« April 2017 | Main | June 2017 »

24 posts from May 2017

May 31, 2017

株主として出席した「株主総会」の記憶。

今日は、私が株主として出席したことがある上場会社の株主総会について書きます。


私が最初に株式投資をしたのは、もう約40年前になります。
当時専業主婦だった私は、
「まかせ」で証券会社の営業の方がお勧めする株や投信を買ってました。

それが自分の意志で株式投資を始めたのは、
ネット証券が沢山そろいだした頃だったか、2000年代半ばです。

底値を狙っていろいろな銘柄を1単元ずつ、買いためていました。
単元株で少額でも買えるようになった頃と一致すると思います。

今では、それが20数銘柄以上になっているわけですが、
毎年届く定時株主総会の案内には、仕事で忙しかったこともあり、
全く関心がありませんでした。


ところが、もう5年くらい前になるでしょうか、
娘の勧めで株主総会とやらに、興味本位で出席したことがあります。

それは、日産自動車でした。
ゴーン氏が社長をしていた関係で、
同時通訳が座席で聴ける会場、確か、横浜パシフィックでした。

印象として残っているのは、質疑応答の時、
質問する人数を制限していたことです。

あらかじめ質問がある人は申し出ていて、
そのエントリーした人の氏名がくじ引きの箱に入っていたようです。

ゴーン氏がその箱から順次1枚ずつ取り出し
くじにあたった、会場にいる質問者から質問意見を述べてもらい
それにゴーン氏はじめ役員が答えるという進行でした。
この方法は、ある程度、株主に対して平等だと思いました。

そして、これまで出席したもう一つの株主総会。
それは、サントリー食品インターナショナルの、
株式公開後初めての総会でした。

サントリーなので、どういう演出があるのか、
どういうおもてなしがされるのかなどなど、大変興味がありました。

品川の広い会場で沢山の来場者でしたが、たまたま最前列に座れました。


その日は、仕事の関係で途中で退席しましたが、
印象深く残っているのは、
・鳥井社長の緊張感が感じられるスピーチ、
・そして、沢山の挙手があった質疑応答のときの出来事でした。


質疑応答時間は、会場の株主が挙手し、
議長(代表取締役)が一人の株主を選んで質疑を受ける、
そして、その株主の質問・意見に対して、
その都度、社長あるいは担当役員が答える、という定石の進行でしたが、


株式公開初めての総会においての、最初の質問が、
たしか「CMのキャラクターに採用した人物に対する」質問でした。

「あのCMに出演している人物は・・・である、なぜそういう人を使ったのか??」
という質問でした。
その質問者は、右か左か政治的な意見を持った方だと想像できました。

その方の質問を聞きながら思ったのは、
「(公開後)初めての質問がこれか・・・」でした。

どちらにしても、株主あっての株式会社です。
企業のステークホルダーは、株主以外にも、
従業員、地域、消費者、取引先などいろいろです。

とりわけ、個人投資家は「株主=消費者」という関係に近いです。


少し飛躍しますが、「良い商品・サービス」にであったとき、
是非この会社を応援したい、投資したい、といつも思います。

企業価値とは、底辺にそういう単純な構造の上になりたっていると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2017

「株主総会」。株主を向かい入れる側、株主として出席する側、両方の経験を年々蓄積してます。

明日は、私が今通っている会社の「株主総会」の日です。
私は、総会に出席もしますし、裏方の受付業務等の指揮も行う予定です。

株主総会で最も予測が難しいのが、「当日の株主の出席者数」です。


あらかじめ株主招集通知に同封している委任状の用紙に、
記入後返送する株主は大体2割弱です。

また、宛名不明で戻ってくる株主もいます。

それを差し引いても半数以上の株主については、
総会の日まで、出欠が不明。
1単元の株主も、株主総会には出席できます。

総会成立の定足数は、通常、議決権数の過半数以上ですので、
大体、事前に株主総会開催は把握できます。

とにかく、定時株主総会は株式会社の意志を決定する機関です。

代表取締役が最も緊張するときではないでしょうか?

次回は、株主として出席したことがある上場会社の株主総会について
リポートしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2017

通勤で歩く「本郷通り」は、歩道の表面がガタガタ!!ハイヒールのかかとが1日で取れてしまいました。

東京都文京区の本郷通り、私は毎日通勤で、
本郷3丁目と東大正門前の間を歩いて往復します。


この歩道がクセモノです。
小さな小石を埋めてあるのですが、
殆どのところで、それが小石単位で凸凹。

砂利道の石ほど、その小石は大きくありません。
しかし、いちおう固めてはあるのですが、
デコボコもいいところ。

4センチくらいの高さで、かかとが広いサンダルでさえ、
足をくじくことがたびたびあります。

今のところ「くじいて、足首を捻挫」してはいませんが、
いつかそうなってもおかしくはない「歩道」です。


部分部分、そうですね建物単位で、
歩道の上をコーティング?しているのか、表面が滑らかな場所もあります。

ここ最近のある日、家で靴をメンテしていると、
6センチくらいの高さの、かかとの広さは1センチ四方位の
パンプスに異変あり。

片方は全く新品のままあるのに、片方のかかとの先が綺麗にとれてました。
きっと本郷通りの「でこぼこ歩道」で「ヤラレタ」と思われます。


昨日、それを修理してもらおうと思って、
かかとが取れている片方だけの靴をもっていったら、
左右両方でないと修理できないといわれてしまいました。

本郷はいくら学生街とは言え、ビジネスマンも多い街です。
がしかし、ハイヒールが似合わわない街とも言えます。


しかししかし、都心の客先を訪問するときは、
ベタ靴ではなくヒールが高い靴で
ピシッとファッションを決めたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2017

仕事、脳梗塞を発病した2年前と似た状況が続いています。が、当時と違うことが2つあり、、、、。

この4月初めから2か月間、土日休日出勤が続きました。
休んだのは、5月連休中の2日と、明日日曜日の3日間だけ。
(30日+31日)-3日=58日は、毎日出勤しました。
・・・もちろん、家の中はメッチャクチャ。。。
・・・それに、残業手当や休日出勤手当が出るわけでもなく・・。


