« 星野富弘 花の詩画展に行ってきました。 | Main | Amazonランキング上位にあった「鉄のバイエル」、届きました!! »

June 13, 2017

生協の真っ赤なトマト、美味しかったです。しかし「トマトの物流」って、ほんとは何が正しいのか・・・を模索中。


火曜日は、「おうちコープ」の配達日です。
生協の商品はかれこれ30年以上利用しています。

生協の品物には絶大な信頼をおいています。
新鮮・安全・美味しい・確かな品質・リーズナブルな価格などなど。


ただし、長いお付き合いの中で
上記とは無縁の品物を経験したことも、あります。

この2~3年で一番に思い浮かぶのが「トマト」です。

それは去年か一昨年のことでしたでしょうか?
カタログには真っ赤なトマトの写真。
ところが届くのはまだまだ青いというか緑色のトマト。
カタログ商品とは程遠い、未熟なトマトです。
したがって、配達当日、食に値する食べ物ではありません。
それがシーズン中、何度も続きました。


注文カタログのトマトは最低5種類以上はあり、
当時、私が注文したのはどの商品だったのか特定できませんが、
共通していえることは、すべて「段ボールの小箱」で届きました。
つまり、流通においては、それでは中身は見えません。
生産者が封入して、消費者がその箱を開けるまでは
中身をオブラートできる都合のいい箱です。


いまだ自分で解決できないでいるのは、
「トマトというのは、配達後に熟成?させて真っ赤にする」
ものなのかということです。
緑色とは言え、もぎたてに違いはありません。

生協というところが提供する商品なので、
しばらくは「そういうものと思わなければだめなのね。。。」
と思っていました。

ただ、いかにも不自然なことは、
すべて「段ボールの小箱」で届いていたこと。


前置きが長くなりましたが、話は今年の出来事に飛びます。

ところがところが、今年になって、
私はその苦い経験を払拭したく、
またまた生協でトマトを注文し始めました。
(実は若いころからトマトは大好物)


今日で今年になって2回目の生協トマトですが、
1回目も2回目も見事に真っ赤で熟したトマトでした。
2回とも共通することは、透明のパッケージに入っていました。

今日は届いたその日に生で食べました。
美味しい、美味しい!!!。
これでなくっちゃ!!と思いました。


しばらく生協のトマトを試してみようと思います。

そして、もしカタログと違う、
青いままのトマトが届いたら、
今度こそ生協にきちんと問いただしたいと思います。

美味しいトマトをリーズナブルな値段で食べたい、
この願いをずっとかなえるために。

|

« 星野富弘 花の詩画展に行ってきました。 | Main | Amazonランキング上位にあった「鉄のバイエル」、届きました!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/65408264

Listed below are links to weblogs that reference 生協の真っ赤なトマト、美味しかったです。しかし「トマトの物流」って、ほんとは何が正しいのか・・・を模索中。:

« 星野富弘 花の詩画展に行ってきました。 | Main | Amazonランキング上位にあった「鉄のバイエル」、届きました!! »