« January 2017 | Main | March 2017 »

24 posts from February 2017

February 27, 2017

青色申告2年目、今年は「e-Taxで申告」できました!!

昨日日曜日、e-Taxで青色申告をしました。
しかも、試行錯誤&エラー続出で難破しそうでしたが、
なんとか無事達成できました!!!

私の工程は下記でした。
1.「やよいの青色申告」を使って決算書を作成
2.その「やよいの青色申告」でe-Tax用にデータ書き出し
3.国税庁提供の「e-Taxソフト」を使って、上記2のデータを取り込み
4.電子署名等を経て送信


国税庁のサイト、確定申告書等作成コーナーのeーTaxページは、
結局利用しませんでした。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm


というか、「やよいの青色申告」で書きだしたe-Tax用データは、
国税庁の「確定申告書等作成コーナー」のe-Taxでは
使えないのです!!!!
(実は、それを知らずに、アレ??あれ??で結構時間を費やしました)


私は、e-Taxで確定申告したのは確か今回で2回目だったと思いますが、
細かい工程は、すっかり忘れていて、
実は、「e-Taxソフト」の工程は全く忘れてしまってました。

国税庁のサイトで、「てっきり、データ取り込みができる」と
思っていたのが、度重なる試行錯誤の始まりでした。


「やよいの青色申告」は、今回、17年度版にバージョンしたことにより、
進むべき工程の誘導がなくなっているのでは?と思いました。

結構、弥生会計のサイトや、ヘルプ画面を探したのですが、
書き出しデータをどうしたらe-Taxで活かせるのか・・・については、
全くヒントを得ることができませんでした。

すくなくとも、昨日は、弥生会計のサイトとヘルプ画面では、
国税庁提供の「e-Taxソフト」を使って書き出しデータを取り込む、
という情報は得られませんでした。


どちらにしても、マイナンバーカードを使っての申告は、初めて。
それに関するドタバタも少々ありました。

私の昨日の、数多くの躓きは、きっとどなたも体験することだと思います。
できれば、明日、それについてこのブログで紹介できれば・・と思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2017

東急ストアの「セルフレジ」は「半?セルフレジ」

「横浜地下街東急ストア」
今は、ジョイナス地下街というらしいのですが、
昔は横浜ダイヤモンド地下街とよんでいたところにあるお店です。


私は、ここで頻繁に買い物をします。
今日の午前中、自由が丘の歯医者の帰りに立ち寄りました。

レジに近づくとなんか、様子が違う・・
いつも買い物する夕方と違い、
朝だから混んでなくそうなのかな・・・

そして、いつものようにレジで、
ポイントカードを出してパスモで支払って、
買い物かごもって手提げにいれようと動いた
(ここまでいつもと同じ)

そこで、気づいた!!!
レジのレイアウトがものすごく、変わっている!!

そして、はたまた、思い出した、
この前の日曜日、そういえば
「22日からセルフレジになります、トカナントカ・・・」の
ポスターが貼ってあったことを・・・。

袋詰めしながら、キョロキョロ周りを見回すと、
たしかに「そのセルフレジ」らしきマシンがあちことにある・・・。

じゃ、わたしがさっき通ったレジは、
たまたまセルフレジでないところを通ったのか・・・・????

明日も買い物にくるので、
明日のために予習しておこうと思って、
空いてるマシーンに近づいて、画面を見ると、
「現金」「クレジットカード」「ポイントカード」の選択しかない!!!

あれ、私のようにパスモやスイカでの買い物は、
どれを選べばいいのやら・・・???

周りを見るが、
そのマシーンの使い方の説明書は見つけられなかった!!!

じゃ、ネットでは説明されているか!!、
結構東急ストアのサイトを探したが見つけられなかった!!!

みつけたのは、ブログの記事だけ。

どうも、それらを読み解くと、
「商品バーコード読み取りは従来通り、
店員さんが行い、支払だけマシンで行う」ようである。

しかし、その東急ストアが提供する説明書が
店内にもネットにもないのは、あまりにも不親切ではないでしょうか?
すくなくとも、今日は見つけられませんでした。


そして、今日の私の経験からすると、
「パスモなど交通系ICカードで支払うとこれまで通り」
つまりこれが一番手間なく早く買い物ができる
ということになるのではないでしょうか?


明日、また夕方、東急ストアに行って、観察したいと思います。
このセルフレジについて公式案内があるのやらないのやら。

---------------------------------------------
なお、私の「セルフレジ」は「GUで経験したレジ」がイメージです。

今月初めだったか、GU横浜ビブレ店でスカーフ等を買い物したとき、
支払は完全に「セルフ」でした。

手順は思い出すに下記の流れだったと思います。

1.買い物カゴごとマシンの下の棚にいれ扉をしめる。
2.機械が自動でバーコードを読み取る。
3.4点の買い物の金額合計が出る。
4.現金を入れる、おつりが出る。
5.棚から買い物カゴを出す。
6.後ろの棚で、GUの袋に商品を自分で詰める。
7.退店

ということで、お店の人は全く介入しませんでした。
店員さんのレジは全くなく、老若男女これで支払です。

最初マシンに向かったとき、ドキドキしましたが、
画面の案内がよくできているのか、
難なく「セルフレジ」成功!!でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2017

数十年ぶりに確定申告のために税務署に行きました。「コンピュータ利用コーナー」が一番の様変わりでした。

今日、私ではなく、今仕事をしている会社の2人の役員の
確定申告のために、会社の近所の
東京都文京区の某税務署に、行ってきました。

「まだ2月なので」か、思っていたほど混んでなかったです。


確定申告の「相談」のために税務署を訪れたのは、
記憶によれば数十年ぶりです。

大きな様変わりは、
コンピュータ利用コーナーがあったことです。

コンピュータの申告に慣れている人
そうではない人
の2つに分かれていました。

プリンタもちゃんと用意されていて、
コンピュータを自宅に持っていなくても
WEBで申告ができる体制が整っているな、と思いました。

もちろん税務署の複数の職員の方が、
それらの操作に対応していました。


あと、変わったなと思ったことは、
「全て立ったままの対応」でした。

私は、
「会社で、国税庁のサイトで確定申告書を作り
プリントアウトし、証憑書類は糊付けし、
マイナンバーも入力した、
2人の役員の確定申告書が正しいかどうか
を税務署でチェックしてもらいたく」
本日出向いたわけですが、

