« 横浜大桟橋の芝生に緑が蘇っている!!! | Main | え!?グルベローヴァが再来日? »

May 25, 2016

塩野七生の「オバマ大統領の迎え方」に共感。

5月25日朝日新聞朝刊15面は、塩野七生のインタビュー記事でした。

朝日の記者がローマ在住の塩野七生に、
「オバマ大統領の広島訪問」をどう受け止めているのかを
インタービューした記事です。

一言でいえば、
「日本が謝罪を求めないのは大変良い」という答え。

記者との一問一答は、ヨーロッパに住みながら、
ヨーロッパの歴史を題材にした多くの書籍を執筆している
塩野七生らしい考え方でした。


記事の中で、共感したところは随所にあるのですが、
その中でも特に印象深いのは下記の2か所です。

「リーダーの必要条件には、
部下の進言も良しと思えばいれるという能力がある。
誰かが進言したのだと思います。
次に帰国した時にあってみたいとさえ思う。」

「泣き叫ぶよりも無言で静かにふるまう方が、
 その人の品格を示すことになるのです。」


★朝日デジタル
オバマ氏に謝罪求めぬ日本、塩野七生さんは「大変良い」
http://www.asahi.com/articles/ASJ5R3T1VJ5RULZU00Q.html

このページは、全体の3分の2位が掲載されています。
是非全文を読まれることをお勧めします。


|

« 横浜大桟橋の芝生に緑が蘇っている!!! | Main | え!?グルベローヴァが再来日? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/63684131

Listed below are links to weblogs that reference 塩野七生の「オバマ大統領の迎え方」に共感。:

« 横浜大桟橋の芝生に緑が蘇っている!!! | Main | え!?グルベローヴァが再来日? »