« ブックファースト銀座コア店、突然閉店してました。 | Main | 「語学学習ならロゼッタストーン」のバーゲン »

March 21, 2017

初耳!!「ファクシミリ」はクラシック音楽では作曲家の自筆楽譜を実寸大などに印刷・製本した資料のことである!!

今日(2017.3.21)の日経新聞夕刊7面の「プロムナード」は、
NHK交響楽団首席オーボエ奏者茂木大輔氏の「自筆楽譜」という記事でした。


のっけから、「へぇ!!!」とトリビアでした。

それは、「ファクシミリ」には、
だれもが想像する「FAX」とは別の意味がある!!ということです。


クラシック音楽では作曲家の自筆楽譜を実寸大などに印刷・製本した資料を
「ファクシミリ」というそうです。

早速、Wikipediaで調べると
「原典版」というページに、
「ファクシミリ版」の説明がありました。

★Wikipedia 原典版
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%85%B8%E7%89%88
「版の種類」というところです。


「自筆楽譜」→「浄書楽譜」→「ゲラ」→「パート譜」等の流れのなか、
作曲者の訂正変更はよくあることで、自筆楽譜(原稿)には改めて記入
されていない場合がある、ことも書かれていました。

ちなみに、
・モーツアルトのは、あちこちに訂正の跡がある
・バッハのは、流れるような筆致で、そのまま演奏できそうな音符
・ベートーヴェンのは、汚く殆ど素人では判読できない
などなど、作曲家の特徴も書かれていました。

ほかにも、原典版がかならずしも最終版でないこと、
「それはそうだ・・」と改めて認識しました。

その認識できる理由もこの記事にヒントがありました。


★日経新聞 プロムナード自筆楽譜 茂木大輔
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14284290R20C17A3NZ1P00/

|

« ブックファースト銀座コア店、突然閉店してました。 | Main | 「語学学習ならロゼッタストーン」のバーゲン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/65049407

Listed below are links to weblogs that reference 初耳!!「ファクシミリ」はクラシック音楽では作曲家の自筆楽譜を実寸大などに印刷・製本した資料のことである!!:

« ブックファースト銀座コア店、突然閉店してました。 | Main | 「語学学習ならロゼッタストーン」のバーゲン »