そのチェックをしてくれたとき、
私も税務署職員も立ったまま!!でした。

それも、順番に相談コーナーに案内されたにもかかわらず、
「職員は相談者複数人を同時対応」のため、
「案内された机にじっと?立って待つこと、10分以上」でした・・・。


私の数十年前の税務署での確定申告の光景は、
多数の相談者および相談員の会場で、
「全員が椅子に腰かけていた!!」です。

この「座る」か「立ったまま」の状況は
税務署によって対応が違うかもしれませんが、
すくなくとも
「業務で忙しい+体調も漫然でない」私にとって、
「立ったまま対応の順番を待つ」ことは、
あとちょっとでも対応が遅れていれば、
倒れてしまうかもしれない状況でした。

もし、過去の先入観なしに
「立ったまま待つ」ことも知っていれば、
早朝に税務署に行くことの選択もあったかもしれません。


私自身の確定申告(青色申告)は、明日の土日で
「医療費控除も含め、e-taxで申告する」を目標にしています。

しかし、青色申告そのものが2年生のため、
モタモタしてしまいそうです。

来年以降、もっとスムースに申告できるよう、
超簡単手法でマニュアルをつくりながら頑張るつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2017

羽生選手のエキシビション「The Swan」はやっぱり芸術作品!!です。


フィギュアスケートの四大陸選手権2017が終わり、
男子シングルは、ネイサン・チェンが優勝しました。
羽生結弦は2位でした。

確かに、ネイサン・チェンのジャンプは安定しています。

★ネイサン・チェンのSP 
NATHAN CHEN SP 2017 FOUR CONTINENTS
https://www.youtube.com/watch?v=6DfOYQ464bI

★ネイサン・チェンのフリー
Nathan Chen FS 2017 Four Continents Championships
https://www.youtube.com/watch?v=_8Zob07SODA

それに、私がネイサン・チェンに一目置いているのは、
バレエも練習しているということで、
スケーティングにおいて確かにバレエの要素が垣間見られ、
具体的には「美しい姿勢」です。


しかし、総合的に見ると、
やはり羽生結弦の演技は、
そのネイサン・チェンを抜いています。


特にそれを実証できるのは、
今期のエキシビション「The Swan」です。

羽生結弦の「The Swan」、
これは後世に残ると思うほど、美しい演技です。

ジャンプはほんの2つ(たしか)しか入れてないのですが、
スケーティングの美しさ、フィギュアスケートの魅力などなど
ほんとに「動く絵画」と言えます。


★四大陸選手権2017 羽生結弦「The Swan」
Yuzuru Hanyu 2017 4CC Gala
https://www.youtube.com/watch?v=Xw7HoeOhdaU

どちらにしても、男子シングルは2強時代に突入したか!
と感じています。

ファンの私としては、まだまだ若い二人!!
お互い研鑽しあって、さらに美しいフィギュアスケートを
表現していってほしいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2017

2か月置きの定期健診、血糖値の値が元に戻ってしまってました!→一大決心をし、生活を変えています。


先週の金曜日、脳梗塞と糖尿病の定期健診のため
かかりつけの病院に行きました。

2か月置きに通院して検査と診察を受けていますが、
案の上、とても悪い結果でした。

血糖値(ヘモグロビンA1c)の値が、急に跳ね上がって7.5でした。
2か月前は6.3まで下がっていたのに、????です。
ここのところ、体重がふえっぱなしで予感はしてたのですが、
さすがにこんな値が出るとショックでした。


血圧は毎朝、自宅で測っていますが、
この1月からとんでもない数値結果が時々出ていたので、
懸念はしていたのですが、糖尿病の先生いわく
「血圧も高くなっているということは生活習慣病が戻っている」とのこと。


前回2か月前の診断時は血糖値の結果が良好だったので、
糖尿病の薬は減っていましたが、今回またもとに戻りました。

また、脳神経血管内治療科のお薬も、
血圧をより下げるための強い薬に変わりました。


先週金曜日の血液検査の値と、
ここ2か月近くの血圧の値を総合的に見ると、
私が1昨年の6月に脳梗塞を発病したときと、
体の値はほぼ同じではないかと思います。

これに「キラーストレス」が加わると、
私は間違いなく脳梗塞が再発してしまいます。


毎日仕事をしている関係上、
再発してしまっては周りに迷惑をかけてしまいます。

ま、「いつでも再発する」危険性を認識しているので、
病後は、いかなる仕事でも、
「いつ、バタンと倒れてもポックリいっても周りに迷惑をかけない」
ように、気遣いしているつもりです。


しかし、さすがに、金曜日の検査結果はショック!!!

