、人々の心をいい意味で揺さぶる力をもっています。
64歳の私でも、26歳の彼女に尊敬を抱き続けています。


フィギュアスケートは前から好きでしたが、
どちらかと言えば、アイスダンスなどペアの競技に興味を持っていました。
したがって、男子も女子もシングルはあまり関心がありませんでした。


しかし、ソチオリンピック開催中、
森元首相が「(浅田選手は大事なところで)必ず転ぶ」といった
というニュースが流れて、私は浅田選手を是非応援したく、
たしか深夜だったと思いますが、
テレビの生放送を珍しく見たのでした。


そして、そのフリーの演技・・・・。
会場の雰囲気も同時に私に伝わり、
もう感動、感動、感動でした。
そして、浅田選手と一緒に泣いたことを思い出します。

そして、今となっては「世に語り継がれる世期の演技」を
生で見られ、感動をナマで共有できたことは、
そのきっかけを作ってくれた森元首相に、
シニカルですが感謝です。

なにしろ、その発言がなければ、
私は生でその演技は見ていません。
 なお、「生放送」と放送局がいっていても、
 本当にナマとは限らないかもしれませんが・・・・


私は、浅田選手のソチ・フリーの演技は、
それを振付したタチアナ・タラソワ氏が解説している
下記のURLの映像が大好きです。


★浅田真央 ソチオリンピック FS ~ タチアナ・タラソワさん" 涙の解説 "
http://www.fgsk8.com/archives/51877523.html

ロシア語は全くわかりませんが、
タチアナ・タラソワ氏の感動の様子が伝わってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2017

フィギュアスケート2017世界選手権、羽生結弦選手のフリー演技、動画で見て感激ヒトシオ!!


昨日、4月1日土曜日の夜、ヤフーニュースを見るとなんと、
「羽生結弦逆転V」とあるではないですか!!!

実は、前日SPで5位だったので、
私は全くあきらめていてフジテレビの放送は見てませんでした。

あわててテレビのスイッチを入れると、
表彰式の直前で、羽生選手と宇野選手がリンクサイドで
呼び出しを待っているシーンでした。

まぁ、表彰式はテレビで全部見れたわけですが、
期待していたよくある、
「それでは羽生選手の演技を最後にもう一度みてみましょう・・・」は
ありませんでした。

今日の朝刊は、朝日も日経も、
羽生選手のフリー演技について、
「羽生 超越」などの見出しで演技の凄さを解説。


見なかったことを反省しつつ、
ネットでいつか動画は見れると思っていたら、
なんと、早くも下記のサイトでバッチシ、フリーの演技を見れました。


羽生結弦の完璧を超えた完璧な演技に「神」「現実がアニメを超えた」と驚きの声
https://www.buzzfeed.com/tatsunoritokushige/yuzuyuri?utm_term=.khel2Peyj#.uqz6qQowk

フリー演技の動画が見れるのは、画面下のほうの、
「羽生選手の世界新記録のフリー演技の動画。美しいです」という
見出しのところです。

映像のソース元はどこかわかりませんが、
音もよく、バッチシ羽生選手の演技が見れます。
解説は全く入っていませんが、
バッチリ世界選手権の男子フリー演技が全部記録されています。

各選手のキスアンドクライの音もバッチリ入っています。

羽生選手のときは、特に音量が鮮明で、
オーサーコーチらとの英語の会話もバッチリ聞こえます。
Photo


また、羽生選手の場合、
会場の得点発表時、
「223.20点!!!世界最高記録を塗り替えた!!!!」と
興奮しているアナウンスの様子もバッチリわかります。

それに、ネットや新聞の写真で報道されている、
羽生選手のいわゆる「オタケビ」のシーンは、
ほんの一瞬であり、彼は謙虚にこの点数を受け止めているというのも、
全部記録している映像ならではでわかります。


とにかく、「きれいな4回転ジャンプをいくつも成功し、
しかも美しいフィギュアスケート」を体現した、
歴史に残るフリー演技です。


さらにさらに、羽生選手の英語のインタービューもバッチリ、
見れます。


なんといっても、この動画で、
彼の演技のひとつひとつが「わー!!!」と会場を沸かせ、
彼がそれを力として最後まで演技する状況が手に取るようにわかります。


著作権の関係でいつまで上記の映像が
ネットで見れるかわかりませんが、
羽生選手の演技は、3:15:45くらいから。
そして英語のインタービューは、4:07:30位からです。

この映像は、私は個人的に楽しむために、
B's動画レコーダーで録画しました。
幸いにもうまく録画できたようです。

とにかく、「これぞ!!フィギュアスケート」
を表現する羽生選手の努力と研鑽に
日本人として誇りに思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)