« 羽生選手のエキシビション「The Swan」はやっぱり芸術作品!!です。 | Main | 東急ストアの「セルフレジ」は「半?セルフレジ」 »

February 24, 2017

数十年ぶりに確定申告のために税務署に行きました。「コンピュータ利用コーナー」が一番の様変わりでした。

今日、私ではなく、今仕事をしている会社の2人の役員の
確定申告のために、会社の近所の
東京都文京区の某税務署に、行ってきました。

「まだ2月なので」か、思っていたほど混んでなかったです。


確定申告の「相談」のために税務署を訪れたのは、
記憶によれば数十年ぶりです。

大きな様変わりは、
コンピュータ利用コーナーがあったことです。

コンピュータの申告に慣れている人
そうではない人
の2つに分かれていました。

プリンタもちゃんと用意されていて、
コンピュータを自宅に持っていなくても
WEBで申告ができる体制が整っているな、と思いました。

もちろん税務署の複数の職員の方が、
それらの操作に対応していました。


あと、変わったなと思ったことは、
「全て立ったままの対応」でした。

私は、
「会社で、国税庁のサイトで確定申告書を作り
プリントアウトし、証憑書類は糊付けし、
マイナンバーも入力した、
2人の役員の確定申告書が正しいかどうか
を税務署でチェックしてもらいたく」
本日出向いたわけですが、

そのチェックをしてくれたとき、
私も税務署職員も立ったまま!!でした。

それも、順番に相談コーナーに案内されたにもかかわらず、
「職員は相談者複数人を同時対応」のため、
「案内された机にじっと?立って待つこと、10分以上」でした・・・。


私の数十年前の税務署での確定申告の光景は、
多数の相談者および相談員の会場で、
「全員が椅子に腰かけていた!!」です。

この「座る」か「立ったまま」の状況は
税務署によって対応が違うかもしれませんが、
すくなくとも
「業務で忙しい+体調も漫然でない」私にとって、
「立ったまま対応の順番を待つ」ことは、
あとちょっとでも対応が遅れていれば、
倒れてしまうかもしれない状況でした。

もし、過去の先入観なしに
「立ったまま待つ」ことも知っていれば、
早朝に税務署に行くことの選択もあったかもしれません。


私自身の確定申告(青色申告)は、明日の土日で
「医療費控除も含め、e-taxで申告する」を目標にしています。

しかし、青色申告そのものが2年生のため、
モタモタしてしまいそうです。

来年以降、もっとスムースに申告できるよう、
超簡単手法でマニュアルをつくりながら頑張るつもりです。

|

« 羽生選手のエキシビション「The Swan」はやっぱり芸術作品!!です。 | Main | 東急ストアの「セルフレジ」は「半?セルフレジ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/64936324

Listed below are links to weblogs that reference 数十年ぶりに確定申告のために税務署に行きました。「コンピュータ利用コーナー」が一番の様変わりでした。:

« 羽生選手のエキシビション「The Swan」はやっぱり芸術作品!!です。 | Main | 東急ストアの「セルフレジ」は「半?セルフレジ」 »