したがって、私は早速、下記のことを実行しています。
・まず体重を減らす
・そのために会社での昼ご飯は摂取カロリーを減らす
・パブロンゴールドを飲まない
・お風呂でふくらはぎのマッサージをする
・レモン&はちみつを飲む
・血糖値を自宅でも土日に測る

上記は土曜日から実行していること、プラス

・生協でトマトジュースを注文
その他、できることはいろいろ試したいと思います。

後遺症の右手足のしびれはいまだに強く残っている現状、
いつなんどきどういう形で「キラーストレス」が襲うかもしれず、
「何が起きてもそれは運命」。

しかし自分一人で生きているわけではなく、
周りに迷惑をかけないための努力は義務と思っています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2017

国税庁サイトの「確定申告の手引き」はよくできている!!!おそらく確定申告初心者でも一人でできる・・・。

今、仕事をしている会社では、経理も担当していますが、
会社役員の確定申告も仕事の一つです。

私は今、個人事業主で青色申告なのですが、
給与所得者の確定申告は、
給与所得者時代に、医療費還付のための確定申告を
何度かしたことがあります。

しかし、それもずいぶん何年も前のこと・・・。
すっかり、その申告書の書き方は忘れています。

経理担当2年目に突入しましたが、
役員の確定申告業務は初めてです。

「年末調整なし+社会保険(厚生年金等)なし」の役員もいて、
まったくチンプンカンプン。
まずは疑問の整理をしました。

そして、それらの疑問の解決方法があるかどうか、
藁をもすがる思いで、国税庁のサイトでヒントを探しましたら、
ありました、ありました!!!。

「平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」
★「確定申告の手引き」
11

私が特にわからなかったことは、
「老人扶養家族」。

詳しいことはここでは控えますが、
なにしろ手元に届いたのは役員本人ではなく、
そのお母さま名義で収めた「国民健康保険料」「国民年金」の控え。


さらに、確定申告書の各項目、どれに何を書いていいやら、
もう最初はドトウに迷ってしまいましたが、
この「確定申告の手引き」、実によくできてます。

 なお、私は、国税庁のマワシものではありません。
 正直、イチ国民として、今日の体験で、
 このインターネット時代、ここまで親切になったか!!!と思い、
 その感動を伝えたく、書いています。


この手引きは全部で40ページありますが、
全部プリントアウトするのがお勧めです。
★目次
12


理由は、「計算欄」というのが随所にあって、
自分が把握している額を記載すれば、
申告書の第一表、第二表とも、
記入すべき額が計算できるからです。


もう少し具体的に、この手引きのご紹介をします。
まず、その確定申告書の各項目(①~丸58)の書き方は、
「どこどこ(何ページ)を見なさい」と最初に説明があります。

★申告書の書き方(第1表)
1


★申告書の書き方(第2表)
32


そして、各項目についていえば、例えば
⑥の「所得金額」。
★所得金額欄
4

これって、給与(収入金額)とどう違うの???っと、
いきなり面食らってしまいました。

しかし、手引きの7ページの計算欄に
「源泉徴収票」の額を、
それに合わせた該当の箇所に記載すれば、
計算方法を誘導してくれます。

★給与所得計算欄
5

それに医療費控除。
私のこれまでの概念は「10万円以上が控除の対象」
だったのですが、それは不正解デス。


給与所得のみの人は、
上記⑥が所得金額⑨になりますが、
その所得金額⑨の額が200万円以内なら、
「⑨の額の5%より多ければ10万円以内でも
控除の対象となる」のです!!!

★医療費計算欄
6


上記の絵を説明すると、
D×0.05 → E
Eと10万円のいずれか少ないほうの金額 → F
医療費控除額は、Gの値です。
(マイナスならば控除額は0円)


上記以外にも随所に、「計算欄」があり、
小さい箇所でも、説明が抜けているところはまだ遭遇していません。

手持ちの証憑書類さえそろっていれば、
そして、
この「詳細でわかりやすい手引き」を見れば、
申告のための書類つくりは、
確定申告初めての人でも一人でできると思います。


書き方がわかったら、お勧めの手順は・・・
1.申告書白紙をダウンロードしてプリントアウト
    下記のサイトで「申告書B様式」のダウンロード
★確定申告特集
B

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/yoshiki.htm 

2.手引きを見ながら、1に該当の数字を手書き
3.確定申告書作成コーナーから
    eーTax あるいは 書面提出を選択
★選択コーナー
Photo

  書面提出を選択すれば、2で手書きした数値を
  オンラインで入力でき、控えも印刷できます。


とにかく、本日の体験で、
私もネットの操作マニュアルはよく作るのですが、
「確定申告の手引き」は、
かゆいところに手が届く、優れたマニュアル!!
という印象を持ちました。   

★「平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/02.pdf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2017

ダウントン・アビーシーズン5、終わりましたね。まだ余韻が残っています。


ダウントン・アビー、「シーズン4のある日」を偶然テレビで見て、
ハマった私です。

このブログでも以前書いたように、
シーズン1~4は、その偶然に出くわしてから、
Amazonプライムで即、全部見ました。

★ダウントン・アビー (字幕版) 2013
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01DCGSZLO?ref_=aiv_dp_season_select


NHKテレビでは、日本語吹き替えで見ますが、
アマゾンで見る字幕版は、新たな感覚で楽しめます。

Amazonプライムでシーズン5がリリースされたら、
もちろん絶対見ます。

ところで、シーズン5はあまりNHKが番宣をしなかった、と
いう印象があります。

シーズン1からみないと途中から見てもわからないのでは?
という理由でしょうか??

しかし、私のようにシーズン4からハマった人もいるので、
世界中で評判のこの名作ドラマは
もっともっと宣伝してもよかったのでは?