土日出勤が続く毎日は、脳梗塞発病後、初めてです。
脳梗塞を発病したのは、2015年6月9日。

全く予兆もなく、突然の出来事でした。

当時は、今以上に忙しく、平日は東海道線の最終列車、
翌朝は毎日8時台に出社。

そして土日祝日も出社という毎日でした。

今と同じなのは、当時も「全く体の不調は感じてない」です。
つまり、「体の異常に全く鈍感」と言えるかも知れませんが、
突然起こる病気って、そういうものかも知れません。


しかし、2年前と明らかに違うことが2点あります。

まず、帰りは東海道線は最終列車ではなく、
東京発21時台にしていること。
したがって2時間以上当時より帰宅が早いです。

そして、なによりも、
毎朝測っている血圧の値で鈍感な体をハカり、
そして「体重」管理。

このブログで前にも私は、書きましたが、
脳梗塞発病そして再発のきっかけは、
「高血圧」+「高血糖値」+「ストレス」と認識しています。

「この3つが同時に発生すると、脳梗塞が再発する」はずと、
私は自己管理しています。

「ストレス」、これもまた大問題なのですが、
私は大変これに鈍感で、「ストレス」ということを感じることができません!!!。

しかし、2年前発病したときの心理状況を分析すると、
そういう状況が「ストレス」になるのだと、
いうことは、ジクソーパズルのように記憶の隅で判断できます。


したがって、毎日、自己管理できるのは、
私にとって、「血圧」と「体重」です。

「ストレス」の状況は、いまだ、ワカリマセン。

とにかく、仕事の状況は、脳梗塞発病前のような、この2か月でした。


今、現在、脳梗塞の後遺症である、
右手のしびれ、右頬のしびれ、右足の違和感、以外、
体調の変化は感じられません。


仕事の山はあと約1か月続きますが、
毎日、微妙な変化を見落とすことなく、
無事、乗り越えれればいいなと思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2017

Amazonランキング上位にあった「鉄のバイエル」、注文しました。

今日の昼休み、食事をしながら、
Amazonのランキングを見ていると、
確か10位以内に「鉄のバイエル」という本がありました。

一瞬何の本?と思っても、スルーしましたが、
もう1回見ると本の表紙は、列車みたいな絵。

それで、「鉄」というのは「鉄道」の意味か、
と「てっちゃん」の私は、もう一度画面を凝視し、
ついにその本(楽譜)を注文しました。

  でも、品切れ中で、入手できるまで日数を要しそうです。

「鉄のバイエル」―鉄道発車メロディ楽譜集 JR東日本編
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4478004161/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

つまり、駅の発車メロディの楽譜です。
上記のぺージに音のサンプルもあるのですが、
90%知っているメロディでした。

私の今の家にはピアノはありません。
でも、譜面を見ながらソルフェージュするのは、
私の趣味の一つですので、迷わず注文しました。


それで思い出したのが、品川駅の朝の上り線ホームの「鉄道唱歌」。

数年前まで、我慢しきれない和声の演奏でした。
こんなハーモニーはヤメテくれ・・・と思うほど。

それが、数か月前、少しの間、
別のホームに東海道線が停まるようになったときに
流れていた「鉄道唱歌」が、編曲が変わっていて、
とても心地よく聴いていました。

全体的に納得のいく和声だったのですが、
特に気に入ったのは、「ミドレミレ...」
の「ミドレミ」のドミナントに入る前の
ディミシュコードがとてもおしゃれでした。


残念ながら、ここ2~3か月は元のホームに停まるようになって、
その編曲の「鉄道唱歌」は聞けなくなりました。

ただし、我慢できない和声の「鉄道唱歌」ではなく、
主旋律と「ぼぉ~~」という汽笛の音だけの
「鉄道唱歌」発車メロディになっているので、
不快な気持ちは持たずに品川駅を出発できています。

でも、またおしゃれな「鉄道唱歌」も聞きたいものです。

ちなみに今回Amazonで注文した楽譜は、2008/3/14発行です。

新橋駅の期間限定で流れていた「ウィスキーはお好きでしょ」の
メロディは、きっと掲載されてないでしょう。。。。

どちらにしても、楽譜を見ながら脳の中で再現する「発車メロディ」

楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2017

難平(ナンピン)買い、私にとっては「博打」のイメージです。


シャープの株式、今日は、414.0円でした。

私は、シャープは、
特定口座で494.67円で買った2単元、
NISA口座で265.00円で買った1単元
の株式を持っています。


特定口座の購入履歴を調べてみると、何と私は
2008年12月に618円で、
2013年9月に370円で買っていました。

したがって、特定口座の購入価額は494.67円です。

シャープは、経営陣の思い切った施策で、
V字回復を狙っています。

数年間とはいえ、見事に業績回復してくれました。
スゴイ!!の一言です。


特定口座の株は、まだまだ、
購入平均価額を超えていませんが、
少なくともNISA口座での購入価額
265円をはるかに超えています。

シャープ株がここ数年の最安値のときに、
NISA口座で難平買い(ナンピンガイ)を
しておけば良かったかな・・・
と思いますが、これもバクチに近いです。


そう思うのは私の東芝株。
2009年4月に298円で購入しています。

今日の東芝はは251.5円。
果たして、今の東芝をさらに買い増す勇気。

いまだに「技術の東芝」とは思っているのですが、
これまでの報道記事を見る限り、
難平買いする勇気は持ち合わせてません。

★難平買い
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A3%E5%B9%B3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2017

