« インサートカップは、100円商品惨敗!!です。 | Main | GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 »

February 12, 2017

東京の地下鉄の面白さ満載「地図と愉しむ東京歴史散歩(地下の秘密篇)」中公新書


去年の秋、自由が丘の本屋で見つけた
「地図と愉しむ東京歴史散歩(地下の秘密篇)」中公新書
は、カラー図版付きで東京の地下鉄について話題満載の本です。

(なお、今日の写真は、この大事な本、
 台所の洗い桶にボチャンと落とした???!!!ため
 シワクチャ・・・・デス。ああ。。。)

★表紙
Photo_4


なんてたって、お勧めは、冒頭にあるこれらの図です。

★丸ノ内線
Photo_3

★南北線
Photo_2

★大江戸線
Photo

都内の地下鉄はその他の路線も同じように図があります。

東京の地形の高低差もよくわかります。
それに駅の位置が書かれているので、丸ノ内線でいえば
四谷・後楽園・茗荷谷が地上にあるのもよくわかります。

丸ノ内線の四谷⇔赤坂見附ってかなり急こう配なのですね。
日比谷線の六本木⇔神谷町も、電車に乗っていて、
いつもきゅ~ンキュ~ン音がなっていましたが、
間が長いだけでなく、20メートルの高さを登ったり下がったりしています。

この地図を見て、とても参考になるのは、乗り換えのときの注意。
「●●駅でなになに線にお乗り換えができます!!」
というとき、
「南北線と丸ノ内線の乗り換え」は「後楽園」は避けたほうがよいデス。
エスカレーターでつながっているとはいえ、
まだかまだかというくらい何回も乗ります。
とっても時間をクイました。

この地図で見るとなんと、その2線の高低差は
約40メートルあるのですね。

この本は、まだまだ面白いことがいろいろ発見できます。
そのうちにまたこのブログでお知らせしたいと思います。

★中央公論新社 中公新書「地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇」
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2016/10/102403.html


|

« インサートカップは、100円商品惨敗!!です。 | Main | GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/64885844

Listed below are links to weblogs that reference 東京の地下鉄の面白さ満載「地図と愉しむ東京歴史散歩(地下の秘密篇)」中公新書:

« インサートカップは、100円商品惨敗!!です。 | Main | GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 »