シーズン5でも、思いがけない話の展開、気の利いた会話、
衣装や髪型、インテリア、マナーなどいろいろな視点で楽しめました。

シーズン5で登場した、「シンダビー卿」。
当初、「死んだB卿」と聞こえていて、
一体誰の事?と思いながら見てました。
そのうち、誰のことか理解できましたが。。。。。


今回のシーズンで、印象深いことは。。。
・ローザの機転(第10話)
・モーズリーとバクスターの行動(第10話)
・バイオレットの駆け落ち寸前の逸話
などなど・・・・。

相変わらず、
・故マシューの母イザベルの芯のある生き方
・メアリーの毅然とした態度
・デイジーとパットモアの絆
・カーソンとヒューズのそれぞれの立場での責任感
などなど、とても参考になります。


ダウントン・アビーはシーズン6まであります。
ま、DVD等を買えばすぐに見れるわけですが、
NHKでの放送を心待ちにしながら、
ダウントン・アビーシーズン5の余韻に浸ることにします。

その前に、もう一度、Amazonプライムで
シーズン1~4を字幕でおさらいするかも・・・・。

★NHK海外ドラマ ダウントン・アビー5
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/downton5/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2017

「やよいの青色申告」裏技その1(項目複写 CTRL+F)

「青色申告」の準備、今年もこの時期になってやっと動き出しました。
「青色申告」は今年で2年目ですが、毎月月次で締めておけば、
こんな苦労することないのに・・・と今年も思っています。。。

第一、
1.個人事業主としての決算報告(試算表)の仕方
2.「やよいの青色申告」のソフトの使い方
この2点をすっかり忘れてしまっています。

領収書は、溜めてはいたのですが、
土日だけで、その整理から初めて申告まで済ますには、
この2月から始めた私は、ちょっとスケジュールがきつそう。。。。

あと、土日は3回ありますが、終わるかな・・・。

ところで、今日、「やよいの青色申告」の使い方で
便利な方法を見つけました。

毎月同じ科目で計上するものについて、
毎回同じ操作で入力するのは非効率です。

仕訳日記帳に「前行項目複写」という機能があります。
つまり上の行の科目や金額、摘要欄の内容が同じの場合、
各セルで「CTRL+F」すれば、コピーできます。

日にちが違ったり、金額や摘要欄などが、
ちょっとだけ違う場合、これは便利です。


オービックの「勘定奉行」では振替伝票の画面で
「F2」をおすと、何行もある伝票を一度に全項目コピーしてくれます。

企業の経理業務は個人事業主の決算とはけた違いに複雑ですので、
青色申告ソフトにそれほどの機能は必要とはしないのですが、
それでもこの複写機能は入力のスピードが格段に上がります。

★メニューからもできます。
仕訳日記帳の画面で、「編集」→「前行項目複写」を選びます。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2017

ウィリアム・モリスのクッションが届きました。グッドです!!!

今日、生協で注文していた
ウィリアム・モリスのクッションが届きました。

★くらしと生協 ウィリアム・モリス背当てクッション
Photo


ブルーのクッションは、写真通りの製品でした。

今、座っている椅子で使っていますが、
クッション度合いもなかなかです。

まず、背筋がまっすぐになります。
なかなか心地よいです。


ウィリアム・モリスという人は、
生協のパンフによると、
「ヴィクトリア朝時代の英国工芸美術家であり思想家」とのこと。

このクッション3,500円はリーズナブルな価格で、
ちょっとリッチな気分になれるし、
いろいろ揃えたいなと思うデザインです。

★ウィリアム・モリス ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

★ウィリアム・モリス 画像
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9&biw=1318&bih=818&site=webhp&source=lnms&tbm=isch&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwjSy9OU4JnSAhXFEbwKHWMOCjUQ_AUIBigB&dpr=1
どの画像も、全部好き!!!です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2017

今日、日経と朝日の朝刊に出ていた全面広告「昭和21年2月、広島の『未完成』」

今日、帰りの東海道線の電車で、
いつもの通り日経新聞朝刊を読んでいると、
16面の全面広告に目が留まりました。

なぜなら、五線譜が掲載されていたからです。
★今日の日経新聞16面
(全面なので写真は撮りがたくデジタル版の画面キャプチャです)
16

右のリードは、-昭和21年2月、広島の「未完成」-

そして、改めて五線譜の上を見ると、
「シューベルト 交響曲第7番 ロ短調 D759」とあります。
(そのときまで、まだ7番が「未完成」ということには気づきません)

ただ、その一つ目の五線譜を頭でソルフェージュすると、
あれ、この曲は、シューベルトの「未完成」!!と思いました。

そして、左のリードを読むと、
「それは生き残った人々に共感と勇気を与えました」

そして、下のほうを読むと、
「広島の復興はクラシック音楽と共にあった」とありました。
そして最後に
「この演奏会についてご記憶のある方、
実際に演奏された方とその家族、聴衆の皆さんを探しています」
とありました。

電車の中ではそれで次の面に進んだのですが、
家について今度は朝日新聞の朝刊を見ると、
28面に同じ全面広告が出ていました。

★今日の朝日新聞28面(同じくデジタル版の画面キャプチャ)
Asahi28

正直、「未完成」は、ベートーヴェンの「田園」「運命」などほど、
すぐにメロディーを思い出せません。

しかし、電車の中でソルフェージュした一つの五線譜、
それ以外の3つの五線譜を家でソルフェージュすると、
メロディーが完全に脳に蘇ってきました。

そして、改めてこの全面広告の本文を読むと、
あの広島でしかもその半年後に、
こんな演奏会が行われていたこと!!を知って、
驚き、そして感動しました。

その部分をアップします。
★広告記事の本文
Photo


演奏者は30人ばかりだそうです。しかも、
プロ、アマ問わず手元の楽器をもって集まった方々だった
らしい。。。

ほんとうに、この本文にあるとおり、
音楽の理想主義を世界に広めていけたらと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2017

「自分の言葉で表現できる人」を確保する。・・・青山学院大学陸上競技部原晋監督の言葉、骨身にしみります。

今日の日経新聞夕刊の2面
連載「読み解き現代消費」は、
「青学式ゆとり世代育成法」ということで、
青山学院大学陸上部原晋監督の記事でした。

箱根駅伝3連覇達成の青山学院大学陸上競技部の原晋監督が、
「最も重視しているのは、
自分の言葉で表現できる人を確保する、あるいは、
そうした人に育てることだと強調した」、という一節、