上司と外出した時の鉄則その2「訪問先では、エレベーターの操作パネルの位置を右か左かを『行き』で覚えておく!!」

先日、このブログで、
上司と一緒の下りエスカレーターは
「失礼いたします」と言って自分が先に乗る、
という記事を掲載しました。


そう頻繁に上司と一緒に外出することはないのですが、
1年のスケジュールの中で、
「上司と出かけるシーズン2」が先週からスタートしました。

上記にも書いた通り、下りエスカレーターのルール
「上司と一緒の時、下りエスカレーターは自分が先に乗る」
は、なんとか100%実行できています。

さらにその「上司と外出する際の注意事項」の
第2弾として思いついたことがあります。


というのは、上司と一緒に外出する「シーズン1」で
私は気まずい思いをしたことがあります。

それは、
「打ち合わせが終わり、エレベーターホールまで
 訪問先の担当者にお見送り頂くとき、
 とっさに乗ったエレベーター、
 私は、エレベーターのボタンパネルの位置が右か左かわからず、
 「閉める」ボタンは上司に押させながら、
  二人お辞儀したままドアが閉まった・・・。」
という出来事です。


エレベーターは、
操作パネルが左右両側にある場合と、片方しかない場合があります。


上司と一緒に出掛けるのは、
そんなにマナーを気にしなくていいということも言えるかもしれません。
同行する意味は、会議・打ち合わせ、そのものにあるわけですから・・・。


しかし、このエレベーターの場合は、
訪問先の担当者も「ドアを閉めるボタンを押したのは誰か」を
目にしているわけですから、下手すれば失笑ものです。


スマートに、エレベーターでお別れするときは、
上司でなく自分がエレベーターの「閉める」ボタンを押したいものです。

そこで、
「訪問先では、エレベーターの操作パネルの位置を、右か左かを『行き』で覚えておく!!」
これにも気を付けられれば、なおヨシです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2017

やっぱり、ロウナーのバッグだった(押入れの奥にしまっていた私のバッグ)

今日、お昼休み、食事をしながら
ネットをみていると興味深いタイトルに出くわしました。

「エリザベス女王は、バッグの持ち方で指示出ししてる!?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00010002-cosmopoli-ent

バッグの持ち方で合図していたとは、と面白い記事でした。

しかし、もっと私が気になったのは、その中の一節
・・・女王が毎日持ち歩く英国王室御用達ブランド
「ロウナー」のバッグ・・・
というところです。


というのは、私が昨年押入れから探し出したのも
「ロウナー」じゃなかったっけ??・・・・


早速家に帰って確かめましたら、やっぱりそうでした。
正真正銘の「Launer」でした。

実は、これ、昨年の夏、
姪の結婚式に招待されて、
衣装をあれこれ考えていて、
さてバッグはどうしようかと思っていたところ、
偶然、押入れから出てきたバッグでした。

どこでいつ買ったのか、まったく忘れていたのですが、
記憶をたどれば、20年くらい前にロンドンに娘と行ったとき、
ロンドンのどこかで買ったものと思います。


20年経っていても、デザインは全く古臭くなく、
もちろん、つくりもしっかりしています。

昨年、興味あって、「Launer」で検索していると、
私が買ったものと同じものが値段入りで出ていました。

今、現在、そのページを探し出せませんが、
やはり良い品物は、ずっと長く使えると改めて思います。

今、そのバッグを隣に置きながらこの記事を書いていますが、
やっぱり質が違うなぁと思います。


★ローナー(Launer)
http://launer.com/
http://launer.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2017

やっと「適切な言葉と適切なタイミングで自分の思いを相手に伝える」ことができるようになったかな・・・。

私は幼いころからこの歳になるまで
自分の意見を言うのがとても苦手でした。

小中高とも、教室で討論会とかあると、
なかなか自分の思うことが伝えられず、
ついつい「意見は言わない(言えない)」ということで通してきました。


両親を責めるわけでは全くないのですが、
「自分の思っていること、意見をきちんと述べる」という
教育は受けてこなかったと思います。

叱られると「口答えをせずに、泣いて謝る」、
こうして育てられてきたと思います。


したがって、ある程度大きくなって、
意見を求められても、意見をいうことに慣れていないせいで、
論理的に述べられず、思いついたことをいう、
しかも文章になってなく「言葉の羅列」の応対しかできませんでした。。。

これでは相手にわかってもらえるはずはないです。
そして、きちんと意見を言えないとき、
もう「泣いて」ました。


それが、正直言って、大の大人になっても続いてました。
なにか不平不満があっても意見を言えず、
「沈黙は金なり」の格言を盾にして、
あるときは相手に従属、あるときは相手から離れる、
という過ごし方だったと思います。


しかし、それではいけないと、認識しだしたのが、
今の会社に勤めるようになってからです。

「きばッ!!」と年下の上司から呼び捨てにされる会社です。
若いころ勤めていたところも、今の会社に入る前の会社でも
そんな、名前を呼び捨てにされた経験はありませんでした。

とにかく、その第一声を浴びた17年前のことは今でも鮮明に残っています。
ビックリしたのと同時に、
この会社では「甘え」は全く通じない、とまず感じました。

ではどうして生きていくか、それは自分が成長するしかありません。
しかし、50年近くも「口下手」で生きてきた私が、
急に「ロジカル」に意見を言えるはずはありません。

この20年近く、なんとか、
ロジカルに考え自分の意見を言えるように努力してきましたが、
なかなかうまくいきません。

しかし、昨日、「ああ言えばこう言う」上司に対して、私は
数日前からしっかり理論武装して、
自分の意見を初めて穏やかに述べ、相手を説得できた、
という体験を得ました。


64歳にもなって!!と言えますが、
しかし、少しは成長した自分が嬉しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2017

ダイエットに成功した昼食メニュー(3か月で4キロ減量)

