« ドクター・中松氏の奇想天外ではあるけど、発想・考え方の妙を見習いたい。 | Main | 経理業務は「仕訳の知識ではなく会社の業務をいかに理解しているか」がポイント »

April 01, 2016

はじめての青色申告、結末編(税務署から入金されました!!!)

今日(今は3月31日26時00分)、
簿記もボも知らない私が会社の経理もこの2月から担当し始めて、
2末決算の数字をヤッとまとめて税理士事務所に
「勘定奉行」のデータを提出し、まずはホッとして帰宅途中、
東京メトロ丸の内線の本郷3丁目駅でスマホの電源を入れたら、
突然、画面に「税務署から入金がありました」とかのメッセージ!!

「エエッエッ!!!???」
「ほんとぉ~~????!!!」

そして、すぐにそのメッセージもとのZaimのアプリを表示したら、
下記の画面。

★Zaimの画面
Zaimu


2015年の去年は、
・事情により、正社員から個人事業主の業務委託になり、
・それにより給与所得者の社会保険がなくなり、
・収入も減り、
・国民健康保険、住民税などの負担が想定以上に大きく、
・相変わらず激務は続き、
・そして突然、脳梗塞で入院。
・退院後、出勤日数が激減し、さらに収入が減り、
・・・・・などなど、なんかマイナス続きの生活でした。

そういうときでも、青色申告にするという届け出を出していた以上、
BS/PLをまとめなければならないと、動き出した途端、
突然の会社の経理担当打診を受け(今年の1月末)、
そして、いろいろ事情が重なり、経理担当を受諾。

そういうときにやっと始めた、「初めての青色申告」。
全くチンプンカンプンで、一時はどうなるかと思いました。

その経緯は、このブログでも書きましたが、
「初めての青色申告は、中身はどうであろうと、とにかく
期日までに確定申告書を提出すること」を優先しました。

今年の確定申告は、初めての青色申告ということ以外に、
・入院(生命保険金受領)
・10万円以上になった医療費
・年金を初めてもらいだした(実際、入金はこの1月)
・前任の経理担当者が私の支払調書の源泉徴収額を間違っていた
などなどいろいろ複雑な事情がかさなり、
確定申告してからは、いつ税務署から呼び出しがあるかワカラナイ、
毎日郵便受けをチェックするスレスレのスリル満点の日々でした。


それがいきなり、今日のメッセージ。
申告通りの入金でした。
さすが、65万円の控除がある青色申告です!!!

そして、初めてにも関わらず、青色申告を簡単に作ってくれた
「やよいの青色申告」、バンザぁ~イ、
ビバ!「弥生会計」。

そして、うれしいメッセージをいち早く届けてくれた、
「Zaim」、アリガト!!!!

2016年3月末日、まだイチブ咲ですが、
大岡川の夜桜が楽しめた日でした。


|

« ドクター・中松氏の奇想天外ではあるけど、発想・考え方の妙を見習いたい。 | Main | 経理業務は「仕訳の知識ではなく会社の業務をいかに理解しているか」がポイント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/63422893

Listed below are links to weblogs that reference はじめての青色申告、結末編(税務署から入金されました!!!):

« ドクター・中松氏の奇想天外ではあるけど、発想・考え方の妙を見習いたい。 | Main | 経理業務は「仕訳の知識ではなく会社の業務をいかに理解しているか」がポイント »