ここに私は最近、常々思っていることと符合しました。

それは「自分の言葉で表現できる」こと、そのものを、
日々の仕事の中で、とても重要なことと再認識しているからです。

私は、どちらかというと、
自分の思っていることを、適切なタイミングで、
言葉で説明することを苦手としています。

それができないために、絶句して、涙ポロポロ・・・が
数年前までの私でした。

しかし、さすがに60過ぎて、涙ポロポロ・・・は
耐えられるように成長しました。(やっと、ですが。。。)

でも相変わらず、自分の思っていることを適切な論理構成、
適切な言葉、適切なタイミングで話せているとは言えません。


これができない原因は、わたしの幼児体験というか、
育ちが原因の一つだと思っています。

5人兄弟の長女として育った私、
親から叱られたとき、言い訳は言語同断。
「なぜそうしたのか、そして、それはなぜそうしたか・・・」を
説明する術を知りませんでした。
ただひたすら泣くばかり。

その影響でしょうか、小学校、中学校、高校において、
自分の意見を(「論理的に」…今思えばデスガ)表現できず、
「討論」はとても苦手でした。


ただし、尊敬する両親から叱られたこと、
そのものはありがたかったと心底思います。
それに私の今があるのは、それで育ってきたからだと思っています。


しかし、この歳になって、ビジネスにおいて、
自分の意見を適切なタイミングで
「自分の言葉で表現できる」要素が足りないことは、
私の今の欠点の一つです。
ただただ状況に流され、
「それを考える」ことすらできてない状況に陥っている、、、、。

少しずつ、それを改善・克服することを毎日の課題としています。

今日の日経新聞のその記事では
「考える力が組織を活性化できる」ことを、
私も納得できる形で青学3連覇の実例で示しています。

最近の新聞で、
「周りに振り回される人のナントカカントカ」という本の宣伝を
みたことがあります。

わたしなりの解釈は、そういう人は、
「自分の言葉で適切なタイミングで自分の意見を言えない
から、そうなっている・・・」
です。

私は、これから死ぬまで、
ある程度の生活をしながら生きるために、
仕事をし続けたいと思っています。

それにはほんとに、適切なタイミングで、自分の意見を
「自分の言葉で表現できる」ことが重要だと思っています。


★日経新聞
読み解き現代消費青学式ゆとり世代育成法 考える力、組織活性化
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12929550V10C17A2EAC000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2017

不自然な「NHKニュース番組のコメンテータの、司会者ではなく絶対カンペを見てる!!!」とわかる「目線」


私はテレビはあまり見ません。
お気に入りの「タモリ倶楽部」「ブラタモリ」「ダウントンアビー」は、
欠かさず生で見ていますが、それ以外は、
出勤時と帰宅時に着替えをするときくらい・・・。

そのときのテレビは、いずれもNHKで、
朝の7時台と、夜の9時台のニュース番組。

それでいつも、気になって、いやな気分になるときがあります。

それは、解説をするコメンテーターの目線です。

メインキャスターとコメンテーターがやり取りをする場面において、
コメンテーターのみの映像アップのとき、
まるでメインキャスターに向かって話しているような目線で
映し出されるのですが、
「明らかにその目線の方向はカンペを見ている!!!」ことです。
なぜ、それがわかるかというと、
いずれも斜めの目線が、時としてずれるからです。

カンペを見るのは悪いことではありません。
しかし、それを視聴者には、
まるでメインキャスターを見てコメントしている風に見せる
映像に腹立たしく思います。


なぜ、今日、そのことを思い出したかというと、
今日の夜9時台のニュースで、
コメンテーターが手元のメモを見ながら、
メインキャスターと話していたのですが、
「その光景がとても自然」な印象を持ったからです。
自分のことばでコメントしていると思えました。

「カンペを朗読する」コメンテーターと全く違いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2017

GINZA SIX「観世能楽堂」開場記念祝賀能の追加公演が発表されています。

先日のブログで私は、
GINZA SIX「観世能楽堂」の「道成寺」のチケットが奇跡的にとれたことを
お知らせしました。

その後の公演の情報を知りたく、先ほど「KANZE.net」にアクセスしたら、
「観世能楽堂開場記念祝賀能追加公演&若手特別公演」の
お知らせがアップされていました。
http://kanze.net/index.php

「観世能楽堂開場記念公演祝賀能追加公演」は、
平日の午後1時なのでさすがにいけませんが、
「観世能楽堂開場記念公演若手特別公演」なら、
開演が午後7時半なので、何とか無理すれば行けそうです。

観世家元の息子さんだったと思いますが、
観世三郎太さんの仕舞、それに
半能「石橋 大獅子」もあります。

この「石橋」は、ちょっと派手で見ごたえがあります。

チケット販売は、2月25日(土)午前10時からとのこと。

ところで、その日の演目「乱 置壺 双之舞」の演者
坂口貴信氏は、おそらく坂口信男氏のご子息だと想像しました。
坂口信男氏は、私が福岡在住のころ、
当時の住吉能楽堂での演目でお目にかかったことがある方だと思います。


そして、坂口氏を思い出すなら、今村義伸氏を思い出しました。
その父上、今村誠氏に私は、小学生から中学生まで
謡曲と仕舞を師事しました。

今でも思い出すのは、小学生のころ、毎週水曜日、
住んでいた福岡市郊外の糟屋郡志免町から、弟と二人で
福岡市西公園まで、西鉄バスにのって、謡曲・仕舞の稽古に
今村誠氏のところまで通っていたことです。

今村先生の稽古場で、福岡市内に勤めていた父と落ち合い、
夜は一緒に3人で家まで帰っていったことを思い出します。

そして、ネットをたどると、その今村誠先生のお孫さん、
今村 嘉太郎氏がご活躍されているのですね。。。

プロフィールを見ると東京芸大をお出になっているとのこと。

日本の伝統文化「能楽」の伝承および発展をなによりも望んでいる私です。

今村 嘉太郎氏にお会いしたことはありませんが、
GINZA SIX「観世能楽堂」のこの追加公演のニュースとともに、
とっても嬉しくなりました。

★福岡を拠点に活動する観世流能楽師「今村 嘉太郎(いまむら よしたろう」公式サイト
http://yoshitarou.com/profile.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2017

