« Windows7でリモートデスクトップ接続ができない。 | Main | Windows Home でもリモート接続ができる「Chromeリモートデスクトップ」 »

April 25, 2016

JR横須賀線上り電車内に傘を忘れました、でも、戻りました。

今日、24日日曜日は休日出勤をしました。
休日出勤するときは、JR横浜駅からは大体いつも横須賀線に乗ります。
理由は、座れる確率が高いから。

今日も横須賀線に乗って、東京駅で降り、
東京メトロ丸の内線に乗り換えました。
そこで気づいたのが、「あ、傘・・・・」

朝、雨模様だったので、傘を持ってでかけ、
横須賀線の車内では、手摺に引っ掛けていたのですが、
そのことを全く忘れていて、いつも帯同している
キタムラの紺色の手提げのみを持って降りてしまってました。

もう10年以上使っているお気に入りの傘でしたので、
自分がしでかしたことに、がっかりです。

思い出もある大事な傘なので、できれば戻したいと考え、
会社に着き、一番ベストな問い合わせ先を探すべく、
インターネットで「JR 忘れ物」で検索しました。
そして、下記のページが表示できました。

★お忘れ物についてのお問い合わせ
tps://www.jreast.co.jp/sp/info/wasuremono.html

今日、乗った横須賀線は「千葉行」だったと
たまたまはっきり覚えていたので、
「千葉駅お忘れ物承り所」に電話をしました。

おそらく傘は終点の駅までそのままだろうと予想して、
まず、そこに一番に問い合わせた次第です。

1回目は話し中でしたが、しばらくしてかけたらつながり、
電話に出た駅員さんに、
「横浜駅10時3分発千葉行の横須賀線一両目に乗り、
傘を忘れましたが、どこに問い合わせたらよいですか?」
と話しはじめた私に、穏やかに対応してくださいました。

電話をかけるまえに、ネットで調べて、
ちょうど電話を掛けるころが千葉駅に着く電車だったのですが、
それも幸いし、「それは**番線に到着する電車だな。。」といって、
その駅員さんは電話を保留にし、
到着ホームの駅員さんに連絡を取ってくれました。

結果は、30分後の電話で聞くことにしました。

30分後に電話したら、出たのは別の駅員さんでしたが、
傘は、その「千葉駅お忘れ物承り所」には届いてないらしく、
電話保留中に、到着ホームの駅員さんに連絡している様子で
少し待ったあと、「ありましたよ」という答え。
私は「ありがとうございます!!」と叫びました。

私は、もし見つかれば、
今度の土日で取りに行くつもりだったのですが、
なんと、駅で預かってくれるのは27日(水)までで、
そのあとは、警察に行ってしまうとのこと。

横浜と千葉はあまりにも遠い。
朝は早朝、帰りも深夜まで仕事の
出勤の前後となると。。。と考えていたら、
受け取るなら「今日」しかありません。

しかし、その「千葉駅お忘れ物承り所」は
今日は15時までとのこと。

「(私は)今日は休日出勤、途中で抜け出して。。」
という話をし始めたら、
今日だったら夜遅くでも、
千葉駅東口の改札口で受け取れる手配をしてくれました。

今日、日曜日の仕事は19時過ぎで切り上げ、千葉駅に向かいました。
東京駅からとはいえ「千葉」は遠かったです。

着いたのは20時20分頃だったでしょうか、
千葉駅改札口で「(私の)傘」を見たときは、
まるで迷子のわが子に出会ったときのような感覚でした。

千葉駅まで行くのは今日が初めてでした。
横須賀・総武快速線は東京駅から先の駅の名前すら知りませんでしたが、
成田空港行きとかでなく千葉どまりの電車でよかったと思っています。

東京→千葉→東京・横浜は、ちょっとした夜の小旅行でした。

それにしても、今日も、JR職員の皆さんの対応には感激しました。
ありがとうございました!!!


|

« Windows7でリモートデスクトップ接続ができない。 | Main | Windows Home でもリモート接続ができる「Chromeリモートデスクトップ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52234/63533166

Listed below are links to weblogs that reference JR横須賀線上り電車内に傘を忘れました、でも、戻りました。:

« Windows7でリモートデスクトップ接続ができない。 | Main | Windows Home でもリモート接続ができる「Chromeリモートデスクトップ」 »