このブログで前にも書いたと思うのですが、
今年2月の病院の定期健診のとき、血糖値が悪くなっていました。
確かヘモグロビンA1Cが7.2だったと思います。

2か月おきに通う病院の血液検査の血糖値は日々よくなっていました。
確か、その2か月前の12月は6.3まで落ちていたと思います。

それがまた、7台に戻ったのでショックでした。

なぜ12月から2月の2か月間で急に血糖値が跳ね上がったのか、
理由が全く見当がつきませんでした。
唯一はっきりいえたのは、体重が明らかに増えていたことです。

たしか「体重が減れば血糖値も血圧も低くなる」と聞いていたので、
血糖値が高くなった理由はこれしか考えられませんでした。


脳梗塞を起こした私の、再発を防ぐための目安の一つは、
「高血糖値」、「高血圧」、「ストレス」
この3つが同時に重なることが危険信号、ということです。

この春は、またまた仕事が忙しくなりました。
したがって3つ目の「ストレス」は発生しやすい状況と言えます。

のこる「高血糖値」と「高血圧」を
なんとしてでも避ける必要があります。

したがって、「体重を減らす」ことに専念しました。
そして下記のグラフのようにダイエット成功です。

★体重の推移(2016年末から2017年5月19日まで)
201612201705

2月からストイックに実行したのは昼ご飯。

平日の昼はずっと、ファミリーマートの
「いなり3個」+「袋入り野菜」+「ヨーグルト」です。
朝の通勤時に本郷通りのお店で買っていきます。

http://www.family.co.jp/goods/processed_foods/2841182.html
★千切りキャベツ
Photo


「袋入り野菜」は120グラム前後あるので
100円ショップのカレー皿にいれても、山盛り一杯です。

これを一気に一人で食べるのですから、お腹いっぱいになります。

上記の「千切りキャベツ」はいつも入手できるわけではありませんが、
似たような袋入り野菜で代用します。

血圧は毎朝測っていて、これも上120前後下80前後で安定しています。

この状況で、体重が減っていることを毎日確認できれば
血糖値が悪くなっている心配はあまりないということで、
仕事に専念できます。

もちろん、それ以外の体調管理も気をつけています。

ただし、毎晩の赤ワイン(生協の安物ワイン、でも美味しい)は
続いています。

なお、毎日約6時間の睡眠時間ですが、ぐっすり眠れています。

いずれにしても、体調管理をしっかりしながら、
バリバリ仕事、そして日々の生活で楽しく思えることも
続けていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2017

「道成寺 赤頭」。今日はその4 シテが去った後(5月6日 GINZA SIX 観世能楽堂)

さて、今日も「道成寺」の話、その4です。

怨念満ちたシテが舞台から去った後、
その直後はどうだったのかは、正直、
今となっては忘れています。

ただ、能が終わったあと、いつもは、
静々と、ワキ、ツレ、地謡、囃子・・・の順で
全員が、揚幕や切戸口から舞台を離れるのですが、
「道成寺」の場合は違います。

といっても、5月6日の「道成寺」を見るまで、
それをすっかり忘れていました。

したがって、今回の道成寺は、
「果たして舞台の鐘はいつ降ろされるの(だった)か・・・」
が、興味の一つでした。


答えは、「鐘後見と地謡と囃子が舞台に残っているうちに、
狂言方後見が舞台に登場し、鐘を降ろし、釣り紐を鐘に巻き、
それを、はじめと同じように、4人がかりで橋掛りを通って、
揚幕のもとに去っていく。」でした。

鐘が揚幕の向こうにたどり着いたと同時に、
地謡は切戸口から、囃子は橋掛り→揚幕から、
舞台を離れました。

そして、舞台は、誰もいない舞台に変わりました。

ということで「鐘は衆目の中で降ろされ退場しました。」

この光景を確かめるまでは、
「最後の演目だし、鐘は舞台に釣り上げたままで
 閉演後、観客がいなくなったときに降ろすのかな・・・」
と予想してました。

見事に予想は覆されましたが、
その一連の流れの所作はどれも大変美しいものでした。

「能の魅力はここにもあり」と改めて感じた次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2017

5月12日の「タモリ倶楽部」録画しとけば良かった・・・。オーケストラ打楽器の「珍演奏」を紹介していました。

今日の日経新聞夕刊7面「プロムナード」は、
N響オーボエ奏者茂木大輔氏の「だんだんデカくなる」というタイトルの
オーケストラにまつわるエッセーでした。

今月末に長野芸術館で行われるコンサート
「だんだんデカくなるオーケストラの歴史」を鋭意準備中、
の出だしに始まる、氏ならではのオーケストラ編成のお話です。

確かにクラシック演奏は、指揮者が楽器をアレンジ(編成)できません。
作曲者が指定する楽器編成で演奏されます。

指定する楽器にフルート、トランペット、クラリネットがない、
というのは茶飯事です。

反対に作曲者が指定する楽器で特殊なものもあったりします。
今日の記事で書かれていたベルリオーズの「幻想交響曲」は
「教会の鐘」なども指定されているとのこと。

それで、思い出しました!!!。
ちょうど先週の「タモリ倶楽部」では、
その鐘そのものが紹介されたことを!!!

私は、毎週ほとんど「タモリ倶楽部」を見ています。
「次週は何を放送」という告知がまったくない番組です。
(とはいえ、2週にまたがる場合は「この続きは来週・・・」とアナウンスされますが・・・)

当日の番組タイトルは
「毎度レンタルありがとうございます!愛と哀しみのレアなクラシック打楽器の世界」
でした。

これが、チョ~面白かったです。
楽器レンタルやさんでのロケでしたが、
いろいろと巨大な面白い楽器を紹介していくのです。

「トゥーランドット」の巨大ドラ(?)、
小峠が全身で残響する音を止めてました。
上手でした。芸人のセンスを活かしてました。


ほかにも畳1畳以上もある巨大な金属板で雷を表現するとか、
実に面白い取り組みでした。

録画しておけばよかったな・・・と後悔していたところ、
今日現在、YouTubeに映像がありました。

★タモリ倶楽部 2017年5月12日
https://youtu.be/3CBBMihZfjM

上記の映像、いつネットから消えるかわからないので、
今日は見る時間はありませんが、できるだけ時間を作って
この特集を再度みたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2017

ダウントン・アビー「シーズン6」がNHKで、そして「シーズン5」はアマゾンプライムで始まりました。

ダウントン・アビーの最終シーズンである「シーズン6」が
先週からNHKで始まりました。

昨日5月14日はその第2回でした。

私は、シーズン6の始まりは「そぉ~っとぉ・・・(始まった)」と
いう印象をぬぐい切れません。

もちろん、これまでシーズン1~5を見てない人にとって
初めて見る「いきなり、シーズン6」はつらいかもしれません。
なので、番宣もなく「そぉ~っとぉ・・・」始まったのでしょう。