東京の地下鉄の面白さ満載「地図と愉しむ東京歴史散歩(地下の秘密篇)」中公新書


去年の秋、自由が丘の本屋で見つけた
「地図と愉しむ東京歴史散歩(地下の秘密篇)」中公新書
は、カラー図版付きで東京の地下鉄について話題満載の本です。

(なお、今日の写真は、この大事な本、
 台所の洗い桶にボチャンと落とした???!!!ため
 シワクチャ・・・・デス。ああ。。。)

★表紙
Photo_4


なんてたって、お勧めは、冒頭にあるこれらの図です。

★丸ノ内線
Photo_3

★南北線
Photo_2

★大江戸線
Photo

都内の地下鉄はその他の路線も同じように図があります。

東京の地形の高低差もよくわかります。
それに駅の位置が書かれているので、丸ノ内線でいえば
四谷・後楽園・茗荷谷が地上にあるのもよくわかります。

丸ノ内線の四谷⇔赤坂見附ってかなり急こう配なのですね。
日比谷線の六本木⇔神谷町も、電車に乗っていて、
いつもきゅ~ンキュ~ン音がなっていましたが、
間が長いだけでなく、20メートルの高さを登ったり下がったりしています。

この地図を見て、とても参考になるのは、乗り換えのときの注意。
「●●駅でなになに線にお乗り換えができます!!」
というとき、
「南北線と丸ノ内線の乗り換え」は「後楽園」は避けたほうがよいデス。
エスカレーターでつながっているとはいえ、
まだかまだかというくらい何回も乗ります。
とっても時間をクイました。

この地図で見るとなんと、その2線の高低差は
約40メートルあるのですね。

この本は、まだまだ面白いことがいろいろ発見できます。
そのうちにまたこのブログでお知らせしたいと思います。

★中央公論新社 中公新書「地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇」
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2016/10/102403.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2017

インサートカップは、100円商品惨敗!!です。

2月2日、このブログで紹介した100円ショップでみつけた
「インサートカップとインサートカップホルダー」。

★カップとソーサー
Photo


そのインサートカップについて、
会社でいつも利用している商品と比べてみました。

★100円ショップで買ってきたインサートカップのパッケージ
100

会社で利用しているインサートカップは下記の商品です。
★カウネット インサートカップ7オンス 220ml 50個
http://www.kaunet.com/kaunet/goods/41245941/

買っているのは富士ゼロックスのネットショップですが、
価格は上記のサイトと同じです。

★カウネット商品のパッケージ
_600


100円ショップ商品とカウネット商品の商品比較!!
材質・容量とも同じですが、その他の面では、
結果、軍配は価格・品質とも、カウネットの商品が勝利!!です。

1.まず、価格面
100円ショップ製品は、20個入りなので単価5円(税別)
一方カウネット製品は、50個入り229円で単価4.58円(税別)

2.次に、品質面
100円ショップ製品は、耐熱温度が70℃
カウネット製品は、80℃

3.それに使い勝手面
カップホルダーにインサートカップをセットするとき、
飲み物をいれたときにカップがグラグラしないように、
カップをセットしたら上からカチっというまで抑えて、
ホルダーにカップがハマったところで
使用する必要があります。

その時、
100円ショップ製品は、カップがクシャッとなります。
つまり、しわくちゃ・・・。
カウネット製品は、ビクともしません。

上記3つの観点から、
インサートカップは、100円商品惨敗!!でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2017

「絶景くんの富士山中継」・・23時なのにまるでお昼のような明るさ!!!

私は毎晩、山中湖村観光課公式サイトの
「絶景くんの富士山中継」にアクセスしています。

「日本一の山-富士山」は、
「東京」(横浜含む)に40年近く住んでいますが、
博多にいるときより、より身近な存在になっています。

今日も、先ほどパソコンのスイッチをいれて、
一番に見たのが「絶景くんの富士山中継」でした。

★2月10日23時ごろの富士山
23


まるで空がお昼のような青さにびっくりしました。
そして、左から雲がモクモクと広がっています。

この空の青さ、真夜中なのに不思議な光景に思えました。


それと、さすがに山中湖湖畔は雪景色なのですね。

あ、いま雲が少し晴れて富士山の山頂が見えました!!!

★2月10日23:13の富士山
2313


★富士山ライブカメラ(絶景くんの富士山中継)
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/zekkei/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2017

毎月10日までに、会社は給与所得者の前月給与から差し引かれた住民税と源泉徴収を支払っています。


昨年2月から経理業務も担当するようになった私ですが、
このブログでも書いたように経理の「ケ」もわからない、
ましてや簿記は全くチンプンカンプン!!!!・・・・

しかし、とうとう経理も担当2年目を迎えました。

家計簿は専業主婦時代、徹底的に管理していましたので、
現金の収支は、絶対的な自信はありました。

ところが、こと「BS」(貸借対照表)においては、もう全くお手上げです。
お金の流れとは全く無関係の別世界!!!


しかし、会社で使っている経理ソフト「勘定奉行」に、
日々のお金の流れを打ち込んでおけば、
PL(損益計算書)はもちろん、BSも自動的に生成してくれます。
さすが、「勘定奉行」(オービック)はよくできたソフトウェアです。

でも、正直、1年経った今でも、
まだよくわかってないのが「未払費用」。
実際のお金の流れと違うので、
ウッカリ計上すべきものを見逃しガチです。

この部分、いかに見逃すことなく仕訳できるか・・・、
経理2年目の私は、ズブの経理シロウト(未経験者)でも、
スムースに業務が遂行できるよう、
マニュアルを充実していきたいと思っています。

ところでタイトルに書いた「給与所得者の住民税と源泉徴収所得税」。

若いころのOL時代も、
そして子育て明けのサラリーマン時代も、
全く気にしてなかったのですが、
天引きされていた住民税、所得税、厚生年金等社会保険料。
これらはどのように処理されているかご存知でしょうか?


