« GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 | Main | 「自分の言葉で表現できる人」を確保する。・・・青山学院大学陸上競技部原晋監督の言葉、骨身にしみります。 »

February 14, 2017

不自然な「NHKニュース番組のコメンテータの、司会者ではなく絶対カンペを見てる!!!」とわかる「目線」


私はテレビはあまり見ません。
お気に入りの「タモリ倶楽部」「ブラタモリ」「ダウントンアビー」は、
欠かさず生で見ていますが、それ以外は、
出勤時と帰宅時に着替えをするときくらい・・・。

そのときのテレビは、いずれもNHKで、
朝の7時台と、夜の9時台のニュース番組。

それでいつも、気になって、いやな気分になるときがあります。

それは、解説をするコメンテーターの目線です。

メインキャスターとコメンテーターがやり取りをする場面において、
コメンテーターのみの映像アップのとき、
まるでメインキャスターに向かって話しているような目線で
映し出されるのですが、
「明らかにその目線の方向はカンペを見ている!!!」ことです。
なぜ、それがわかるかというと、
いずれも斜めの目線が、時としてずれるからです。

カンペを見るのは悪いことではありません。
しかし、それを視聴者には、
まるでメインキャスターを見てコメントしている風に見せる
映像に腹立たしく思います。


なぜ、今日、そのことを思い出したかというと、
今日の夜9時台のニュースで、
コメンテーターが手元のメモを見ながら、
メインキャスターと話していたのですが、
「その光景がとても自然」な印象を持ったからです。
自分のことばでコメントしていると思えました。

「カンペを朗読する」コメンテーターと全く違いました。

|

« GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 | Main | 「自分の言葉で表現できる人」を確保する。・・・青山学院大学陸上競技部原晋監督の言葉、骨身にしみります。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/64894404

Listed below are links to weblogs that reference 不自然な「NHKニュース番組のコメンテータの、司会者ではなく絶対カンペを見てる!!!」とわかる「目線」:

« GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。 | Main | 「自分の言葉で表現できる人」を確保する。・・・青山学院大学陸上競技部原晋監督の言葉、骨身にしみります。 »