ちなみに私は、シーズン4の放映中、偶然、見てしまって、
まず「衣装」の虜になって、ずっと、見続けています。

途中から見ても十分手ごたえのあるドラマです。

なので、シーズン6が始まったことを、
私が知る限り、NHKはなにもテレビで紹介してなかったことは残念です。

現実、シーズン6の第1回目は、
「メアリが脅迫にあっていることを知った父親の対応の素晴らしさ」
「中年(シニア)の結婚に対する現実との向き合い」が
とても印象的で教訓になりました。

昨日の第2回目は、
「何度も流産するアンナ(メアリのメイド)に対して真摯に対応するメアリの行動」
それとイーディスの衣装(緑を少し取り入れたスーツ)も素敵でした。
相変わらず、バイオレットとイザベルの、率直でユーモアある会話も迫力がありました。

シーズン6は「伯爵家の経費コストダウン」も主題の一つではないでしょうか?

なお、シーズン4と5は日本語吹き替えで見ていたのですが、
我が家のテレビの操作も少し慣れてきたので、
シーズン6から私は、英語+字幕で見るようにしました。


なお、今日、発見したのですが、アマゾンプライムで、
シーズン5も公開されています。嬉しい!!!の一言です。

★ダウントン・アビー シーズン5
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B071DDTGXW?ref_=aiv_dp_season_select

もう、今すぐにでも全部見たい感じですが、
明日も仕事ですし、楽しみは少しずつ味わうことにします。

ダウントン・アビーは、私にとって、
エレガンスとユーモアと会話のセンスを学ぶことができるドラマ、
といつも思っています。

なお、登場人物を詳しい紹介もなしに記事にしてしまいましたが、
下記のサイトで登場人物の紹介をしていますので、ご覧いただければ幸いです。
★ダウントン・アビー
https://star-ch.jp/downtonabbey/character.php

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2017

「道成寺 赤頭」。今日はその3 鐘が落ちたあと(5月6日 GINZA SIX 観世能楽堂)

今日も「道成寺」の話、その3です。

鐘が無事?!落ちてからのこと。

落ちて、ほっとしたのもつかの間、
狂言アイが二人とも「くわばらくわばら・・・」
と舞台を転げまわり、興味はすぐそちらに向きました。

二人の会話が手に取るようにわかります。
狂言のセリフは聞き取りやすいという印象を再認識しました。
場内から、クスっという声も聞こえます。

そして、アイの寺男が、ワキの住職に、
事の次第を報告します。

女人が鐘の供養に来たこと、そして
鐘がおちて鐘が熱くなっていることを聞いたワキは、
道成寺にまつわるある話をします。

そして、3人のワキは、落ちている鐘に向かって、
数珠を鳴らしながら念仏を唱えます。

ややあって、鐘からなにものかが出てきます。
 (鐘は鐘後見によって舞台から引き上げられます)

その「なにもの」かというのは、
鐘の中に飛び込んだ白拍子なのですが、
それが鐘が上がると同時に蛇体化して現れるのです。
鐘に入るまえの面も衣装と、全く異なっています。

それに私にとって、今回初めて経験したことの一つは、
赤頭(あかがしら)といって、
赤いかつらをかぶっていたこと。

★赤頭
http://db2.the-noh.com/jdic/2009/09/post_132.html


私の道成寺の後シテの記憶は、
それこそ上記のページの写真にあるような、面のみのいで立ち。

シテは、落ちた鐘の中で、
一人で衣装を変えるわけですが、
この赤頭までつけるのは、
一人で狭くて暗い鐘の中での衣装替えはさぞ大変と思います。
(鐘の中に鏡とか置いてあるのかなぁ・・・・)

とにかく、5月6日の後シテは激しかったです。
なにしろ、橋掛りの紙垂(しで)をたたき落とした位・・・。

「静」の前シテと「動」の後シテを見れるのも
「道成寺」の醍醐味と言えます。

次は、「道成寺」、シテが去った後・・・をレポートしたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2017

「道成寺 赤頭」。今日はその2 「乱拍子」のとき。。。(5月6日 GINZA SIX 観世能楽堂)

今日は「道成寺」の話、その2です。

鐘が舞台中央に釣り上げられて、いよいよ「ワキ」登場です。
そして「アイ」も。

「女人を鐘に近づけるな」をワキの道成寺住僧が
アイの寺男に告げます。

ここまでの舞台の流れについては、なんの違和感もなく、
当日、5月6日の道成寺は見れました。

しかし、白拍子のシテが能舞台に登場してから、
私は「アレっ??」と思い始めました。

ここからは少し、本来の能の話からずれます。

 シテは「乱拍子」を舞います。
 ほとんど場所を変えず、その場で長い時間かけて1回転の、
 「小鼓」といわゆるセッションする舞です。


 能は「ほとんど動かない」のが一つの特徴です。

 みている人はある意味、これは退屈と言える場面です。

 しかし、謡曲や仕舞、さらに能舞台の経験がある方は、
 お分かりだと思いますが、
 舞っている方は、これは一つの重要な舞なのです。

 けっこう、「動かず姿勢を美しく保つ」って難儀の技なのです。
 「体幹で体を支える」というのか、これはものすごい鍛錬を必要とします。
 
 私は「能・狂言」は、この「静の美しさ」が魅力の一つと思っています。


 ところが、5月6日のシテは、私がふらふら揺れているのかな、
 と思ったくらい、グラグラ&ブルブルだったのです。

 お体の調子が悪いのかな・・・、
 それとも、怒り・恨みで震えていていることを表す、そういう振付だっけ・・・
     (とはいえ、これはありえない)

 それは、時計で測ると約20分くらいの演技でした。
 なにしろ20分位かけてその場で1回転するのですから、
 いかに大変な舞か想像できます。


私は、道成寺をみるときは、いつも「ドキドキ」するのですが、
今回は、もしお体の調子が悪いのなら、
鐘が落ちるとき大丈夫かしら・・・と、
5月6日は「ハラハラ・ドキドキ」して乱拍子の演技に注目してました。