経理を担当して初めて知ったのですが、
下記のような流れになります。

◆住民税
会社は毎年1月末までに前年度の給与所得を、
従業員が居住する市町村に報告

数か月後、各市町村より会社に
住民税額が記載された
毎月支払い帳票が1年分、会社に届く。

それに基づき、給与から住民税を天引き

翌月10日までに会社は、各市町村にその住民税を振り込む


◆所得税
毎月給与から所得税を天引き

翌月10日までに会社は、会社の所在地の税務署に
天引きした所得税を振り込む


◆社会保険料
厚生年金、雇用保険などの社会保険料は、
毎月20日過ぎに会社に、
年金事務所から届く納付通知書で支払額を把握。

その内訳のひとつ、厚生年金は
給与所得で天引きされている額の2倍
(給与所得者+会社負担)の額が納付額に相当。

毎月、月末までにその納付通知書に書かれた額を
年金事務所に振り込む。


おおよそですが、給与から天引きされているそれぞれは、
このようなスケジュールで役所に支払われています。


昨年、経理を担当した直後、所轄税務署から電話があり、
「前月の給与天引きの税金は翌月の10日までに税務署に支払う必要がある」
と聞いたときは、
「そういうことだったのだ・・・・」と妙に納得したトキを思い出します。


2年目の経理業務、是非とも無駄を省いて、
効率よく業務をこなしたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2017

「中原淳一スタイルブック」、私のファッションと生き方はこれを理想としています。


会社の机の引き出しを整理していたら、
「中原淳一スタイルブック」の本が出てきました。


★「中原淳一スタイルブック」
Photo_3


(2001年7月25日初版第一刷)
おそらく発売時にAmazonで買ったものと思います。

私は、このスタイルブック表紙のファッションが、
とっても好きです。

フレヤースカートの白のワンピース、白手袋、白いブレスレット、
そして小さな花束・・・・・


この本は、絵葉書仕様になっていて、
この表紙と同じ絵の絵葉書は、暫く長い間、
会社の机の前に貼っていました。


★背表紙
Photo_2

★裏表紙
Photo

★なんと、私が生まれた年の「それいゆ」で発表されたファッション!!!
1


みんな素敵です!!!
63年たった今でもまったく時代遅れではなく
エレガンスそのものです!!!

中原淳一氏の本は、これ以外にも
いろいろ持っていますが、この本が一番お気に入りです。

こんな女性であり続けたい!!!
私の理想&モットーです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2017

お腹を2回ねじらせました、今日の朝日新聞夕刊「人生の贈りもの」36代木村庄之助の記事

今日の朝日新聞夕刊5面「人生の贈りもの」に掲載された
元立行司・36代木村庄之助編の2日目の記事には、
2回、お腹の筋肉をよじって読まされました。

一つは「黄色いマクワウリ」のところ、
もう一つは「にしき~じま~」のところ。

もう、クックックックとお腹の筋が明らかにねじれるほど
笑ってしまいました。
是非、後ほど書くURLで、実際の記事を読んでみてください。

きっと、36代木村庄之助こと山﨑敏廣氏は、
おおらかな性格の方だとお見受けします。

36代木村庄之助こと山﨑敏廣氏の
「人生の贈りもの 私の半生」は昨日から始まってるのですが、
初日から、何か「アレっ!?」と思ってしまう「ポイント」がありました。


誰にでもいろいろ失敗談はあると思うのですが、
36代木村庄之助こと山﨑敏廣氏は
それをヒョイヒョイと公にしてくれる、
その懐の深さを知ることができそうで、
あと8回続く連載記事が楽しみです。

★朝日新聞
(人生の贈りもの)わたしの半生 元立行司・36代木村庄之助、山崎敏廣:2 68歳
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12786134.html?iref=com_fbox_d2_05


朝日デジタル版は、有料会員でなくても、登録して無料会員になれば、
デジタル版の有料記事が1日1本まで読めるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2017

100円ショップ用商品は普通商品と比べて、お得かどうか?を調べました。


私がよく利用するヒガシマルのうどんスープ。

パッケージには
「本場のおいしさ 関西の味」とありますが、
博多出身の私も、このうどんスープのファンです。

常備している食材の一つですが、
東急ストア等では、6袋入って134円(税別)。

実はダイソーでも4袋100円(税別)で売っています。

★東急ストアとダイソーの「うどんスープ」
Udon

数年前、ダイソーでこの「うどんスープ」を初めて目にしたとき
「ニセモノ??」「類似品???」と正直思ってしまいました。

しかし、パッケージも味も、
正真正銘「ヒガシマル醤油株式会社」の商品でした。
Photo


2つの商品を比べると、単価としては、
6袋入りは22.3円/食で、
4袋入りは25円/食なので、ダイソーの商品のほうが割高です。

しかし、「一箱100円!!」という安さが、
「100円ショップ」での勢い!!!と乗じて、
来店者に購入意欲を搔き立てるようです。

販売サイドも販売チャネルを増やすための戦略だと思います。

消費者サイドとしても、あらゆるジャンルの高価な商品でも、
ちょっとサンプル程度に100円で入手できるなら、
試したい衝動がおきそうです。

100円ショップにそういうコーナーができると面白いな・・・と思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2017

アメリカでの舞台挨拶で、マーティン・スコセッシ監督が登場すると、会場のお客さん全員が起立するらしい。

「沈黙」大ヒット御礼舞台あいさつのときの映像がYouTubeにあります。

★「沈黙」大ヒット御礼舞台あいさつ
https://www.youtube.com/watch?v=d_TuoPVfZsA

上記の中で、
イッセー尾形は、アメリカでの舞台挨拶の様子を話しているのですが、
マーティン・スコセッシ監督が壇上に現れると、
会場のお客さんが全員起立するそうです。
サンフランシスコ・ロスアンゼルス・ニューヨークともそうだったそうです。

