« 100均の「トリートメントキャップ」、自宅での髪染め時に使っています。 | Main | イタリアSCALIAのアンチョビ、今日はカナッペで食べました。 »

January 26, 2017

「支払調書」、これは支払いを受けた人の確定申告のための書類ではない!!今日初めて知りました。

経理・総務を担当して11か月の私は、
1月31日までに税務署に提出する、
「平成28年分給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」
に奔走しています。

何しろ
・前任者からの引継ぎ資料はなにもない
・経理総務業務は全く未経験で11か月従事
の私。

今月31日まで税務署や各市町村役所等に
届け出る提出書類が3種類あります。

そのうちの一つ、
「平成28年分給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」
ですが、これには「支払調書」を税務署に提出する必要があります。

その書類作成中、今日初めて知った!!のですが、
「支払調書」の存在意義。

※支払調書とは・・・
個人事業主などがその前年に報酬をもらった時に発行される書類で、
書面には天引きした納税額と支払われた金額とが記載され、
報酬を支払った企業が管轄税務署に提出する書類、
だったのですね。

私は全く誤解していました。
何を誤解していたかというと、「支払調書」というのは、
個人事業主などが確定申告する際に必要な書類、
とばかり思っていたことです。

しかし、それは全く間違いで、
「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」を提出しなければならない方は、外交員報酬、税理士報酬など所得税法第204条第1項各号並びに所得税法第174条第10号及び租税特別措置法第41条の20に規定されている報酬、料金、契約金及び賞金の支払をする方です。」
だったのですね。

税務署に支払した人が提出すべき書類ということでした。

★国税庁
No.7431 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出範囲と提出枚数等
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7431.htm


私はてっきり今日の今日まで、
支払調書とは、
支払いを受けた人が確定申告に添付する書類、
「支払いを受けた人に支払いをした人が発行する書類」
と思ってました。


しかし、上記の国税庁のHPによると、支払調書とは、
「支払いをした人は支払いを受けた人に漏れなく発行するためのもの」
ではなかったことになります。

私のように勘違いしている人って多いのではないでしょうか!!!
現に私の周りに現にそう思っていた人が2人もいました。

|

« 100均の「トリートメントキャップ」、自宅での髪染め時に使っています。 | Main | イタリアSCALIAのアンチョビ、今日はカナッペで食べました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/64813862

Listed below are links to weblogs that reference 「支払調書」、これは支払いを受けた人の確定申告のための書類ではない!!今日初めて知りました。:

« 100均の「トリートメントキャップ」、自宅での髪染め時に使っています。 | Main | イタリアSCALIAのアンチョビ、今日はカナッペで食べました。 »