★乱拍子
http://db2.the-noh.com/jdic/2010/07/post_210.html

★道成寺 乱拍子 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=adABdxmqkSc
乱拍子の場面の一部が見れます。


★『道成寺』見どころ その3「乱拍子」について
http://blog.goo.ne.jp/googeba/e/2958b286c138b999a7b75e18724b6cc7
上記のサイトには、下記の説明があります。
「・・・単純な動作の連続ですが、小鼓に合わせて、姿勢を乱さずに綺麗に静止しながら下半身だけで演じる舞はとても持久力とバランス感覚、そしてスムーズな身のこなし、これらを保つ体力が必要となります。・・・」


しかし結果、5月6日のシテも、
見事に、鐘が落ちると同時に、確かに飛び上がって、
鐘の中に入ってしまわれました。
(私の心配は無用でした・・・)

いつも思うのですが、この鐘を落とすタイミングは、
熟練した「鐘後見」ならではのことです。

たしか、このとき、「ドラ」の音が2回聞こえたのですが、
これも私の空耳だったのか調べてみたいと思います。


★能 演目事典:道成寺
http://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_013.html


次回は、鐘が落ちたあとを何回かに分けて書きたいと考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2017

「道成寺 赤頭」見どころ満載でした。今日はその1(5月6日 GINZA SIX 観世能楽堂)

さて、いよいよ「道成寺」の話ですが、
これは見どころ満載で、久しぶりに見る「道成寺」
しかも「赤頭」は初めてでした。

小さいころから、能舞台で何回も見ている「道成寺」です。
しかし、久しぶりに見るとは言え、64歳ともなると、
記憶がぶっ飛んでしまっているところが多々ありました。

見どころ満載のゆえに、いくつかに分けて記事にしようと思います。


まず、「鐘」。
一体いつ、だれが舞台に取り付けるのだろう・・・。
これはすっかり脳裏から消えてました。

したがって、そのことは興味の一つでした。


鐘は、狂言方の後見が4人で運びます。
しかも、それは、囃子・地謡とも舞台に上がったあとです。

つまり、この取り付けも、いうならば
「演技(能ではそうはいいませんが)」の一つと言っていいと思います。


鐘は、数10kgあると聞いています。

鐘の釣りのところに太い丸い棒を通して、
若い二人が前後にその棒を持ち、
残る二人は鐘の横を持って、
橋掛かりから舞台中央に運んできます。

とっても重そうでした。


そして、釣鐘を舞台の天井に長い竿2つを使って取り付けます。
天上中央の金具はこの「道成寺」のためだけに取り付けられています。


  なお、この長い竿は、休憩時間のときに、
  揚幕からそっと橋掛りまで出されていました。

裃を着てのこの所作は、観客みんなが注目しているので、
見ている人も作業する人も大変緊張する時間です。

しかも、この鐘が「道成寺」でどういう動きをするか
会場のみんなが知っているだけに、
「しっかり取り付けてね・・・」と
能楽堂全体が一つの祈りに包まれています。


なお、舞台の囃子・地謡は、それぞれ少しナナメ下を向き、
この作業については視線を外しています。

鐘を釣る紐は、シテ後見の人らによって、
しっかりと柱に括りつけられ、鐘は見事に舞台の真ん中に宙釣られました。

とにかく、静寂の中で、協同作業で、
トントンと鐘が舞台中央に取り付けられる、
その所作、ここにも能の美しさの一面を見ました。

ということで、今日は、鐘が取り付けられる様子のリポートでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2017

「吉野天人(天人揃)」・・・天女がぞくぞく6人も登場してビックリ、豪華

5月6日の「観世能楽堂会場記念日賀寿能特別公演」
最初のプログラムは「吉野天人(よしのてんにん)」でした。

前シテの舞台では桜の木がおかれています。
この時の衣装は唐織壺折。

★壺折(つぼおり)
http://db2.the-noh.com/jdic/2010/04/post_187.html

 余談ですが、私はこの、
 両衿を胸の前でゆったり湾曲させた「壺折」のいで立ち、
 大好きです。とてもエレガンスです。

後シテの舞台では、天冠、長絹等の衣装の天女が、
揚幕からつぎつぎと橋掛かりの舞台に出てきます。

一人ならともかく、二人目が出てきたとき、まずビックリ、
それだけでなく3人目も「ええ!!3人も・・・!!」、
そして4人目、5人目と出てくるたびにひっくり返りそうでした。

そして何と計6名の天女が、それぞれ、白や藤色や緑などの
美しい衣装で登場して舞を舞うのです。

★天冠(てんがん)
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc9/kouzou/mask_custome/custome/class.html