アメリカでどんなに尊敬されている監督かが想像できます。
(イッセー尾形のこの話は上記の映像の2:07くらいから)


また、上記の映像で、塚本晋也は、
映画公開後の周りの反響について話しているのですが、
紀伊國屋書店で、「モキチ・・モキチ・・・」と言いながら
涙を浮かべんばかりの中年女性が近づいてきたらしいです。
(塚本晋也のこの話は上記映像の4:56くらいから)

残酷な拷問でも信仰を貫いた茂吉の姿は、
多くの人に深い印象を残していると思います。

塚本氏は、その海岸での拷問の撮影について、
私がこの映画を見た1月21日の日本公開初日舞台挨拶で、
どのような撮影だったかを詳しく話していました。

この拷問シーンは映画の予告編で冒頭に出てくるシーンですが、
ネタバレになるので、その話の内容はこのブログでは書きませんが、
どちらにしても塚本氏自身が死を覚悟した撮影だったようです。

★「沈黙」のホームページ
http://chinmoku.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2017

日経新聞朝刊文化面に「沈黙 私はこう見る 」(識者に見方を、監督に意図を聞いた)という記事に共感しました。

2月4日土曜日の朝刊40面の「文化」面は、
「沈黙 私はこう見る
ー遠藤周作の小説、スコセッシ監督が映画化」
というタイトルで大きな記事でした。

下記の各氏がうんちくのある意見を述べています。
◆文芸評論家 若松英輔氏
 -母語より深く行間読む
◆エール大教授(映画学)アーロン・ジェロー氏
 -普遍性と特殊性の衝突
◆映画評論家 佐藤忠男氏
 -生身の日本人を描く
◆マーティン・スコセッシ監督 
 -問うべきは「人はなぜ生かされるのか」

それぞれの意見はどれも共感を抱くものばかり。
新しい視点と解釈も得ました。

マーティン・スコセッシ監督の記事にあるように、
「・・・原作の終章をどう解釈するかを長年考えた。
第三者の視点で書かれたこの部分を何度も読み、
実はロドリゴは完全に棄教していないということにヒントを得た・・・」

映画の最後の最後のシーンは、公開初日にこの映画を見た私は、
最も印象に残った場面の一つですが、今日の新聞記事を見て、
そのシーンは監督のいうこのことが生かされているなと確信しました。

映画が公開されてまだ2週間ですが、
日経新聞がこのようにある映画について、
各界の識者の意見を新聞の最終面の文化面に
大きく取り上げたような記事は、
あまり記憶にありません。

それだけ、映画「沈黙」は、
アーロン・ジェロー氏が
「今、米国や欧州にはびこる考え」を警鐘したように、
現代に生きる私たちに、
大きな問いを投げかける映画だと思います。


下記はWEBでも読めるURLですが、
どうも「有料会員」限定のような・・・・
http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20170204&ng=DGKKZO12492780T00C17A2BC8000

是非、多くの方に読んでほしいと思う記事でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2017

100円ショップで見つけた「カップとホルダー」おしゃれです。

先日のダイソーギガ船橋店で見つけてきた
「インサートカップホルダー」と「インサートカップ」

★ホルダーとカップ
Photo_2

ホルダーは4個入り、
カップは20個入り。

★ホルダーとカップをセットしたところ
Photo


まだ、実際に使ってはいないのですが、
明日、会社に持っていって、
会社でいつも使っている他社のホルダーとカップの
使用感、それに素材や品質を比べたいと思っています。


なお、この製品2つとも、狭い横浜西口のダイソーにもありました。

ということは、いつも行っているお店は、
定番商品ばかりに目が慣れてしまっていて、
案外、新しい商品の発見をし難いのでは・・・ということを認識しました。

時間があるときは、いつも通っているお店でも、
じっくり見ると、新しい商品を発見できるかも・・・・・。


いっそのこと、ダイソーさんに、
「新しい商品は、ポスターや値札に『新商品』と書いてください」
と言おうかしら。。。

きっとリピーターは倍増すると思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2017

カルロス・ゴーン氏の子育て「3つの自立」に共感。(日経新聞「私の履歴書」)

日経新聞、先月1月の「私の履歴書」はカルロス・ゴーン氏でした。

世界をまたぐ、類まれなる経営者として
いつも敬意をはらっていたので、
毎日、彼の自筆の記事を読むのが楽しみでした。

特に印象深かったのは、1月29日の記事です。
ゴーン氏の4人の子供たちの子育てについて書かれていました。


私も二人の子供がいますが、それぞれ
都内で一人暮らしをし、やりたい仕事にも幸いめぐり合い、
経済的にも独立して生活できているようです。

私が子供たちに一番望んでいることは、「自立」です。
したがって私は子供達とは距離を置いています。
今のところは、二人とも、
しっかり大人に成長している様子です。

ゴーン氏は記事の中で、
「父親として、子供には自立心をどう芽生えさせるかを常に考え、接してきた。」
と書いていました。

おこがましいのですが、まさしく私の子育てと同じ方針だと思いました。

ただし、やはりゴーン氏が秀でているのは、
自立について、大事な3つを具体的に述べていることでした。

その3つとは下記です。
・経済的な自立(financial autonomy)
・知的に自立すること(intellectual independence)
・精神的に自立すること(emotional independence)

生きている限り私は二人の子供の親です。
これからも親として子に託したいこととして、
上記の3つは大いに参考にしたいと思いました。


日経デジタルの記事は、有料会員はもちろん、
登録すれば無料で読めるようです。

カルロス・ゴーン(28)子供たち 自立し自分で判断促す 休暇は家族水入らずの時間
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12204390X20C17A1BC8000/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »