« 100円ショップで見つけた「(DVD)シンデレラ」、コスパは1,000%の価値あり。 | Main | 納得いかないけど、クレームにもエネルギーがいるので今回はパスします。 »

July 17, 2017

経理では「しゃくにゅうきん」ではなく「かりいれきん」という「借入金」


ずぶの素人が経理を担当し始めて2年半になろうとしています。
引継ぎ時、前任者からは概要だけを引き継ぎ、
その後は一人で経理を担当してきました。

唯一の頼りとなるのは、
前任者の「勘定奉行」の仕訳です。

しかし、その仕訳は、いい加減なところもあり100%正確ではないので、
躓いて転んでばかり。


翌月あるいは年次で修正しながら、なんとか、
経理業務を2年半担当している私です。


そういう中、今日はじめて気づいたのが、
「借入金」の読み方。

私は今日まで「しゃくにゅうきん」と読んでましたが、
経理というか簿記では「かりいれきん」と読むのが正しいのですね。

娘と電話で話しているときに初めて気づきました。


仕事は経理業務だけでないのですが、
2年半経って、まだまだ自信をもてないのが、
前払費用、未払費用の処理。

PLに反映させてないことが時々あります。

資産と負債、収益と費用のこの4つの関係を
捉えられてない証拠だと思います。


とはいえ、これらは、極端にいうと、BSもPLも
年次決算のときに修正は可能です。


しかし、キャッシュフローは今を正確にとらえておく必要があります。

とにかく日々の経理業務の中でキャッシュフローだけでも、
見落としや間違いを起こさないように、手探りで気をつけています。


とはいえ、2年半にもなろうとする経理業務において
「間違いがあったら『おかしい』!!」とすぐわかる、
直感というか「ハナ」を少しでも早く養いたいと思っています。

|

« 100円ショップで見つけた「(DVD)シンデレラ」、コスパは1,000%の価値あり。 | Main | 納得いかないけど、クレームにもエネルギーがいるので今回はパスします。 »

仕事」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/65547903

Listed below are links to weblogs that reference 経理では「しゃくにゅうきん」ではなく「かりいれきん」という「借入金」:

« 100円ショップで見つけた「(DVD)シンデレラ」、コスパは1,000%の価値あり。 | Main | 納得いかないけど、クレームにもエネルギーがいるので今回はパスします。 »