舞台にはシテ(結局2番目に登場した)とツレ二人、
橋掛かりにツレ三人。

豪華絢爛とはまさにこのこと。

私の座席の後ろの方が隣の人に言ってました。
「お祭りだから・・・(こんなにたくさん)」


番組を改めてよく見ると、
「吉野天人」の左横に「天人揃」と書いてありました。

会場記念日賀寿能にふさわしい、豪華な舞台でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2017

まず、GINZA SIX「観世能楽堂」の施設のことから

まず、GINZA SIX「観世能楽堂」の施設のことから

連日書いていることですが、
5月6日観世能楽堂で能をみてきました。

今日は、まず能楽堂の印象をお知らせしたいと思います。

★GINZA SIX
0gsix


この建物の裏に観世能楽堂の入り口があります。

★観世能楽堂の入り口
1


ここから入ってこの(ぼけてしまっていますが)
写真の左手のエスカレーターを下ります。

★B3までエスカレーターを降り切ります。
2b


なお、B4は駐車場となっています。

★観世能楽堂の入り口
3

★ホールにはお祝いの花花花・・・
4


52


★会場の中です。
6kyakuseki


★舞台
7butai


8butai3


9haisgajaru_jara


10wakisyoumen

★松は本物みたいでした。
11matu


★ついでに舞台表面も撮ってきました。
Photo

この場所から、日本の伝統芸能を世界に発信、
ワクワクします。

そう思わせる場所でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2017

銀座SIXの「謎解き」してきました。1階の「あずま通り」の現状。

とうとう、今日、初めて、
「GINZA SIX」の中に入りました。

JR新橋駅で降りて、銀座通りに出て、
正面から入った「GINZA SIX」。

「能楽堂の入り口はウラから」と知ってましたが、
まずは何といっても「謎解き」をしたかった・・・。
したがって銀座本通りの正面入り口から入りました。


人の流れとは外れて私は、一目散に、
1階の入り口からまっすぐ
「なぞの地図上の一直線」を目指して突進しました。

ありましたありました!!
その出口の場所はまっすぐではなく、
隠すように奥まってひっそりとありました。

そして出たすぐがこの光景。
★出たすぐ
Degutiwodetesugu


つまり、歩道が一本あり、その下には
自動車道路があったのです。

★駐車場出口
Jiodusya_tuuro

通路を8丁目方面に歩いていると、
駐車場入口というのも見えました。

ガードマンでない人がいずれも立っていましたので、
きっとこの駐車場というのは関係者のみが
利用できるところではないでしょうか?


5月4日にこのブログで書いた
GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要にあった、
「・・・2街区の間を走っていた区道を三原通りに付け替えることで、・・・」

この区道とは「あずま通り」のことだった、
そして実態はこうなっていたということで、
謎解きと現状を把握できました。

★新橋側の「あずま通り」
1

そして1階以外はこの2街区は繋がっているのですが、
1階はしっかり道路が貫通しているので、
1階の2街区、つまり銀座通り側と
三原通り側のお店は、繋がっていません。
・・・なお、その一角には新聞で話題になっていた
   CITIZENのお店がありました・・・

このGINZA SIXの巨大な建物の構造、
1階についていえば少し複雑ですが、
慣れるとなんてことはない!!と言えると思います。


さてさて、能楽堂や能の話、
いろいろ発見がありました。

それは明日以降に書かせていただきます。

★「能楽堂へは三原通り側、ツーリストサービスセンター横のエレベーター・エスカレーターで地下3階にお越しください。」
http://kanze.net/public/_upload/type017_202_9/file/file_14926547591.pdf

★銀座SIX各フロアのご案内 の1階の見取り図
https://ginza6.tokyo/shops#floor=1F

★GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要
https://ginza6.tokyo/about

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2017

やはり品質を誇れる日本の洋服・・ほとんど通信販売・ネット販売で服を買う私が最近節に感じること

私が着る服は、ほとんどメーカーが決まっています。

第1はDoCLASSE(ドゥクラッセ)
第2はスクロール
第3はユニクロ
第4はLand'End(ランズエンド)

この第3のユニクロ以外は、全部、通信販売またはネット販売です。
いずれもこの10数年以上ずっと、
買い続けているのでサイズに問題はありません。

このユニクロ以外の3社は、カタログ販売です。
新着で気に入ったデザインがあると、買います。

いつも節約節約と思っているのに、やっぱり買ってしまいます。

どれも値段は私にとって手ごろです。


私が一番好きな洋服のブランドは「FOXEY」です。
http://www.foxey.co.jp/collection/

本日届いたメールマガジンのSUMMER CHIC COLLECTIONの服は、
どれも「ステキ!!!」でした。

しかし、このFOXEYにしても
銀座和光のカタログに載っている商品にしても、
私にとって、とても手が届かない桁一つ違う高級品。

なので、FOXEYと銀座和光の服は、
良い服を見極める勉強として眺めています。

そこで培った「服を見る目」で私は服を買っているわけです。


第3のユニクロ、これは、実際、店舗に行って買っています。
GGも含めて、ここも安価で良質な服を入手できます。

第1~第4までで、私はコーディネートを楽しみながら、
毎日の服を選んでいます。


ここまで書いて私が言いたいこと、
それはやっと、思い知った
「日本製はコストパフォーマンスな良質な製品」である!!
ということです。

もっとそれについて言いたいことは、
「T***Store」や
同じ商品を扱っていて楽天などに出店している別名のお店、
日本語のお店なのですが、実態は中国にある会社。

実名は公表できませんが、ここで販売している服がヒドイ。


まず、ネットで紹介されている写真の服は、
「私好みのデザインで、しかもとても安い」
で魅き寄せられます。


しかし、実際注文して、中国から届いた商品は、
その写真とは似ても似つかぬ服。

まず、素材と縫製がまったくダメ。
「よくこんな商品であんな写真が撮れること!!」
に驚かされます。とにかく「ネットの写真はステキ!!」なのです。
つまり私は騙されているのです。


あるときは、かび臭い商品や
シミがついた商品も届いたことがあります。

海外なので、返品もままならず。。。。


たまたまそのときはPayPalを使って決済していたので、
PayPalの仲介により交渉し、
中国に海外便で返品後、代金を返金してもらえました。


それ以外の商品も、デザインはとってもよいのですが、
素材が悪く、着ているうちに毛玉バリバリになってしまったものもあります。


とにかくネットの写真に騙された私が悪いのですが、
しみじみ思うことは、やっぱり日本の服は品質が良い!!ということです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2017

5月6日の銀座SIX観世能楽堂が楽しみですが「謎解き」もできるかな・・・

この大型連休は連日休日出勤です。
明日も出勤ですが、いよいよ明後日は楽しみにしていた
銀座SIX観世能楽堂の「道成寺」の日です。

もちろん、この日は仕事はオフにします。


「ちゃんとチケットはある!」ことを確認。
開場時間は12時であることも確認。

そして、どこから入るのかもネットで調べていると・・・・、
ちょっと不思議な地図に出くわしました。

まず、下図は、kanze.netにあった当日の会場の案内図です。
Photo_2

★「能楽堂へは三原通り側、ツーリストサービスセンター横のエレベーター・エスカレーターで地下3階にお越しください。」
http://kanze.net/public/_upload/type017_202_9/file/file_14926547591.pdf

