« セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文氏の10回シリーズ「人生の贈りもの」の記事は、ビジネスの示唆に富む(朝日夕刊) | Main | そうそうたるメンバーだった、ヒラリーの「外交レビューは日本」 »

September 14, 2016

朝日夕刊「幻風景 写真家・丸田祥三」、今日も「これほんとに写真ですか?!!!」に遭遇

毎週水曜日の朝日新聞夕刊に「幻風景 写真家・丸田祥三」
というコラムがあります。

写真家丸田祥三氏の写真をカラーで紹介し、その写真について、
140文字くらいで建物などの被写体の背景を説明しているコラムです。

今日の「紡績の町 発展の証人」は、
「これほんとに写真??!!」という写真でした。

まるで「絵画」としか思えません。
どういうところが絵画としか思えなかったかというと、
建物の外壁です。

このコラムは1年以上続いていますが、
半年くらい前だったでしょうか、その日もやはり、
「これって、写真?絵じゃないの~?」という
丸田祥三氏の写真に遭遇しました。

当時もそれまで何度もこのコラムを見るたびに、
「写真じゃなくて絵でしょ?!」と思ってましたので、
とうとう私はその翌日、朝日新聞に電話をしてしまいました。

「●月●日夕刊の『幻風景』のカラー画像は、
絵ですか?写真ですか?」という私の問い合わせに、
「お客様相談室」(?正式名は失念)の方は、
はっきりと「これは丸田祥三氏の写真です!!」と答えられました。

ということで、それ以来毎週、「これは写真なんだ!!」と
思ってコラムを見ていますが、本当に、
「幻風景」です。


著作権の関係で、
今日の夕刊の、スキャン画像は掲載できませんが、
明日になると、下記のURLのようにネットでも閲覧できると思います。

★(幻風景)交差する未来と昔 写真家・丸田祥三:朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12526738.html

★★(幻風景)渡れない橋 写真家・丸田祥三
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12172917.html


「カメラのレンズを通すと、幻想的な絵になる」という、
丸田氏の直観力がスゴイと思います。

|

« セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文氏の10回シリーズ「人生の贈りもの」の記事は、ビジネスの示唆に富む(朝日夕刊) | Main | そうそうたるメンバーだった、ヒラリーの「外交レビューは日本」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/64204661

Listed below are links to weblogs that reference 朝日夕刊「幻風景 写真家・丸田祥三」、今日も「これほんとに写真ですか?!!!」に遭遇:

« セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文氏の10回シリーズ「人生の贈りもの」の記事は、ビジネスの示唆に富む(朝日夕刊) | Main | そうそうたるメンバーだった、ヒラリーの「外交レビューは日本」 »