銀座SIXの中に「あずま通り」という通りがはっきりと描かれています。
おそらくこれは1階の地図だと思います。

この「銀座SIXの中の真ん中の道路」、
一見したところ、「????」、不思議でした。


ちなみに、銀座SIXのHP「G SIX」のフロアガイドを見ると、
なぜか1階だけに、真ん中を貫く1直線があります。
1

★銀座SIX各フロアのご案内 の1階の見取り図
https://ginza6.tokyo/shops#floor=1F

2階以上のフロアガイドには、この謎の1直線はありません。


そして、銀座SIXのHP「G SIX」のページを見ると、
会社概要の中に、図とともに、
「・・・2街区の間を走っていた区道を三原通りに付け替えることで、・・・」
という説明があります。
Photo


★GINZA SIXリテールマネジメント株式会社 会社概要
「再開発事業の経緯」のところに上の図があります。
https://ginza6.tokyo/about


う~~ん、この1階ってどうなっているのだろッ!!!
まだオープンした銀座SIXに行っていない私は、
この謎を解き明かすのも楽しみの一つになりました。


なお、観世能楽堂は銀座SIXのテナントではありません。
観世能楽堂は「施設」として紹介されています。

★施設案内
https://ginza6.tokyo/facilities

どこかで、観世能楽堂と銀座SIXの関係を読んだことがあるのですが、
今、どこで見たのか思い出せません。


どちらにしても、明後日がとっても楽しみです。
とはいえ、眠らないようにしなければ…


★能に限らず、日本の伝統文化の豊かさや深さに気軽に触れる場として
https://ginza6.tokyo/news/3838

★KANZE.net
http://kanze.net/index.php


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2017

PDFにノンブルを入れたいとき便利なツール「pdf_as」、しかもフリーソフトです。


PDFにノンブルをいれる・・・、
そう聞いたらアレッと思う方がほとんどでしょう。
なぜならば、もともとワード文書でノンブルをつけていて、
それをPDFしたならば、当然、ノンブルはついているので、
わざわざPDFでノンブルを付ける必要はありません。

しかし、WEBページをPDFにすることってよくありませんか?
「Chrome」では「印刷」→「保存」で簡単にPDF保存できます。

また、エクセルのシートをPDF保存して、
いろいろなPDFとつなぎ合わせたとき、
ノンブルがあると便利です。

そのPDFにノンブルを入れられるツールがフリーであります。
「pdfas」というソフトです。

ノンブルを入れるのは実に簡単であっという間。

下記の画面で、PDFをドラッグします。
★pdf_as
Pdfas


そして、「ファイル」→「ヘッダー・フッター設定」を選択すると
下図のような設定画面が出ます。
★設定画面
Photo

「OK」を押すだけで、ノンブルがPDFのフッターに表示されます。
わずか数秒です。
そして賢いことに、
ノンブルを付ける前のファイル名に【元ファイル】という接頭文字をつけて、
ノンブルを付ける前の状態も別ファイルで自動的に保存してくれます。


フッターだけでなく、ヘッダーも
いろいろ付加文字も追加してPDFに表示してくれます。


フリーソフトとはいえ、スグレモノです。
「pdf_as」は下記からダウンロードできます。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/pdf_as/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2017

上司と一緒の下りエスカレーターは「失礼いたします」と言って自分が先に乗る

先週は、1週間毎日、上司と銀行訪問でした。

毎日1行ずつ計5行、地下鉄を使っての訪問でした。

移動の際、エスカレーターに乗ることは頻繁でしたが、
今年は迷わず全行程、マナーを遂行できました。


「エスカレーターに乗るときのマナー」というのは、
上司と一緒にエスカレーターを利用する際、
「登りは上司の後に」「下りは上司の前に」です。

部屋を入退出するときは、上司が常に先です。
つまり上司の後に歩いてればOK。

ところが、エスカレーターの場合は、
いつも上司の後に歩いて乗ってはいけません。


登りは上司の後にエスカレーターに乗っていいのです。
そうすれば、エスカレーターにおいては、
上司が上、私が下になっています。

しかし、下りは、上司の後にエスカレーターに乗ってしまうと、
エスカレーターにおいては、
上司が下、私が上になってしまいます。

これはマナー違反です。

下りエスカレーターにおいては、
先に自分がエスカレーターに乗る必要があります。
そうすれば、「上司が上、自分が下」になります。

ただ、先にエスカレーターに乗るのは、
それまで半歩後ろを歩いているのに、
態勢を変えなければいけません。

その際、一言、「(お先に)失礼いたします」と言って、
エスカレーターに乗れば、スムースに行動できます。

そして、エスカレーターに乗って下っているときは、
少しナナメを向いていれば、なおさらOKです。


この下りエレベーターでの所作は、
なかなか慣れないと身につかないのですが、
今回は、1週間、これを実行できました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2017

浜離宮とオリーブオイル、これは私にもありうる出来事!!!・・


今日のお昼休み、いつものように、
自席で昼食をとりながら、ネットをみていると、
下記のニュースに出くわしました。

★オリーブ油「誤って落とした」=浜離宮の染み、女性が申告―警視庁
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000049-jij-soci


このできごと、私でもしてしまいそうな行為です。
こんな大騒ぎになった中、
「勇気をもって申告した女性に拍手!!」です。


・贈り物としてオリーブオイルをもっていた。
  →ありうることです。近年、オリーブオイルは、
   健康や美容に効果抜群とアチコチで宣伝しています。
・ポリ袋に入れて持っていた
  →ありうることです。
   親しい友達に「このオリーブオイルとってもいいのよ。。」
   て渡すときは、仰々しく包装なんかしません!!。
・ベンチで話している際に地面に落として瓶が割れてしまった
  →これもありうること。
・後ろを歩いていた男性に「何か垂れている」と声を掛けられるまで
 気付かなかった
  →これもありうること。
・空き瓶はごみ箱に捨てた
  →これもありうること。


と、わたしでも日常ありうること、が
たまたま、他の神社仏閣で「○○をぶっかけられていた!!!」
とニュースになっていたことと、関連付けられてしまいました。


実際、私が今回の女性のようになってしまっていたら、
施設の管理事務所に「どうしたらよいでしょう?」と声をかける
ことが必要かなって、認識させられる「事件」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »